PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』画面分割マルチプレイ情報を公開! 戦闘用ビークルもチェック!

by PS.Blogスタッフ 2019/03/20

シリーズおなじみの画面分割プレイも可能! みんなでワイワイ楽しもう!

4月11日(木)に発売予定のPlayStation®4用アクションTPS『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』。宇宙から飛来した侵略生物により、滅亡に瀕した世界が舞台という本作は......これまでのシリーズにないストーリー展開も大きな魅力だ。

マルチプレイでは、従来シリーズと同じく画面分割プレイにも対応しているので、オフラインでの協力プレイも可能! もちろん、オンラインプレイで遠方の友達と最大6人の協力プレイ、そして最大8人の対戦プレイも楽しむこともできる。


オフライン協力プレイなら、家族や友達と同じ空間でキャンペーンモードに同時出撃が可能!

EDFが誇る戦闘用ビークル! 無数の敵を蹴散らし進め!!

プレイヤーであるEDF機動歩兵の心強い援軍として、戦場に呼び出すことができる戦闘用ビークル。ビークルは、プレイヤーの武器装備数(2種類)とは別カテゴリーのアイテムとしてセットできるため、重宝すること間違いなし。また、装備しているPAギアの種別に限らず投下要請ができるので、積極的に使っていこう。ここでは、そんな頼もしい戦闘用ビークルの数々を紹介していこう。


有事に際し、急きょ制作されたビークルは実用重視で「無骨なもの」が多い。だが、いかにもメカ、というデザインがむしろイイ!



ビークル1:装甲戦闘車キャディ

対アグレッサー装甲戦闘車両「サーペント」の1号機。ビークルとしてだけでなく、あらゆる兵器の中でアグレッサー用に開発された人類初の兵器である。サーペントは新技術の投入を諦め、前世代からのノウハウの拡充のみに注力することで、量産にこぎつけたという開発経緯を持つ。


主砲は40㎜機関砲。派手さはないが、頼れる武装だ。



確固たる基礎設計による抜群の安定性を有し、初投入から12年経った今もなお、装甲にアルカン被膜を蒸着させるわずかな改修のみで一線での活躍を続けている。


車両の前部には誘導性能を持つワイバーンミサイルを装備。ただし、爆破範囲はやや狭い。



高い機動性がウリのビークルだが、敵のメカ「スコージャー」に接近しすぎると、なんとビークルごと掴まれて潰されてしまうなんてことも......! 運用の際は、くれぐれも慎重に。



ビークル2:駆逐戦車チャンプ

対アグレッサー駆逐殲滅戦車「ヨルムンガンド」の1号機。アグレッサーの新戦力に攻撃力不足が露呈し始めた「キャディ」を大胆に改修し、一時は不要とされた巨大な主砲を再搭載したビークルである。


主砲は150㎜榴弾砲。巨大な砲塔は精度も良く、その威力は抜群だ。



車両の左右には巨大生物に囲まれた際に威力を発揮する、ファフニールブレスを装備。近寄るものは、火炎で焼き払え!



悪路をものともしない、力強い踏破能力が戦車の魅力。多少の障害物なら吹き飛ばしながら進むことができる。



ちなみにビークルは、マーカーを設置した場所めがけて投下される。戦場だとゆっくり眺める機会はないかもしれないが、これがけっこうカッコいい!



ビークル3:攻撃航空機スカイフィッシュ

対アグレッサー強襲攻撃航空機「フェニックス」の1号機。アグレッサーに対抗すべく飛行の仕組みから再構築した新型の航空機で、主な任務は旧来の攻撃ヘリと同じく戦闘領域に留まり地上部隊を援護することである。



エナジーコアの技術を揚力に使用し、航空機でありながらヘリのように滞空することが可能。ヘリよりも高い装甲強度を誇る点が大きな魅力!



機首には精度の高いビームマシンガンを2門装備。また、機体下部からファフニールグレネードを投下でき、爆撃機としての役割も果たすことができる。装填数こそ少ないが、その攻撃力は絶大。



ビークル4:歩行兵器ビッグフット

対ア艤装歩行兵器「ウォーメック」の1号機。PAギアの登場以前にアグレッサーに反旗を翻す人類の旗手として開発および運用された二足歩行兵器。装甲車両よりも堅牢で、高い火力を有する反面、機動性には難があるビークルといえる。


PAギア以前の兵器コンセプトの産物のため、歩兵の援護なしには正直扱いにくいビークル。度重なるアップデートにより、現在は歩行戦車としての立場を確立している。



ビッグフットマローダー

対ア艤装歩行兵器「ウォーメック」の2号機で、2039年にロールアウトした新型機。PAギアの登場で一時は生産ラインが凍結されたウォーメックを、今度は機動戦から白兵戦にコンセプトを変えて再設計したマシンである。


両腕に貫通性能を持つビームパイルを装備し、強力な格闘性能を持つ兵器として生まれ変わった新型ウォーメック。両肩には、爆破範囲の大きな頼れる装備・ファフニールキャノンを装備!

とあるミッションでは、EDFの技術の粋を集めた「最新鋭ウォーメック」も登場!


紆余曲折を経て、ついに完成された究極の二足歩行兵器......それは、男のロマンと強力な武装を積み込んだウォーメックだという。はたして、そのマシンは窮地に陥ったブラスト小隊を救う一手となりえるのだろうか......!



これまでのウォーメックにない、ド派手な攻撃も繰り出せる最新鋭機!



うまく使えば強力無比な戦闘用ビークルは、難関の突破やクリア時間の短縮にお役立ち! まだ見ぬ戦闘用ビークルの登場も楽しみな『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』。4月の発売が今から待ち遠しい!


------------------------------------------

EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN

・発売元:ディースリー・パブリッシャー
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:アクションTPS
・発売日:2019年4月11日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 7,800円(税込)
    ダウンロード版 デラックスエディション 販売価格 8,800円(税込)
    ダウンロード版 アルティメットエディション 販売価格 10,800円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:1~6人(協力プレイ)、2~8人(対戦プレイ))
・CERO:D(17歳以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』記事はこちら

------------------------------------------


『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』公式サイトはこちら

「地球防衛軍」シリーズポータルサイトはこちら

©2019 YUKE'S ©2019 D3 PUBLISHER

記事を探す
トップに戻るボタン