PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『Need for Speed™ Heat』本日発売! 昼夜を問わずレースに明け暮れ、ストリートレーサー気分を満喫しよう!

by PS.Blogスタッフ 2019/11/08

あらゆる限界を燃やせ。アドレナリン出まくりのレースゲーム『Need for Speed™ Heat』本日11月8日(金)発売!

ストリートレーサーと警察が対峙する究極のレースゲーム、シリーズ最新作『Need for Speed Heat(ニード・フォー・スピード ヒート)』が本日11月8日(金)にPlayStation®4で発売! 表現豊かなカスタマイズ、リアルな都会のマシン文化、ゲームに夢中になれる没入感ある物語など、シリーズファンが愛するあらゆる要素を充実させ、拡大している。



本作の舞台は、ストリートレーサーのパラダイス「パームシティ」。この全く新しいオープンワールドには、自分の名を上げようとユニークなストリートレーサーたちが集結。プレイヤーは、昼はSpeedhunters Showdownという合法レースに参加し、自分のガレージに並ぶ高性能マシンをカスタマイズしてアップグレードするための賞金を稼ぐことができる。



そして夜は、違法な公道レースで名声の「REP」を稼ぐため、自らを危険にさらすことに。そこでは悪徳警官の特別チームが街を徘徊し、レーサーの走行を停止させて稼ぎを奪い取る。本作では、走る道路、危険度、走行方法に制限はない。プレイヤーは大勢のクルーと共に走り、ガレージをカッコいい車でいっぱいにして、街を遊び場にしてノンストップのレースを楽しむことができる。



本作でストリートレースの醍醐味を存分に味わえるポイントと、PS.Blogスタッフが実際にプレイして感じたさまざまな魅力を紹介しよう。

ストリートレーサー気分を満喫できる4つのポイント!

①昼と夜の顔を持つパームシティ! 合法レースと違法レースに参加して、のし上がれ!!

パームシティは、太陽が沈むと法律の境界線が薄れ始める。昼は合法のSpeedhunters Showdownに参加し、レース、ドリフト、オフロードイベントで報酬をかけて競い合おう。そして夜はアンダーグラウンドの違法レースに参加し、街で自分の名を上げよう。




②自由にクルマをカスタマイズし、自分を表現しよう

自分のマシンをカスタマイズすれば、思う通りのドライバーになれる。独自のスタイルを貫き、知名度を上げよう。カスタマイズ、ハイパーチューニングなど、限界を越える改造が可能なドリームカーは多種多様! 公式サイトではゲーム中に登場するクルマの一覧が掲載されているので、愛車にしたいクルマをチェックしておこう。

公式サイトのクルマリストはこちら




③危険に満ちた、パームシティ警察とのカーチェイス!

警官たちはパームシティを常に巡察し、ストリートレーサーたちに目を光らせている。昼間は無謀な運転に対して罰金を科せられるだけだが、夜に捕まると賞金の一部が没収され、獲得したREPも失ってしまうのだ。

昼間の警官は、常に規則に従って行動。冷静に追跡し、制御された動きでストリートレーサーの速度を落とさせる。だが街が夜の暗闇に覆われると、悪徳警官達はキルスイッチやヘリコプターなどのあらゆる手段を使って、ストリートレーサーたちを追跡!




④レースやイベントが満載! 広大なパームシティの全てが遊び場

パームシティには、レースが開催されている場所はもちろん、ストーリーやミッションを進めるために必要な人物がいる場所など、さまざまなイベントやアクティビティが昼夜を問わず点在。マップを開いて行きたい場所を選択すれば現在地からのルートが表示されるので、広大なオープンワールドでも迷わずに移動できる。パームシティは、まさにストリートレーサーのパラダイス。最高の遊び場を、存分に走り回ろう!


オープンワールドで味わえる、スリリングなストリートレーサーライフ! 『Need for Speed Heat』プレイレポート

前作『Need for Speed Payback』から2年ぶりとなる、シリーズ最新作『Need for Speed Heat』がいよいよ発売! 白熱のレースや警察とのカーチェイスはもちろん、豊富なカスタマイズ、オープンワールドといったシリーズならではの魅力を充実&拡大した本作を、PS.Blogスタッフも実際に体験してみた。



やはり最初に目を奪われたのは、実写さながらのグラフィックだ。細部まで精巧に再現されたクルマを駆り、リアルなエンジン音をBGMに美しく広大なパームシティをドライブしているだけでもテンションが上がってくる。パームシティには豊かな自然と都会の町並が共存しており、次々と目の前に現われる風光明媚な景色を堪能するのもまた楽しい!



とはいえ、本作の醍醐味はやはりストリートレース。さっそく手近なレースにチャレンジしてみたのだが、序盤とはいえ歯ごたえがあり、少しのミスで順位が転落......。必死に追い上げたものの1着を取ることはできず、残念な結果となってしまった。

この体験で思い知らされたのは、ドライビングテクニックを磨くことはもちろん、クルマをしっかりカスタマイズしないとレースには勝てないということ。1着でなくても賞金はゲットできるので、まずは昼のSpeedhunters Showdownでカスタマイズの資金を集めることにしてみた。




速いクルマづくりの第一歩! まずは白昼の合法レースで賞金稼ぎ!

先に紹介したように、パームシティでは昼には合法の、夜には違法のレースが開催されているが、賞金を獲得できるのは昼のレースのみ。ストリートレーサーとして名を上げるにはクルマのカスタマイズが必要不可欠で、そのために必要な資金を昼間に稼ぐことになる。「Need for Speed」シリーズといえば夜のレースが印象的だが、本作では昼のレースも重要というわけだ。



レースが開催されている場所をマップで確認し、ルートを表示して現地までドライブ。発見した隠れ家にはマップ上からファストトラベルができるので、離れた場所で開催されているレースに参加する際は、近くの隠れ家へ移動してから向かうといいだろう。現地にたどり着いたらR1ボタンを押すことで、気軽にレースへ参加できる。



レースのコースはパームシティの道路をそのまま使用しており、各チェックポイントさえ通過すれば走行ルートは自由。上手にショートカットをしていけば、カスタマイズが不十分なクルマでも十分に戦うことができた。最初は勝てなかったレースでも何度か挑んでいるうちにコースを覚え、上位に食い込めるようになっていくのが楽しい。最終コーナーでトップに立ち、1着でゴールできたときは思わずガッツポーズ! 昼のレースは合法ということもあり、警察に気を取られずレースに集中できるのもポイントだ。




集めた賞金で愛車をカスタマイズ! 自分だけのクルマをつくる喜び

集めた賞金を使い、エンジンやシャーシなどをカスタマイズ。装着したパーツや性能によってクルマのランクが上がっていく。各レースやイベントには参加するクルマの推奨ランクが設定されており、それより高いか近いランクのクルマで挑戦するのが基本となる。そして賞金を稼いでクルマをカスタマイズし、ランクを上げてさらなるレースやイベントに参加していくのがゲームの流れだ。



カスタマイズはクルマの性能に関わるパーツだけでなく、ペイントやラッピング、タイヤのスモークやクラクションの音、そしてエキゾーストサウンドなど、性能には直接関係しない要素についても可能! クルマ好きにはたまらない要素だ。こだわりの外見や設定で、個性を存分にアピールできるのがうれしい。




パトカーを交えた夜間のレース! "HEAT"な走りで名声を獲得!

昼のレースによる賞金稼ぎがストリートレーサーとしてのし上がるための準備だとしたら、夜のレースはまさに本番! アンダーグラウンドな夜のレースでは賞金は獲得できないものの、名声のREPをゲットしてレベルを上げることができる。レベルが上がると購入できるカスタマイズパーツが増え、クルマのランクをさらに上げられるようになる仕組みだ。



この夜間のレースこそが、「Need for Speed」シリーズの真骨頂! 個性的なストリートレーサーだけでなく警察も介入してくるので、昼以上にハチャメチャでスリリングなレース体験を味わえる。トップを走っていても警察の妨害でスピードが落ち、一気に順位を下げるなんてことは当たり前。逆に警察の妨害に手こずっているライバルたちを抜き去り、トップへ躍り出ることも可能だ。



ポイントは、レースが終わっても警察の追跡は終わらないこと。首尾よくレースで1着になり名声を獲得しても、そのあとに捕まってしまっては意味がない。ライバルたちとのレースから警察とのカーチェイスへのシームレスな移行も、本作の大きな魅力だ。

パトカーの速度が遅い場合は直線で振り切れるが、常にうまくいくわけではない。時には迫り来るパトカーの隙をつき、いきなり細い路地へ入ったりUターンをしたりすることで追跡を振り切ることができる。レースとはまた違うテクニックと戦略が必要になるのが面白い。



さらに、本作では夜のレースに参加するか、カーチェイスで警察を倒すと「HEATレベル」が上昇。HEATレベルが高いとREPを稼ぎやすくなるのだが、警察の追跡もより執拗になる。調子に乗ってHEATレベルを上げて何度も夜のレースに参加していたら、数台のパトカーによる必至の追跡によって、あえなくお縄に......。獲得したREPだけでなく賞金も失ってしまい、大きな悲鳴をあげてしまった(笑)。ほどよいところで切り上げる判断も、一流のストリートレーサーとなるには必要なようだ。



広大な街を使って繰り広げられるハチャメチャなレースや、警察との壮絶なカーチェイス、そしてクルマの過激なカスタマイズなど、現実ではなかなかできない体験を味わえる『Need for Speed Heat』。あなたも今日からパームシティを訪れ、ストリートレーサーライフを送ってみては?




▼PS4『Need for Speed Heat』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

Need for Speed Heat (ニード・フォー・スピード ヒート)

・配信元:エレクトロニック・アーツ
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:アクションレーシング
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 希望小売価格 7,727円+税
    ダウンロード版 Standard Edition 販売価格 8,657円(税込)
    ダウンロード版 Deluxe Edition 販売価格 9,676円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン:2~16人)
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『Need for Speed Heat』記事はこちら

------------------------------------------


『Need for Speed Heat』公式サイトはこちら

© 2019 Electronic Arts Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン