PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『CoD:BO4』の公式世界大会「CWLロンドン」で日本代表Libalent Vertexが過去最高成績! 日本勢対決も実現!

by PS.Blogスタッフ 2019/05/14

Libalent Vertexが過去最高成績となる25位タイでフィニッシュ!

PlayStation®4版『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』(以下『CoD:BO4』)の公式世界大会「Call of Duty World League(CWL)」。選抜された16のプロチームがレギュラーシーズンを戦う「CWL Pro League」に加え、アマチュアを含む世界中のプレイヤーに門戸を開いた「CWL Global Open」が行なわれています。

この「CWL Global Open」のひとつである「CWLロンドン」が、日本時間の5月3日(金)から5日(日)にかけて英国・ロンドンにて開催されました。

日本からは、第2回「CWL日本代表決定戦」で勝利を収め、第1回大会から連覇となったLibalent Vertex(リバレント ヴァーテックス)と、CWLのオンライン予選「Japan National Qualifier」を制したRush Gaming(ラッシュ ゲーミング)の2チームが出場しました。



日本チームが出場したのは、「CWL Pro League」に参加している16チーム以外の実力者たちが集う「MTN DEW® AMP® GAME FUEL®オープンブラケット」。本大会には、世界中から約100チームが参加しています。

各チームが獲得しているCWLプロポイントに基づいて決定されるトーナメント表上のランキングは、Libalent Vertexが27位、Rush Gamingが28位。両チームともにWinners Bracket(以下WB)のROUND1はシード扱いとなり、WB ROUND2からのスタートです。

「MTN DEW® AMP® GAME FUEL®オープンブラケット」トーナメント表はこちら


Libalent Vertexの初戦は、ランキング38位のMARTIAL PUNISHMENT ESPORTSに苦渋を舐めさせられる展開に。「HARDPOINT」を250-241のスコアで勝利したものの、「SEARCH & DESTROY」で5-2の大幅リードから大逆転を許すと、「CONTROL」では完全に相手チームの勢いに飲まれ1-3と続けて敗北。WB ROUND2でLosers Bracket(以下LB)にまわることとなりました


一方Rush Gamingは、ランキング37位のLYZO ESPORTSにマップカウント2対0でストレート勝ち。「HARDPOINT」は250-160、「SEARCH & DESTROY」は6-3と危なげなく制し、WB ROUND3に駒を進めました。

Rush Gamingは、続くWB ROUND3でランキング5位の強豪ALLIANCEに敗れはしたものの、トップチームを相手に善戦。LB ROUND3で、次の対戦チームの決定を待つ形となります。



Libalent VertexはLB ROUND2でランキング70位のチームCLAW CENTRALとの接戦を制し、初戦の不調を払拭。そして決定したLB ROUND3の対戦カードは、まさかのLibalent Vertex対Rush Gaming! CWL初となる日本チーム同士の対決です。

ゲーム1のマップ「ARSENAL」における「HARDPOINT」は、序盤の有利を保ったLibalent Vertexが250-185で勝利します。ゲーム2のマップ「PAYLOAD」での「SEARCH & DESTROY」は、先ほどと打って変わってRush Gamingが2-0とリード。その後、一進一退の攻防が続く中で命運を分けたのは、5-5で迎えた最終ラウンドでのGenGar AX選手のビッグプレイでした。3人で畳み掛けてきたRush Gamingを1人でさばく圧巻のトリプルキル。Libalent Vertexがマップカウント2対0で勝利を収め、Rush Gamingはここで「CWLロンドン」敗退となりました。

現地よりお届けした配信映像はこちらでご覧いただけます。



LB ROUND4に進んだLibalent Vertexは、ランキング21位のLEGION GAMINGと対戦し、ゲーム1の「HARDPOINT」を接戦の末に落としてしまいます。しかし、続く「ARSENAL」での「SEARCH & DESTROY」は、APAC(アジアパシフィック地域)最強チームMindfreakとのエキシビションマッチでも勝利を収めた、Libalent Vertexの十八番とも言える組み合わせです。結果、6-2と相手を寄せ付けず完勝! そして迎えた最終ゲームの「CONTROL」。Libalent Vertexが先手を取り、そのまま勢いに乗るかと思われましたが、拠点に押し込まれる厳しい展開に。3ラウンド連取を許し、1-3で敗北しました。

Libalent VertexはLB ROUND4で惜しくも敗れましたが、25位タイという結果はCWLにおける日本チームの過去最高成績です。



なお、大会3日目に実施されたGrand Finalを制したのは、LBから勝ち上がってきたMindfreak。今シーズンの「CWL Pro League」入りは逃しているものの、"APAC最強チーム"の存在感を再び世界に示し、会場を沸かせました。

また、「CWL Pro League」で戦う16チームによる「Pro Tournament」では、有名「CoD」プレイヤーのNadeshot(元OpTic Gamingのリーダー)が設立した100 Thievesが優勝。LB FinalでOpTic Gamingを破ったeUnitedを相手に、アウェイの空気の中、激戦を制しました。


「CWLアナハイム」への出場権を賭けた第3回「CWL日本代表決定戦」は5月18日(土)開催!

次回の「CWL Global Open」は、6月に米国・アナハイムで開催される「CWLアナハイム」。これに挑戦する日本代表チームを決定する第3回「CWL日本代表決定戦」は5月18日(土)に行なわれます。

「CWLロンドン」を経験した日本代表チームの成長、強豪選手の加入や再編によりパワーアップしたトップチーム──。そして今回の見どころは、何と言ってもオンライン予選を勝ち上がった3つのアマチュアチーム。さらなる盛り上がりを見せる第3回「CWL日本代表決定戦」をお見逃しなく!!



5月18日(土)に第3回「CWL日本代表決定戦」をライブ配信!

公式チャンネルでの視聴はこちら(YouTube)

公式チャンネルでの視聴はこちら(Twitch)



「CWL日本代表決定戦」特設サイトはこちら

「CWL日本代表決定戦」公式Twitterはこちら
公式ハッシュタグ:#CWL日本代表


------------------------------------------

コール オブ デューティ ブラックオプス 4

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ファーストパーソンシューティング
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,532円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 12,900円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス改 販売価格 16,900円(税込)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』記事はこちら

------------------------------------------


『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』公式サイトはこちら

『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』プレイヤーズインフォメーションはこちら



© 2018 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, CALL OF DUTY BLACK OPS, and the shield logo are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

記事を探す
トップに戻るボタン