PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『龍が如く7 光と闇の行方』の熱いドラマに関わる登場人物たち。新舞台の横浜を牛耳る「異人三」とは?

by PS.Blogスタッフ 2019/11/11


2020年1月16日(木)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『龍が如く7 光と闇の行方』は、「龍が如く」シリーズの正統ナンバリング最新作。新しい舞台となる横浜・伊勢佐木異人町で新主人公・春日一番が巻き起こす、熱き男たちの物語を描くドラマティックRPGだ。

その最新情報として、新たな登場キャラクターに加え、東京・神室町と横浜・伊勢佐木異人町を仕切るそれぞれの組織を紹介する。春日一番の成り上がりの物語に、さまざまな背景を持つ登場人物たちがどう絡み合っていくのか。本作が描く、大人の熱いドラマに期待しよう。

近江連合が支配する東京・神室町

かつて東城会が支配していた東京・神室町。東城会荒川組の若衆だった春日が、兄貴分である沢城丈の罪を被って服役していた18年の間に、街の状況はすっかり様変わりした。東城会は崩壊し、関西の近江連合によって支配されている。


荒川 真斗 (あらかわ まさと)

CV:鳥海 浩輔

荒川組組長・荒川真澄のひとり息子。出生直後に患った低体温症が原因で、車椅子生活を余儀なくされる。日常生活のサポートを任されている春日を下僕のように扱う反面、荒川組若頭・沢城丈には強い信頼を寄せている。


近江連合

関西最大の極道組織。神室町と双璧をなす西の大歓楽街、大阪・蒼天堀を拠点としている。「神室町3K作戦」という警察の施策によって東城会が崩壊した後は、神室町も手中に収め、支配している。


八代目近江連合 荒川組若衆

安村 光雄(現代) (やすむら みつお)

CV:鶴岡 聡

通称「ミツ」。春日が東城会荒川組若衆時代の春日唯一の弟分であり、強い絆で結ばれていた存在。荒川組が東城会から近江連合に鞍替えした今も、荒川真澄に仕え続けている。




八代目近江連合 若頭補佐 直参龍童会 会長

天童 陽介 (てんどう ようすけ)

CV:田中 美央

近江連合の若頭補佐のひとり。元は名の知れたプロボクサーだったが、不祥事の末に極道の世界へと行きつく。




八代目近江連合 若頭補佐 直参石尾田組 組長

石尾田 礼二 (いしおだ れいじ)

CV:速水 奨

近江連合の若頭補佐のひとり。欲しいものは力ずくで手に入れようとする、破天荒な言動が目立つ武闘派極道。


横浜・伊勢佐木異人町の三大勢力「異人三」

「異人三(いじんさん)」とは横浜・伊勢佐木異人町を牛耳る三大勢力、極道組織「横浜星龍会(よこはませいりゅうかい)」、謎の組織「コミジュル」、中国マフィア組織「横浜流氓(はんぴんりゅうまん)」の総称。

伊勢佐木異人町ではこの三勢力が互いに敵対関係にあり、水面下で激しい勢力争いをしている。そのため、昔から東城会や近江連合などの外部勢力も付け入る隙がなく、外敵も手出しができないその鉄壁ぶりは「肉の壁」とも呼ばれている。

現在は三勢力の均衡が保たれており、冷戦状態にある。しかし、均衡が崩れた瞬間に横浜全域を巻き込む全面戦争が起こるとも言われており、伊勢佐木異人町の裏社会には常に緊迫した空気が張りつめている。

横浜星龍会

横浜唯一にして最大の極道組織。昔気質の生粋の極道・星野龍平が会長を務め、古くから横浜の裏社会を牛耳っている。



横浜星龍会本部

伊勢佐木異人町の裏社会を牛耳る、横浜星龍会の本部。建物には外敵の侵入を防ぐべく、徹底した対策が取られている。厳しい警備も敷かれており、万一侵入できたとしても、生きて帰ってくることはできないと言われている。




横浜星龍会 会長

星野 龍平 (ほしの りゅうへい)

CV:金尾 哲夫

伊勢佐木異人町に存在する唯一の極道組織、横浜星龍会の会長。義理人情やメンツを重視し、昔気質の任侠道をひたすらに貫く生粋の極道。伊勢佐木異人町の裏社会を長年にわたって牛耳り、外敵を排除し続けてきた、「肉の壁」の番人のような存在だ。




横浜星龍会 若頭

高部 守 (たかべ まもる)

CV:遠藤 大智

横浜星龍会のナンバー2を任されている切れ者。忠誠を誓っている星野龍平からも、右腕として絶大な信頼を寄せられている。クールな性格でありながら、敵に対しては一切容赦をしない血の気の多さも併せ持つ。


コミジュル

「蜘蛛の巣」と呼ばれる要塞に巣食う、謎のマフィア組織。すべてが謎に包まれており、その全貌を知る者は誰もいない。



コミジュル本部

コミジュルはまるで蜘蛛の巣のように、多数の電線が張り巡らされた要塞に潜んでいる。中の様子は一切わからず、謎だらけ。張り巡らされた電線を使って、周囲の施設から膨大な量の電力を盗んでいる。




コミジュル 総帥

ソンヒ

CV:武田 華

蜘蛛の巣のように電線が張り巡らされた要塞に潜む謎の組織、コミジュルを束ねる総帥。表に姿を見せることはほとんどなく、謎の権力者として伊勢佐木異人町の裏社会でも恐れられている存在。




コミジュル 参謀

ハン・ジュンギ

CV:中村 悠一

総帥であるソンヒの右腕として、共に組織を支える。理性的で穏やかな一面と、ヒットマンとして邪魔者を平然と排除する冷酷な一面を併せ持つ。


横浜流氓

伊勢佐木異人町の一角に巣食う中国マフィア組織。巨大飯店や貿易会社の経営などで多くの利益を生み出しているとの噂だが、その金を何に使っているのかは一切明らかになっていない。



慶錦飯店(けいきんはんてん)

飯店小路という寂れた飲食街にそびえ立つ、伊勢佐木異人町屈指の巨大高級中華飯店。横浜流氓が裏で経営しつつ、組織のアジトとしても使っている。




横浜流氓 総帥

趙 天佑 (ちょう てんゆう)

CV:岡本 信彦

同胞以外をすべて敵とみなす、鉄の結束を誇る武闘派中国マフィア、横浜流氓の総帥。気さくでありながらも本心が読めない、食えない言動をする策士。戦闘における青龍刀さばきと、料理の腕前は超一流だという。




横浜流氓 参謀

馬淵 昌 (まぶち あきら)

CV:竹田 雅則

横浜流氓で実質ナンバー2のポジション、参謀を務める。貿易会社を運営しており、組織に潤沢な資金を供給しているやり手でもある。上昇志向が強く、総帥である趙をライバル視している。



------------------------------------------

龍が如く7 光と闇の行方

・発売元:セガゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ドラマティックRPG
・発売日:2020年1月16日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 8,390円+税
    ダウンロード版 販売価格 9,229円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『龍が如く7 光と闇の行方』記事はこちら

------------------------------------------


『龍が如く7 光と闇の行方』公式サイトはこちら

「龍が如く」シリーズポータルサイトはこちら

「龍が如くスタジオ」公式Twitterはこちら

©SEGA

記事を探す
トップに戻るボタン