PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

実際にプレイして感じた"死の恐怖"をレポート! PS4™『ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』【特集第3回】

by PS.Blogスタッフ 2015/06/11

閉鎖空間に潜むたった一匹のエイリアンがもたらす、極限の"恐怖"──。映画『エイリアン』のコンセプトを色濃く受け継ぐSFサバイバルホラー『ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』が、本日6月11日(木)に発売された。すでに先行発売されている海外では高い評価を獲得し、世界中のゲーマーを魅了したこの注目タイトルを、日本で遊べる日がついにやってきた!



◆ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション- プロモーションムービー

今回の特集では、実際にゲームをプレイしてわかった本作の魅力を、動画やインプレッションを交えてお伝えする。すでに本作に興味がある人はもちろん、まだよく知らないという人も、本作がどういうゲームなのかの確認に役立ててほしい。なお、海外版では×ボタンが決定、○ボタンがキャンセルだったが、日本語版では○ボタンが決定で×ボタンがキャンセルと、日本でおなじみの操作方法に変更されている。


----------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

特集第1回 失われた母エレンの手掛かりと真実を求めて──

特集第2回 究極のSFサバイバルホラーがもたらす"恐怖"とは?

----------------------------------------




■映画『エイリアン』から15年後を描くオリジナルストーリー

プレイインプレッションの前に、まずは本作のメインとなる「キャンペーンモード」の物語と舞台について、あらためて紹介しておこう。原作映画1作目のその後を描いた「キャンペーンモード」の主人公は、映画の主人公であるエレン・リプリーの娘、アマンダ・リプリー。彼女は母親が巻き込まれた事件の真相を求めて、辺境の宇宙ステーションへ旅立つ。



【物語の舞台となる「セヴァストポリ宇宙ステーション」】

映画『エイリアン』で異星文明のものと思われる信号を受信した宇宙船ノストロモ号は、その調査へ向かい消息を絶った。エレン・リプリーを含む搭乗員の生死は不明。このとき、アマンダは11歳だった。

ノストロモ号事件から15年後。ウェイランド・ユタニ社でエンジニアとして働きながら母親の消息を追っていたアマンダは、15年の時を経て発見されたノストロモ号のフライトレコーダーの存在を知る。

「セヴァストポリ宇宙ステーション」──それが、ノストロモ号のフライトレコーダーが収容され、「キャンペーンモード」の舞台となる場所の名だ。


エイリアンの侵入により、「セヴァストポリ宇宙ステーション」の秩序は崩壊していた。限られた食料と水を求めて、生き残った人々同士の争いが勃発。また、人間のサポート役として重宝されていたアンドロイドの暴走。「セヴァストポリ宇宙ステーション」は、まさにこの世の地獄と化していた......。


施設内は電気の供給が絶たれて開かなくなった扉や、閉鎖されたハッチなどによって分断されている。これらを通過する際は、アマンダのエンジニアとしての知識を活用したハッキングをはじめ、トーチによる扉の切断、鍵やパスコードの入手、そしてダクトを利用した抜け道などの模索が必要となる。



<ステーション内だけでなく宇宙での活動も!>

アマンダの行動範囲は宇宙ステーション外へと及ぶこともある。閉鎖空間では把握しづらかった「セヴァストポリ宇宙ステーション」の威容を前に、プレイヤーは舞台の広大さをあらためて実感することになるだろう。



【すべての始まりの地「惑星LV-426」も登場!】

映画『エイリアン』でノストロモ号が受信した信号は、「惑星LV-426」から発信されていた。この惑星には異星人のものと思われる遺棄船が存在し、内部には胸部を食い破られた異星人(エンジニア)の亡骸がある。


映画『エイリアン』シリーズの始まりとなったこの惑星が、回想シーンの一部として本作にも登場する。もちろん遺棄船も忠実に再現され、その内部もプレイヤー自身の手足で探索可能だ。映画ファンにはたまらないシチュエーションであると同時に、不吉な考えが脳裏をよぎるのでは?




■極限の緊張感を演出する敵の脅威

「キャンペーンモード」の目的は、母親に関する事件の究明と、「セヴァストポリ宇宙ステーション」からの脱出だ。しかし、エイリアンをはじめとするさまざまな敵の脅威が、アマンダの行く手を阻む。


......そんなのは銃でガンガン倒して進めばいいんじゃないの? と思ったら大間違い。結論を先に言ってしまうと、エイリアンは"倒せない"のである。本作に登場するエイリアンはたった一匹なのだが、とにかく強いうえに動きも素早い。見つかったら最後、逃げることもかなわずに殺されてしまう場合がほとんどだ。

アンドロイドや暴徒と化した人間なら倒せるが、そもそもゲームの目的は敵を倒すことではない。弾薬にも限りがあるため、見つかって戦闘を余儀なくされた場合はいざ知らず、倒さなくてもいい敵を無理に倒す必要はないのだ。むしろ、戦闘の際の銃声をエイリアンが聞きつけ、アマンダを含めたその場の人間に襲い掛かることも......。まさにそんな状況を、以下の動画で確認してほしい。


◆『エイリアン アイソレーション』ムービー「STAY SILENT」


『ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』をプレイするほとんどの人は、敵に見つからないよう、周囲に気を配りながら行動するだろう。宇宙ステーションという閉鎖空間に潜む脅威に怯えながら、一歩一歩慎重に進んでいく緊張感──。これがSFサバイバルホラーゲームである本作が持つ、大きな魅力だ。




■宇宙ステーションに蔓延する"死"の恐怖

実際に宇宙ステーション内を歩いてみると、これがまた本当に怖い......。基本的に宇宙ステーション内は入り組んでおり、見通しの悪い場所が多いため、通路を曲がるときですら緊張する。しかも、エイリアンは天井や床下などにあるダクトを移動していることもあるため、姿が見えないからといって油断はできないのだ。


事前に敵を察知したいプレイヤーにとって、足音や天井から滴る唾液などは重要なファクター。とはいえ、実際に足音が聞こえると、それだけで心臓の鼓動が早くなる。動体探知機は周囲を動く物体の位置を示す便利なアイテムだが、反応があれば敵が近くにいるということだから、それはそれで恐ろしい。

敵を先に見つけたい、でもできれば見つけたくはない......。そんなジレンマを感じつつ、目的地へ無事にたどり着いたときの解放感は格別だ。むしろ、それがいつのまにか病み付きになってしまう感覚は、まさにホラー映画のそれである。




【隠れて敵をやり過ごせ!】

敵の存在を確認したら遭遇しないように机の下やロッカーに隠れるか、ダクトなどの見つかりにくい場所を移動する方法がある。ただし、それらの場所も絶対に安全とは言えず、アマンダが発した物音やライトの光を敵に察知される危険もある。むしろ隠れていると自由に動けないため、気づかれたらおしまい、という恐怖が大きい。ロッカーに隠れたはいいものの出るタイミングを掴めず、敵がいなくなったのにずっと隠れていた......なんてことも。


ここで紹介するふたつの動画では、プレイヤーがダクトやロッカーに隠れたシチュエーションを確認できる。敵が近くにいる恐怖と、それを知りながらも身動きが取れない恐怖を実感できるはずだ。


◆『エイリアン アイソレーション』ムービー「NOWHERE IS SAFE」

◆『エイリアン アイソレーション』ムービー「ALWAYS WATCHING」




【PlayStation®Cameraに対応!】

PlayStation®Cameraを接続し、ゲームの設定で「ヘッドトラッキング」をオンにしてプレイすると、プレイヤーの頭の動作をゲーム中のキャラクターが周囲をのぞきこむ動作に反映できる。また、「ノイズ検知」をオンにしてプレイすると、ゲームにプレイヤーの周囲の雑音が反映! 雑音が大きいと敵に気づかれる可能性が高くなり、緊張感の増したプレイを楽しめる。敵から隠れている最中にプレイヤー自身がクシャミをしてしまい、敵に見つかってしまう......なんてことも!?





■時にはアグレッシブに行動を!

敵との交戦は避けるに越したことはないが、おびえてばかりではなかなか先へ進めないのもまた事実。時には大胆な行動が道を切り開くこともある。ここで紹介するプレイ動画は、ゲーム中に発生したとあるミッションの流れを撮影したものだ。うかつな行動により敵と遭遇しても、最後まであきらめずに対処できれば、生き延びる可能性は十分にある。


◆アンドロイドとエイリアンとの遭遇を動画でチェック!

※PS4™の実機上では解像度1080pだが、この動画上では解像度720p


この動画でエイリアンを撃退できたのは、エイリアンに唯一有効な火炎放射器を持っていたことが大きい。燃料には限りがあるため、毎回うまくはいかないだろう。しかし、火炎放射器がなくとも発煙筒で敵をおびき寄せ、その隙に危険な場所を通り抜ける、といったアグレッシブな行動も可能! 敵から隠れて進むだけではなく、武器やアイテムを利用した自分なりの攻略法を模索できるのも、本作の楽しみのひとつだ。



【宇宙ステーション内の設備も利用可能】

「セヴァストポリ宇宙ステーション」の各所には、配電システムが設置されている。配電システムを操作すると、周囲の部屋にある空調や照明を切ったり、電気の供給がストップしている扉へ電力を供給したりできる。うまく活用すれば敵を閉じ込めたり、敵から見つかりにくい状況をつくり出したりすることが可能。電力の供給先を吟味してプランを練り、それがうまくいったときの達成感はなかなかのものだ。




■海外で配信されたダウンロードコンテンツも全て収録!

本作には、海外でダウンロードコンテンツとして追加された要素が全て収録されている。そのひとつとなる「サバイバルモード」は、シナリオと使用キャラクターを選択して制限時間内に目標の達成とハイスコアを目指す、やり込み要素の強いモードだ。さらに、海外版では予約特典として付属した、映画『エイリアン』のシチュエーションを楽しめる2種類の「オリジンミッション」も収録! もちろんこれらの追加要素も、全て日本語訳で楽しめる。


<収録される追加要素>
・オリジンミッション①「搭乗員は放棄してよし」

オリジンミッション②「最後の生存者」
サバイバルモード
・追加難易度(Very Easy / Nightmare)



映画ファンはもちろん、サバイバルホラーゲームのファンも存分に楽しめる魅力に満ちた『ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』。最終回となる次回は、日本語版に収録された「サバイバルモード」と「オリジンミッション」を特集! プレイインプレッションを交えて、詳細な情報をお届けする。



▼PS4™用ソフトウェア『ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』の購入はこちらから!

『ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』が発売されたことを、友達に教えよう!

----------------------------------------

PS.Blogの『ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』ページはこちら

----------------------------------------


『ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』公式サイトはこちら


Alien: Isolation, Alien, Aliens, Alien 3 TM & © 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. Twentieth Century Fox, Alien, Aliens, Alien 3 and their associated logos are registered trademarks or trademarks of Twentieth Century Fox Film Corporation. Alien: Isolation game software, excluding Twentieth Century Fox elements © SEGA. Developed by The Creative Assembly Limited.

記事を探す
トップに戻るボタン