PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『進撃の巨人2 -Final Battle-』の「壁外奪還モード」は登場人物たちの見たことがない活躍を楽しめる!

by PS.Blogスタッフ 2019/04/12


7月4日(木)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『進撃の巨人2 -Final Battle-』は、巨人を討伐する立体機動アクションの爽快感やTVアニメの世界を追体験できるストーリーが魅力の、タクティカルハンティングアクション「進撃の巨人」シリーズ最新作。

前作『進撃の巨人2』を持っていれば、ダウンロード版『進撃の巨人2 -Final Battle- アップグレードパック』を購入することで『進撃の巨人2 -Final Battle-』と同じ内容が楽しめるようになる。

2013年から2017年に放映されたテレビアニメのSeason 1~2に加え、2019年4月より放映予定のSeason 3 Part.2までの最新ストーリーを収録。また、空中を縦横無尽に飛び回る立体機動アクションの爽快感はそのままに、対人戦闘や決戦兵装による新たなアクションが追加されている。

現在、さらなるパワーアップを果たしたアクションが動画で公開されているので、ぜひチェックしておこう。

【アクション紹介①】対人立体機動アクション① ゲーム『進撃の巨人2 -Final Battle-』はこちら

【アクション紹介②】対人立体機動アクション②ゲーム『進撃の巨人2 -Final Battle-』はこちら

ジークが立体機動で巨人を討伐!? 「壁外奪還モード」にはTVアニメにないアクションシーンが盛りだくさん!

新要素として搭載される「壁外奪還モード」は、TVアニメにはない"新たな兵団"の団長となり、仲間を集めながら壁外領土の奪還を目指して戦う新モード。団長は、前作のオリジナル主人公も含めたすべてのプレイアブルキャラクターの中から自由に選択可能だ。

勧誘できる仲間も調査兵団のキャラクターだけに限らず、さまざまなキャラクターが共に壁外奪還兵団に所属して戦う。TVアニメでは巨人との戦闘が描かれなかったキャラクターが立体機動装置を身に付けて戦うなど、新鮮なシーンを楽しめることも見どころとなっている。

例えば、壁内人類に戦いを挑んできたジークを仲間にして、立体機動装置を装備させることもできる。獣の巨人の力ではなく、壁内人類の技術力を使って巨人を駆逐するのは、ゲームオリジナルの展開ならでは。



中央第一憲兵団の対人立体機動部隊に所属していたケニーとカーフェンは、銃撃装備での戦闘を得意としていたキャラクター。「壁外奪還モード」で彼らが仲間になれば、銃をブレードに持ち替え、巨人のうなじを削ぐシーンを見られるようになる。



さらに、TVアニメでは戦闘で活躍するシーンが少ないニファやフロックも、斬撃と銃撃を自在に駆使して巨人と戦う姿を見ることができる。




仲間を増やして強化! 自分だけの兵団作りを楽しめる!

自分だけの兵団を作り、運営・強化していく「壁外奪還モード」では、兵団名とエンブレム(兵団紋章)を自由に設定可能。選べるエンブレムの種類は壁外の奪還を進めることで増えていくため、お気に入りのエンブレムを見つけて兵団を彩ろう。



また、「壁外奪還モード」のプレイを進めると、兵団に所属する仲間を増やしていくことができる。さらにプレイを進めれば、仲間との親密度をアップさせ、兵団をパワーアップさせられる。



「壁外奪還モード」では、ニファが補佐役としてゲームの進め方を案内してくれる。団長であるプレイヤーにとって、頼りになる存在だ。

エレンとサシャの新規ビジュアル公開!

TVアニメの主人公エレンと主要メンバーの1人であるサシャの新規キャラクタービジュアルが公開された。エレンの顔には巨人化の影響が浮かび上がっており、サシャは決戦兵装「雷槍(らいそう)」を装備したビジュアルとなっている。



エレン・イェーガー

CV:梶 裕貴


シガンシナ区出身。子供の頃から壁外の世界に憧れていた。845年の巨人侵攻で母親を亡くしたのを契機に巨人の駆逐を強く志すようになり、第104期訓練兵団に入団。3年間の厳しい訓練を経て、成績5番で卒業した。壁外への憧れと巨人への憎悪から、訓練兵団入団当初より調査兵団を志望。強い意志と優れた行動力を備えるが、一方で熱くなると周りが見えなくなる危うさを常に秘めている。


サシャ・ブラウス

CV:小林 ゆう


第104期訓練兵団卒業生。卒業試験の成績はコニーに次ぐ9番。ウォール・ローゼ南区ダウパー村出身。村では森の中で狩猟生活を送っていた。その生い立ちにより、野性的な勘を備えているが、組織行動は不得手。同期に対しても、なぜか丁寧口調を崩そうとしない。食に対して異常な執着を持っており、食のためならば規律違反も辞さない。

ひとあし先にプレイできるチャンス! 4月28日(日)より店頭体験会が開催!

『進撃の巨人2 -Final Battle-』を発売前にいち早く遊べる店頭体験会が開催決定! 対象店舗にて試遊すると、特製ポストカード(*)がプレゼントされる。ぜひ、この機会に試遊しよう。
*数には限りがございますのであらかじめご了承ください。


<店頭体験会 開催スケジュール>

PAO青梅店
開催日時:4月28日(日) 13:00 ~ 17:00

ヨドバシカメラ マルチメディア横浜
開催日時:4月29日(月) 13:00 ~ 18:00

ビックカメラ新宿西口店
開催日時:5月4日(土) 13:00 ~ 17:00

上新電機ディスクピア日本橋店
開催日時:5月4日(土) 13:00 ~ 17:00

ヨドバシカメラ マルチメディア梅田
開催日時:5月5日(日) 13:00 ~ 17:00

アニメイト渋谷イベントスペース
開催日時:5月6日(月) 13:00 ~ 17:00


特製ポストカード

パッケージ版初回特典として「ヒストリア女王衣装」のダウンロードシリアルが付属! ダウンロード版予約購入特典は「ジーク早期解放」!

パッケージ版の初回特典として、「ヒストリア女王衣装」のダウンロードシリアルが付属! 王位に就いたヒストリア・レイスの高貴な姿となり、激しい戦闘アクションを楽しむことができる。


<パッケージ版初回特典>
■ヒストリア女王衣装

※ダウンロード版には付属しません。




また、ダウンロード版には、予約購入特典として「ジーク早期解放」が付属。新規プレイアブルキャラクターのジークを、ゲーム序盤から使えるようになる。


<ダウンロード版予約購入特典>
■ジーク早期解放



▼PS4『進撃の巨人2 -Final Battle-』のPS Storeでの予約購入はこちらから


----------------------------------------

進撃の巨人2 -Final Battle-

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:タクティカルハンティングアクション
・発売日:2019年7月4日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,424円(税込)
    ダウンロード版 アップグレードパック 販売価格 5,184円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:2~8人)
・CERO:D(17才以上対象)

※『アップグレードパック』はダウンロード版のみの販売です。前作『進撃の巨人2』をお持ちの方を対象にしたパックとなり、『進撃の巨人2 -Final Battle-』と同じ内容がお楽しみいただけます。詳しくは公式サイトをご確認ください。

----------------------------------------

PS.Blogの『進撃の巨人2 -Final Battle-』記事はこちら

----------------------------------------


『進撃の巨人2 -Final Battle-』公式サイトはこちら

『進撃の巨人2』公式Twitterはこちら



©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
©2018-2019 コーエーテクモゲームス

記事を探す
トップに戻るボタン