PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『FFXIV』と「NieR」シリーズのクロスオーバーがついに始動! パッチ5.1「白き誓約、黒き密約」本日公開!

by PS.Blogスタッフ 2019/10/29

『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』の大型アップデート、パッチ5.1「白き誓約、黒き密約」で多数の新要素を実装!

全世界で累計プレイヤー数が1,600万人(*)を突破しているオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』。最新拡張パッケージ『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』(以下『漆黒のヴィランズ』)の大型アップデートとなるパッチ5.1「白き誓約、黒き密約」が本日10月29日(火)に公開された。
*日本・北米・欧州・中国・韓国の5リージョンの累計アカウント数。フリートライアル版のアカウントを含む。

パッチ5.1では、「NieR(ニーア)」シリーズとのクロスオーバーで注目を集めている新コンテンツ「YoRHa: Dark Apocalypse(ヨルハ:ダークアポカリプス)」がついに始動! ほかにも、新たなストーリーやバトルコンテンツの追加はもちろん、ゲームの楽しみ方を一段と広げるシステムの拡充など、さまざまなアップデートが予定されている。




公開中のトレーラーでは、パッチ5.1で公開される新要素の数々を垣間見ることができる。『漆黒のヴィランズ』で好評を博した第一世界での冒険の続きや、白き衣のアンドロイドがもたらす新たな戦いの幕開けとは? その主な内容を紹介していこう。

『ファイナルファンタジーXIV』パッチ5.1「白き誓約、黒き密約」特設サイトはこちら

ファンならずとも注目!! 「NieR」シリーズとクロスオーバーした新アライアンスレイド「YoRHa: Dark Apocalypse」がいよいよ登場!

パッチ 5.1で公開された新アライアンスレイド「YoRHa: Dark Apocalypse」は、「NieR」シリーズを生み出したタッグ、齊藤陽介氏とヨコオタロウ氏をゲストクリエイターとして迎えている。



「YoRHa: Dark Apocalypse」ティザーサイトはこちら



アライアンスレイドダンジョン

YoRHa: Dark Apocalypse 複製サレタ工場廃墟

アンドロイド──それは、人を模した自動人形。

ノルヴラントの地で、謎めいた白き衣のアンドロイドが発見されたことで、「闇の戦士」は新たな戦いに巻き込まれてゆく。





メインストーリー

白き誓約、黒き密約

「闇の戦士」がハーデスとの戦いに勝利したことで、第一世界からは光が掃われた。こうして人々は、昼には晴れやかな青空が、夜には甘やかな星空が広がることに徐々に慣れていったが、それでも問題のすべてが解決したわけではなかった。

新たに結ばれる白き誓約、そして黒き密約とは──今、英雄たちの次なる冒険譚が始まる。


インスタンスダンジョン

魔法宮殿 グラン・コスモス

レイクランドの中央に座す大いなる「始まりの湖」。その南岸には、かつてエルフの王族たちが暮らすための宮殿が存在していたという。光の氾濫以降、住む者もいなくなったはずの場所ではあるが、未だに名の由来となったコスモスのように、美しい紫と緑で彩られた宮殿は健在のようだ。

キーキャラクターとパーティを編成できる「フェイス」システムも利用可能!


討伐・討滅戦

極ハーデス討滅戦

異世界の詩人が詠んだのは、もうひとりの「英雄への鎮魂歌(レクイエム)」──。彼は、与えられた責務を示す座ではなく、真の名を明かし、名乗り、戦った。ならば、闇を奉ずる「夜の民」の風習に従い、真の名を以て、葬送の儀式を執り行なおう。

これは、その強き想いを身に刻み、忘れぬための戦いなのだ。


つよくてニューゲーム

現在のクエストの進行状況やジョブレベルはそのままに、コンプリート済みのクエストをもう一度遊べる「つよくてニューゲーム」が実装された。

パッチ 5.1では、『蒼天のイシュガルド』『紅蓮のリベレーター』『漆黒のヴィランズ』のメインクエストに対応。英雄光の戦士の足跡を、いまいちど振り返ろう!


フェローシップ

同じ趣味や目的を持つプレイヤー同士が、最大1,000人まで所属できる新たなプレイヤーコミュニティ「フェローシップ」。1人10個まで作成または参加可能で、同じデータセンター内であればワールドの垣根を超えて参加できる。

イベントの告知やコンテンツの参加者集め、モブハントや釣りの情報交換など、プレイスタイルや気分にあわせて、気軽に活用しよう。




蛮族クエスト:ピクシー族

妖精郷イル・メグに棲まうピクシー族は、ときに人々の夢に入り込むという。ノルヴラントに伝わるこの言い伝えが正しいとするならば、無類のイタズラ好きとして知られる妖精たちは、人々にいかなる夢を見せるのだろうか。さあ、夢の園「リェー・メグ」を巡る、夢幻の冒険に出かけよう。


お得意様取引「カイ・シル」

夜の闇が取り戻された世界で、多くの人々が新たな生き方を模索する中、ミステル族の少年、カイ・シルは考えていた。今までの夢と、これからの夢。かなえるべき明日とは何なのだろうか、と。


クラフター&ギャザラー大改修

より遊びやすく、わかりやすくを目指し、クラフターとギャザラーのシステム大改修が始まった。

パッチ5.1ではアクション効果の見直しや整理をはじめ、アディショナルアクションの廃止や、各種UIの利便性の向上など、さまざまな調整や改修が行なわれている。さらに、クラフターの簡易製作/アイテム分解にも大きなシステム調整が行なわれるほか、ギャザラーにも簡易採集システムが追加された。

ますます快適になるクラフターとギャザラーの活躍に乞うご期待!




マンダヴィル・ゴールドソーサー

G.A.T.E.「一閃! 斬魔・デ・三昧」

はるか東の果ての果てから、やってきたのは、うわさの剣豪! 君はヨウジンボウ先生の剣撃を、避けきることができるか? 避けて、拾って、運に任せて、最後までステージに立ち続けよ!


楽器演奏アップデート

吟遊詩人専用アクション「楽器演奏」に、合奏モードと演奏アシスト機能、そして新たな音色が追加された。より遊びが拡張された楽器演奏を、仲間たちと楽しもう。




新たなPvP装備

新しいPvP装備が追加された。




新たなマウント / ミニオン / 髪型 / エモート

新しいマウント、ミニオン、髪型、エモートが追加された。




パッチ5.1「白き誓約、黒き密約」では今後もアップデートを予定!

ここまで紹介したように本日10月29日(火)公開のパッチ5.1では、ボリュームたっぷりの新要素が追加された。今後もメインストーリーをはじめ、以下のアップデートが予定されている。詳しくはパッチ5.1特設サイトで確認して欲しい。


【パッチ5.11】


絶アレキサンダー討滅戦

イシュガルド復興



【パッチ5.15】


オンサル・ハカイル (終節戦)

青魔道士アップデート


----------------------------------------

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:MMORPG(オンラインゲーム)
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 4,200円+税
    パッケージ版 コレクターズエディション 希望小売価格 19,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 4,620円(税込)
    ダウンロード版 コレクターズエディション 販売価格 6,600円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン専用)
・CERO:C(15才以上対象)

※本製品は『ファイナルファンタジーXIV』の拡張パッケージのため、基本パッケージである『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』が必要です。
※本製品には『蒼天のイシュガルド』および『紅蓮のリベレーター』をプレイできる権利が付属されています。
※プレイには所定のサービス利用料金が必要となります。詳しくはこちらをご覧ください。

----------------------------------------

PS.Blogの『ファイナルファンタジーXIV』記事はこちら

----------------------------------------


『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』プロモーションサイトはこちら

『ファイナルファンタジーXIV』プロモーションサイトはこちら

『ファイナルファンタジーXIV』公式Twitterはこちら

© 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン