PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『進撃の巨人2 -Final Battle-』新要素の詳細&5人の新登場キャラを紹介!! 3月30日には特別生放送を配信!

by PS.Blogスタッフ 2019/03/29


7月4日(木)に発売が予定されるPlayStation®4用ソフトウェア『進撃の巨人2 -Final Battle-』。巨人を討伐する立体機動アクションの爽快感やTVアニメの世界を追体験できるストーリーが魅力のタクティカルハンティングアクション「進撃の巨人」シリーズ最新作だ。

前作『進撃の巨人2』を持っていれば、ダウンロード版『進撃の巨人2 -Final Battle- アップグレードパック』を購入することで『進撃の巨人2 -Final Battle-』と同じ内容が楽しめるようになる。



本作には、2013年から2017年に放映されたテレビアニメのSeason 1~2に加え、2019年4月より放映予定のSeason 3 Part.2までの最新ストーリーが収録される。

また、空中を縦横無尽に飛び回る立体機動アクションの爽快感はそのままに、対人戦闘や決戦兵装による新たなアクションを追加。新モード「壁外奪還モード」も搭載される、見どころ満載の作品となっている。

今回は、新要素の詳細と、5人の新規プレイアブルキャラクターについて紹介しよう。

自分だけの兵団を作り、壁外領土の奪還を目指す「壁外奪還モード」

「壁外奪還モード」は、TVアニメにはない"新たな兵団"の団長となり、仲間を集めながら壁外領土の奪還を目指して戦う新モード。団長は、前作のオリジナル主人公も含めたすべてのプレイアブルキャラクターの中から選ぶことができ、兵団名と兵団紋章も自由に設定可能だ。

ゲームは、「兵団拠点フェーズ」と「壁外遠征フェーズ」を行き来する形で進行する。

「兵団拠点フェーズ」では、兵団拠点の中を自由に歩き回り、集めた資材を使って兵団の機能を強化したり、仲間との会話を楽しんだりすることができる。プレイヤーが勧誘した兵団メンバーが拠点に集まっているため、ジークとリヴァイ、エルヴィンとケニーなど、TVアニメではありえない組み合わせの会話が見られるのも特徴だ。



「壁外遠征フェーズ」では、壁外マップを移動しながら各地で戦闘を行なっていく。戦闘に勝利すれば領土を奪還できるほか、拠点資材を集めたり仲間を勧誘したりすることができる。


新たなアクションの追加で、戦闘の楽しさがさらにアップ!

本作では、「対人立体機動装置」や「雷槍(らいそう)」が新たな装備として登場。斬撃装備を使った対人戦闘、射撃装備を使った対巨人戦闘といった、これまでにない戦闘アクションを楽しめるようになる。



機敏な回避が求められる対人戦闘アクション

これまでのシリーズ作品では巨人のみが敵だったが、本作では立体機動装置を装備した敵兵士が相手の特殊な戦闘も繰り広げられる。

「通常の攻撃」では敵兵士をロックオンし、接近することで追尾攻撃が可能。また、「強攻撃」では煙幕の発生など一定の条件下で、敵に大ダメージを与える特殊な攻撃を行なえる。


攻撃体勢に入った敵兵士からは、射線が表示される。射線が赤くなるとすぐに撃たれてしまうため、障害物の影に隠れたり、ブースト移動で回避したりする必要がある。




射撃装備を使った巨人との戦闘も!

従来の立体機動装置とブレードの斬撃装備とは異なり、「対人立体機動装置」と銃の射撃装備で巨人と戦う新しい戦闘も発生。斬撃装備が"一撃必殺"なのに対し、射撃装備では"手数で圧倒"するプレイを楽しめる。

「片手射撃」は、狙った部位を攻撃しやすく巨人の攻撃も回避しやすいものの、敵へのダメージが小さくガスを消費しやすい短所がある。「両手射撃」は、巨人に大きなダメージを与えられる代わりに、狙った部位を攻撃しにくく、巨人から攻撃されると回避しにくいことが欠点。状況に合わせて、攻撃方法を使い分ける判断力が求められそうだ。



決戦兵装モードで「雷槍」や「ガトリング」が炸裂!

立体機動アクションのバリエーションが増え、強力な必殺技として使える「決戦兵装モード」が本作では追加される。



斬撃装備時は、絶大な威力と範囲を誇る攻撃で巨人を一掃する「雷槍」を使用可能。射撃装備時は、飛びぬけた連射速度で巨人を圧倒する「ガトリング」を使える。


5人の新規プレイアブルキャラクターが登場!

登場するプレイアブルキャラクターは総勢40人以上。テレビアニメSeason 3で活躍するメンバーとして、ニファ、ケニー、カーフェン、ジーク、フロックという5人が新たに追加される。


ニファ

CV:千本木 彩花

調査兵団の兵士。ハンジ率いる分隊に所属しており、同じくハンジの部下であるモブリットたちと共に活動する。クーデターの際には伝令役としてさまざまな情報を運び、調査兵団の作戦行動を支援した。



ケニー

CV:山路 和弘

中央第一憲兵団に所属し、対人立体機動部隊の隊長を務める。かつては"切り裂きケニー"と呼ばれ、大量殺人鬼として王都の人々に恐れられていた。リヴァイとは一緒に暮らしていた時期があり、縁が深いようだ。



カーフェン

CV:寺依 沙織

中央第一憲兵団の兵士であり、対人立体機動部隊に所属する。冷静な性格で、感情をあまり表に出さない。上官であるケニーに対して遠慮のない物言いをするが、彼の語る野望に心酔しており、その実現のために仲間と尽力している。



ジーク

CV:子安 武人

獣の巨人のうなじから姿を現した素性不明の男性。飄々としており、つかみどころのない性格。始祖の巨人奪還を目指し、同胞であるライナーたちと共に壁内人類へ戦いを挑む。



フロック

CV:小野 賢章

第104期訓練兵団卒業生。卒業試験の成績は10番以内に入っていない。卒業後は駐屯兵団に入団したが、クーデターの成功を受けて領土奪還に向けた機運が高まった際、それに乗じる形で調査兵団に転属した。そのため、同期のエレンたちに比べると実戦経験が乏しい。

スペシャル生放送が3月30日(土)20時より配信! 世界初となるゲーム実機プレイを披露!

本作の発売決定を記念したスペシャル生放送が3月30日(土)20時より配信される。ゲストにエレン役の梶裕貴さんとサシャ役の小林ゆうさん、さらに人気実況主の幕末志士さんが音声出演。ゲームの魅力や最新情報に加え、世界初公開となるゲーム実機プレイが披露される予定だ。

一夜限りのスペシャルな生放送に注目しよう!



『進撃の巨人2 -Final Battle-』発売決定記念生放送

<配信日時>
2019年3月30日(土)20:00~


<ゲスト>
梶 裕貴(エレン・イェーガー役)
小林ゆう(サシャ・ブラウス役)
幕末志士(実況主) ※音声出演


<解説>
鈴木英生(『進撃の巨人2 -Final Battle-』プロデューサー)
平田幸太郎(『進撃の巨人2 -Final Battle-』ディレクター)


<視聴ページ>
ニコニコ生放送

YouTube Live

Periscope

OPENREC.tv

現在予約受付中! パッケージ版初回特典として「ヒストリア女王衣装」のダウンロードシリアルが付属!

本作のパッケージ版初回特典として、「ヒストリア女王衣装」のダウンロードシリアルが付属! 王位に就いたヒストリア・レイスの高貴な姿だ。

各種取扱店にて予約受付が開始されているので、確実に手に入れたいなら早めに予約しよう。


<パッケージ版初回特典>
■ヒストリア女王衣装
※ダウンロード版には付属しません。



PS Storeでダウンロード版の予約受付中!

ダウンロード版もPlayStation™Storeにて予約を受け付けている。予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日7月4日(木)の午前0時よりダウンロードを待つことなくプレイできる。忘れずに、予約しておこう。



▼PS4『進撃の巨人2 -Final Battle-』のPS Storeでの予約購入はこちらから


----------------------------------------

進撃の巨人2 -Final Battle-

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:タクティカルハンティングアクション
・発売日:2019年7月4日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,424円(税込)
    ダウンロード版 アップグレードパック 販売価格 5,184円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:2~8人)
・CERO:D(17才以上対象)

※『アップグレードパック』はダウンロード版のみの販売です。前作『進撃の巨人2』をお持ちの方を対象にしたパックとなり、『進撃の巨人2 -Final Battle-』と同じ内容がお楽しみいただけます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

----------------------------------------

PS.Blogの『進撃の巨人2 -Final Battle-』記事はこちら

----------------------------------------


『進撃の巨人2 -Final Battle-』公式サイトはこちら

『進撃の巨人2』公式Twitterはこちら

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
©2018-2019 コーエーテクモゲームス

記事を探す
トップに戻るボタン