PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

あらゆるプレイヤー層の心を奪う『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』の"深化"をレポート!!【特集第4回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2019/10/31

全世界が心待ちにしたアトラスの人気RPG「ペルソナ」シリーズ最新作『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』(以下『P5R』)が、ついに本日10月31日(木)に発売を迎えました!

『P5R』は全世界累計セールス270万本を突破し、さまざまなゲームアワードを受賞した『ペルソナ5』(以下『P5』)をベースに、新たなイベントやキャラクターの追加。システムの改良などが加えられ、かつてないほどの"深化"を遂げた作品です。



これまで3回にわたってその魅力を掘り下げてきた特集も、いよいよ今回で最終回。そのラストを飾るのは、本作をいち早くプレイした電撃PlayStation編集部の担当ライターによるプレイインプレッションです。

なお、今回のレポートはシリーズの濃いファンであるライター・まさんと、はじめて『ペルソナ5』に触れるライター・Deepの2名が担当しています。まったく異なる視点から本作だからこそできるロイヤルなゲーム体験をお伝えしていくので、まだ購入を迷っている方は、ぜひ最後までご覧ください!

【『P5』をクリア済みの目線で体験】
『P5』への"認知"が変わるほどの衝撃! まごうことなき名作です!!

(ライター:まさん)

最初に結論から言ってしまいますが、『P5R』は『P5』を超える真の名作でした。『P5』も完成度の高い作品ではありましたが、どこかに物足りなさを感じていたことも事実です。怪盗である主人公と探偵の明智との関係や、怪盗団の「改心」という行為。まだ、この作品には語るべきテーマがあったのではないか? 『P5』をクリアしたときは、そんな考えが頭の片隅に残っていたのを覚えています。

ですが、本作を最後まで遊ぶとそうした想いはすべて解消されました。ハッキリ言いましょう。『P5R』は、ただ『P5』からイベントやキャラクターを追加しただけの完全版ではありません。"怪盗団に必要なピースがすべて埋まった『P5』"と言うべき作品です。序盤から自然に差し込まれた追加要素の数々。芳澤かすみをはじめとする新キャラクターたちは、序盤から自然と溶け込んでいます。まるで最初から『P5』は『P5R』だったかのように、認知を書き換えられたような不思議な気持ちになりました。


追加されている3学期はもちろん、2学期までの物語にも細かな追加や変更点があるので、違いを探しながらプレイしてみるのも楽しいと思います。



何より、3学期の存在が本作にもたらした意義は非常に大きなものでした。12月を超えるとシェアプレイが禁止になるのですが、それでも思わずシェアボタンを連打してしまったくらい「してやられた!」と感じる衝撃的な展開が次々と襲ってきて......。しかも、追加要素とは思えないほどの大ボリュームなんですよ! 自分は休憩や睡眠を入れつつプレイしていたのですが、それでも3学期だけで丸2日かかっています。それでも、プレイする手を止められないほど物語の結末が気になりました。かすみや丸喜といった追加キャラクターたちは下手をすると蛇足になりがちですが、まったくそんなことはありません。3学期を終えた今なら、彼女たちは『P5』の物語に必要なキャラだったと断言できます。


追加されたパレスでの出来事から日常的なイベントまで、3学期の展開は本当に目を見張るものばかり。一瞬たりとも目が離せません! ああ、一刻も早く誰かと語り合いたい......!!



もちろん、2学期までも濃厚かつ濃密な追加要素が満載。行動の幅が大きく広がっているのですが、メメントスやパレスから帰った日の夜や、特定のイベント終了後も、ルブラン内なら行動できるようになったので、もどかしさを感じることもないと思います。「もう寝ようぜ」とモルガナに言われる日は大きく減っています!


人間パラメータを上げる機会が増えているので、コープ活動や別の行動に時間を割きやすくなりました。とくに吉祥寺の施設は便利なものばかりなので、できるだけ利用するのをオススメします。



また、本作では、芳澤かすみの"信念"と丸喜拓人の"顧問官"という2つのコープが追加され、明智吾郎の"正義"のコープが任意で進める形となっているので、全コープランクMAXを目指す場合、やることは多くなっていますが、『P5』よりも行動できる時間が増えたので、あまり気を揉む必要もないでしょう。また、イベントによっては、終了後に電話がかかってくるようになり、電話の選択肢しだいで好感度が上がることも。序盤からサクサクとコープランクが上がるので、コープ以外の行動もある程度余裕をもってできるようになっています。


任意で進める形になった明智のコープでは、彼の新たな一面を知ることができるので、ぜひ仲良くしてあげてください。自分は、明智への認知が大きく変わって一番好きなキャラになりました。



日常部分も遊びやすく変わっていますが、ほかに大きな違いを感じたのがパレスの探索とシャドウとの戦闘です。パレスではワイヤーを使ったアクションが可能になり、隠された"イシ"を探すギミックなども追加されました。それによって、カモシダ・パレスの時点でも構造がかなり変化しています。また、SP回復アイテムを入手する機会が増えたのもポイント。いろいろなところが調整されているので、『P5』よりもストレスなく攻略できるようになりました。


ワイヤーを使って隠されたルートを探索! 見たことのあるパレスなのに何かが違う。前作を遊びつくした人にも新しい発見が待っています!



そして、何よりも変わったのが戦闘ですね。銃は戦闘後に残弾数が回復するので、積極的に使うようになりましたし、テクニカル攻撃も狙って出しやすい! バトンタッチの重要性も増していて、見た目は『P5』と同じでも戦闘のバランスや印象は全然違います。ボス戦のギミックも少し変わっているので、『P5』を遊んだ人のほうが驚けるのではないでしょうか?


ギミックの変更に合わせてボス戦もテンポアップ! 難易度ノーマルで挑んでみた感触としては、ボスのタフさも良い塩梅に調整されているように感じました。ボス戦が、さらに楽しくなっていますよ!



さらに、敵シャドウのなかには凶魔という特別な存在も。凶魔はこちらが攻撃するまでまったく動かないのですが、攻撃するとダウンさせない限り、即座に手痛い反撃をしてくるという性質があります。しかし、凶魔を倒すと周囲のシャドウを巻き込んで爆発し、ダメージを与えることができます。このときのダメージ量は凶魔にトドメを刺したダメージ量に比例して増加していくので、どのような順番で、どのようなスキルを使ってシャドウを攻撃していくか、という点において、通常戦闘とは異なる展開を楽しむことができるでしょう。


倒すと敵を巻き込んで大爆発する凶魔。手ごわい相手ですが、こちらが利用することで戦闘が有利に運ぶことも。バトルのバランスがさらによくなり、戦闘がとても楽しいです!



戦闘後のリザルトが体感的に早くなっているなど、細かいところも自然にテンポアップしています。追加された要素は多いのですが、全体的に遊びやすくなっているのでサクサク進めるのもうれしいところ。『P5』の感覚で遊んでいると驚かされることばかりです!

まだまだ語るべきことは尽きませんが、あとは実際に遊んでもらったほうが良いでしょう。とくに、自分と同じような「ペルソナ」シリーズのファンには、絶対に3学期まで遊んでもらいたいですね。間違いなく、怪盗団の新たな活躍に「心を盗まれる」と思います!

【『P5』を未プレイの目線で体験】
高まりまくった期待値のハードルを遥かに高く超えた"深化"に大興奮!

(ライター:Deep)

「ペルソナ」シリーズをプレイすると、「俺も、こんな華やかな高校生活を送りたかったなぁ......」とゲームと関係ないところでヘコんでしまう、男子校で灰色の青春を送っていたDeepです。

さてさて。まずは、本インプレッションについての前提の話をさせてください。自分は、(お恥ずかしい話ですが)前作の発売タイミングが自分の仕事の都合に合わず、泣く泣くプレイを断念しています。「時間ができたら『P5』やるんだ!」と心に決めていたので、その内容に関する情報は意図的にシャットアウトしていました。ですが、「プレイする」と言うは易しで、なかなか時間が取れずに幾星霜。気づけば『P5R』の発売が迫るという体たらくだったわけです。しかし、発想を逆転して「仕事でやればいいじゃん!」と気付き、今回の仕事に挙手することに(笑)。ということで、ここでは"前作未プレイ視点による『P5R』インプレッション"をお届けしようと思います。

「え、これは追加要素なの!?」と驚く自然な盛り込み方

前述のとおり、今回が初『P5』プレイなので、すべてが新鮮でものすごくおもしろい!! 今まで蓄積していたワクワクをすべて注ぎ込み、何時間も遊びまくりました。そのうえで、『P5』ベテランプレイヤーのみなさんを含めた『P5R』の電撃PSの記事打ち合わせに参加したわけですが、どうもいろいろと話が噛み合わない。それもそのはず。『P5R』の追加要素の挿入があまりにも自然すぎて、打ち合わせの流れで初めて「え、ここって追加要素なの!?」と気づくことが多いんですよ。

発売後のゲームへの追加要素というのはあくまで後付けなので、ゲームによってはツギハギの粗や取ってつけた感が目立つこともあります。ですが、『P5R』では、そんなことはまったくありません! 

一番わかりやすいのが、各パレスですね。基本的な流れはそのままですが、ワイヤーアクションやイシという新要素が加わったことでダンジョンの形状が大きく変わっています。その変化も取ってつけた感はなく、最初からそうだったかのような作りになっていて、違和感は一切ありません。新キャラクターが出ない追加イベントでもボイス有りのものも多く、あとから「あれもこれも新要素だよ」と言われて、正直度肝を抜かれました。



個人的に一番驚いたのは、銃弾の補充について。本作では戦闘ごとに最大まで回復するのですが、『P5』では回復しなかったそうで。その部分に不満を持っている人も少なくないようでした。しかし、本作ではそれが解消されており、「ちゃんとユーザーからのフィードバックを活かしているんだな」と感動。『P5R』のプレイにおいては、そういった「仕様面でのストレス」をまったく感じなかったので、きっと前作未プレイの自分が知らないだけで、改良されているポイントは多いのだと思います。


勢いを優先すべきか、効率を優先すべきか......波乱万丈な学生ライフ

新要素というわけではありませんが、やはり「ペルソナ」シリーズのキモでもある学生ライフにも触れておきたい! ストーリーが問答無用でおもしろいのは言わずもがなですが、個人的には突き詰めるとシミュレーションのようになる学生ライフも大好きな要素なんですよ。そもそも、自分は"行動に失敗したらロードする"など、効率を突き詰めていくタイプです。しかし、本作ではストーリーが楽しすぎて効率を捨てて一気にプレイしたい欲がモリモリわいてきて、いい意味でかなり困りました(笑)。



「杏も真も双葉も春も武見さんもべっきぃも(略)......全員魅力的なので選択肢は間違いたくない。でも、先のストーリーが気になりすぎる!!」という、ワガママなジレンマに葛藤。しかし、結局は効率欲に負けてロードを繰り返し、なかなか本編が進行しないプレイスタイルになってしまいました(でも、二股とかはできないチキンなワタシ)。本作の新要素として"双子の看守とのお出かけ"があります。カロリーヌ&ジュスティーヌのめちゃくちゃカワイイ姿が見られるので、これは確実に見てほしいですね。あのかわいさは反則級です。



また、この効率的という部分は、コープ関連だけではなく人間パラメータ強化の要素も含みます。「今日はアレして、明日は日曜日だから青汁を......」といった突き詰めを1周目からやっていくのはかなり楽しかったです(もちろん、初プレイなので穴だらけですが)。このあたりも、『P5R』では夜の自由時間の増加や、遊ぶと「知識」がアップするクロスワードで時間経過しなくなっているなどの調整が入っているので、自分と似た気質で『P5』をすでにやり込み済みの人も、もう一度楽しめるようになっていると思いますよ!



......といった具合で、念願の『P5R』を堪能しているわけですが、ボリュームがとにかくスゴイ。もう60時間以上プレイしているのに、まだ8月なんですよ。これに加えて、新要素である3学期の追加(突入条件有り)があるそうで、これはじっくりプレイすると100時間超えそうな勢いですね。正直、うれしい悲鳴が止まりません!!

そもそも、もともと「PlayStation Awards」3年連続入賞という偉業を成し遂げたゲーム(『P5』関連で唯一入手していたニュース)なので、その深化バージョンである『P5R』が物足りないわけがないんですよね。自分の想像で高まり続けた期待を、まっすぐに受け止めてくれるとんでもない深さの懐を持つ傑作『P5R』。絶対に期待を裏切らないデキになっているので、みなさんもぜひぜひプレイしてみてくださいね! ......よし、いい感じに締めが書けたので、『P5R』の続きをプレイしてきます!(笑)



▼PS4『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

ペルソナ5 ザ・ロイヤル

・発売元:アトラス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:RPG
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,800円+税
    パッケージ版 ストレートフラッシュ・エディション 希望小売価格 13,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 9,680円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 12,980円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』記事はこちら

------------------------------------------


『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』公式サイトはこちら

「ペルソナ」シリーズ公式サイト「ペルソナチャンネル」はこちら

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン