PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

PS VRと「みんGOL」は相性バツグン! シリーズ最新作『みんなのGOLF VR』の魅力に迫る!!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2019/05/30


6月7日(金)発売予定の『みんなのGOLF VR 』は、PlayStation®VR専用ソフトウェア。VRヘッドセットをつけてプレイするため、これまでには味わえなかった新しい「みんGOL」の世界を楽しめるのが最大の特徴です。ゲームを起動すれば誰もが自宅にいつつ、本当のゴルフ場やゴルフ練習場に来たような猛烈な臨場感が楽しめます。もちろん、これまでのシリーズ作品と同様に操作はシンプルなので、誰もが手軽に気持ちよく、そして爽快にボールを打てることも魅力のひとつ!

ちなみに本作はワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)でのプレイはもちろん、PlayStation®Move モーションコントローラーにも対応。よりリアルなゴルフ体験をしたいならPS Moveでのプレイが絶対にオススメです。PS Moveをゴルフクラブのように握ってスイングすれば、より臨場感がアップすること間違いなしです。


前後左右360度、見渡す限りに広がる美しい大自然。その広大なゴルフ場のティーグラウンドに立ったときは、臨場感とともに解放感も得られます。



設定では、プレイヤーの「性別」「利き手」「身長」「姿勢(座り・たち)」「コントローラー」を選択可能。ラウンドの前には、「コース」「ティ」「ホール」「カップの種類」「クラブ」「キャディ」「ミラーの有無」なども選ぶことができます。ちなみに身長は、正確な数値を設定しましょう。そうすれば、目の高さやクラブを構えたときの地面との距離が実際と同じになり、臨場感がグンとアップ! スイングの軌道もよりリアルに感じられるハズです。

基本的なシステムとプレイの流れ

ボールを打つときのパワー(飛距離)とボールの弾道は、どう決定されるのか? 本作での飛距離はゴルフクラブがボールに当たる(インパクト)時のスイングの早さで決まり、クラブフェースの向きでボールの打ちだし方向や弾道が決定されます。これまでの「みんGOL」シリーズ作品よりも、より直感的な操作になるので、はじめてプレイするときには「素振り」モードでスイングの練習をするのがオススメです。

もちろん、いきなりコースに出るのではなく、本作には「練習場」もあるのでリアルゴルフと同様に、そこでスイングの練習をしてからコースデビューをするのもひとつの手。「練習場」ではティショット、アプローチ、パットの練習が可能! しかも、アプローチとパットの練習では、ボールやカップの位置を自由に選択可能です。体にスイングのコツをマスターさせたら、「素振り」モードから「アドレス」モードに変更してショット! 心地いい打球音とともに、ボールが勢いよく大空に向けて飛んでいく様子は本当に「気持ちがイイ」です。この猛烈な爽快感こそ、ゴルフ(本作)のだいご味のひとつといえるかもしれません。


奥のネットまでの直線距離は250ヤード以上! 都心で、これほど大きな練習場はあまりありません。これだけ大きな練習場だと、ティショット時に、どんな弾道で打てたのか視認できるのがうれしい!



「素振り」モードのときにクラブヘッドの残像が赤く表示されたらクラブがボールに当たらないスイングであることを、残像が青く表示されたら当たるスイングであることを表しています。このときにボールの弾道(まっすぐに打ち出せたか、右に曲がるか、左に曲がるかなど)も矢印で表示されます。



本作のスイングデータは「Dプレーン理論(ボールはインパクト時のクラブフェースの向いている方向にほぼ飛び出すとする理論。現在のグローバルスタンダード理論)」によって計算処理され、実際のショットに近いリアルな弾道を表現。練習次第で、ボールの打ち出し方向や角度、スピン量、左右への曲げ幅なども自由自在にコントロールすることが可能です!

ライバルは自分と世界中のプレイヤー! ベストスコアを競い合おう!!

ステータス画面では、自分のプレイ状況やベストスコアなどが確認できるほか、「みんGOL」シリーズでおなじみの段位も表示されます。段位は「3級」からスタートし、特定の条件を満たせば段位がアップ! 「師範」や「神」といった段位も用意されているので、何度もプレイし、上位の段位を目指しましょう。また「オンラインランキング」もあるので、世界中のプレイヤーと自分のスコアを競うこともできます。ランキングにはコースや条件ごとに「デイリーランキング」と「通算ランキング」が存在。スイング練習やコース戦略を立てて、高みを目指しましょう!


パット成績の画面では、カップの種類別に何メートルをカップインできたかを細かく記録されます。



ステータス画面の「総合」では、ラウンド数やフェアウェイのキープ率、ロングドライブなどの記録のほか、自分の弾道(フック・ストレート・スライス)まで確認することができます。



オンラインにつなげば、世界中のプレイヤーたちと順位を競いあえます。オンラインIDの横には使用したコントローラーも表示されます。

魅力的な4人のキャディ。誰と一緒にラウンドする?

ラウンド中、風の向きや強さ、グリーンの状態など、さまざまなアドバイスをしてくれる心強い存在のキャディ。彼らはラウンドの合間にいきなり近づいて話しかけたり、彼らとのミニゲームやイベントがランダムで発生したりします。イベントは4人いる(※一部は有料販売)キャディごとに用意されているので、どんなイベントに出会えるのかもラウンド中の楽しみのひとつ。また、キャディの衣装はゲームを進めたり、一定の条件をクリアすると変更可能に!(※一部は有料販売) 服装のカラーバリエーションも豊富にあるので、こちらも楽しみのひとつといえるでしょう。




キャディとのイベントは、ラウンド中の緊張感をほぐしてくれるものやクスッと笑えるもの、PS VRならではのものなど多彩に用意されています。なおイベントの発生時、キャディの衣装はそのままイベントに反映されます。
※追加キャディ「スティーブは」早期購入限定特典です。2019年6月24日(月)よりPS Storeにて有料でも配信予定です。
※追加キャディ「グロリア」は販売価格648円(税込)で有料販売となります。デジタルデラックス版でも入手することが可能です。

何度もチャレンジしてみたくなる3つのコース

ゴルフコースは、オーソドックスな作りで初級者にも優しい「フォレスト」、美しい海岸線がときには牙をむく「シーサイド」、太古の地球でゴルフをしている感覚が味わえて難易度も高い「ダイナソー」の3つのコース、計54ホールが用意されています。またこれまでのシリーズ作品と同様に、各コースごとにカップの種類やティの位置で難易度を変えられるほか、コースを左右反転させるミラーなども選択可能。さらに、時間がないときにちょっとだけ楽しみたいときに最適な「3ホールランダム」といったホール選択も可能です。


フォレスト



シーサイド



ダイナソー



写真で見ても十分美しい3つのコース。しかしPS VRを装着し、その場に立ったときに見える風景は、ものすごいです! 視界と聴覚から得られる鮮烈な情報で、感じないはずの風や新緑の香り、足元の起伏まで感じられるほど!! スクリーンに投影して行なうバーチャルゴルフとは比較にならない、かつて体験したことがないゴルフ体験を、ぜひ自宅で体感してほしいです。



▼PS4『みんなのGOLF VR』無料体験版のダウンロードはこちらから



▼PS4『みんなのGOLF VR』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

みんなのGOLF VR

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:スポーツ(VRゴルフ)
・発売日:2019年6月7日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 3,900円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 4,212円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス版 販売価格 5,832円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

※PlayStation VR専用
※PlayStation Move モーションコントローラー対応

------------------------------------------

PS.Blogの『みんなのGOLF VR』記事はこちら

------------------------------------------


『みんなのGOLF VR』公式サイトはこちら

©Sony Interactive Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン