PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】少女と力を合わせて謎の館から脱出せよ! VR脱出アドベンチャー『Last Labyrinth』本日発売!

by PS.Blogスタッフ 2019/11/13

囚われの身を解き放つのは、君。本日11月13日(水)より『Last Labyrinth』発売!

本日11月13日(水)に、PlayStation®VR専用タイトル『Last Labyrinth』(ラストラビリンス)が発売! 本作は"VR時代の新しいアドベンチャーゲーム"をコンセプトに開発された、VRだから実現できる世界観と、仮想キャラクターとのコミュニケーションを体感できるVR脱出アドベンチャーゲームだ。



謎の館に閉じ込められたプレイヤーは、少女「カティア」と力を合わせて、数々の謎を解きながら館からの脱出を試みる。

初披露となった「東京ゲームショウ2016」に出展されたプレビューバージョンは長蛇の列を生み、プレイ後の感想では発売を望む声が殺到。その後も日本国内だけでなく、世界各国の主要ゲームメディアやVRメディアに取り上げられ、大きな反響を獲得したタイトルだ。「どこでもいっしょ」シリーズを手がけた高橋宏典氏がディレクター・プロデューサーを担当し、その他にも有名なタイトルに携わってきたメンバーが多数参加している。


今回は、いよいよ発売を迎えた『Last Labyrinth』がどんなゲームなのかを紹介すると共に、臨場感あふれる演出やシチュエーションによって心を大いに揺さぶられたPS.Blogスタッフの、プレイレポートをお届けしよう。



【STORY】
それは、VRで体感する物語。言葉の通じない少女と協力し、謎の館から脱出しよう!


「......ここは、いったい!?」

気がつくと、あなたは見知らぬ館の中にいた。椅子に座っていたので立ち上がろうとしたが、動くことができない。身体を見ると拘束具で全身を固定されている。手首も固定されていて、自由が効かない。座っているのは、どうやら車椅子のようだ。

視界の隅に、人影を感じる。

「!?」

目の前には、少女が1人。冷たい瞳でこちらを見つめていた。




謎の少女「カティア」

プレイヤーと共に、謎の館からの脱出を目指す少女。身動きができないプレイヤーに代わり、さまざまな仕掛けを献身的に操作してくれる。国内外で活躍するモデル、女優、そして歌手の、ステファニー・ヨーステンさんが音声を担当。


謎の人物「ファントム」

プレイヤーとカティアが閉じ込められている、謎の館にいる人物。その顔はマスクに覆われており、正体は不明。



【SYSTEM】
少女「カティア」に指示を出し、さまざまな仕掛けを解き明かせ!

プレイヤーは車椅子に縛り付けられており身動きは取れないが、頭と指先だけは自由に動かすことができる。そして、頭にはレーザーポインターが装着され、手にはスイッチが持たされていた。スイッチを押すとレーザーポインターが作動し、プレイヤーが気になる物や仕掛けをカティアに指し示すことができる。

指示を受け取ったカティアがプレイヤーに代わり、気になる物を調べてくれたり、仕掛けを作動させてくれたりするというわけだ。身動きが取れないプレイヤーにとって、カティアは大きな助けとなるだろう。



カティアが何かの判断に迷った際は、プレイヤーにじっと視線を送り、判断を仰いでくることがある。互いに言葉は通じないのだが、プレイヤーは首を縦に振ることで「肯定」の意思を、首を横に振ることで「否定」の意思を、カティアに伝えることができる。


実際の状況とゲーム内の状況との一致がもたらす、圧倒的な臨場感と没入感──『Last Labyrinth』プレイレポート

ついに発売を迎えた『Last Labyrinth』に、PS.Blogスタッフもさっそく挑戦。ゲームが始まると、プレイヤーは暗い空間で車椅子に縛り付けられており、目の前には電気スタンドが見えるのみ。頭を動かし、VRヘッドセットを電気スタンドへ向けながらボタンを押すと、暗闇の中から白い手がスッと現われ、電気が点灯。ドアがひとつしかなく狭い部屋の様子と、謎の少女・カティアの姿が照らし出された──。



まず驚いたのは、その圧倒的な臨場感! プレイヤーは車椅子に座らされて身動きが取れないという状況のため、椅子に座ってプレイしていると、実際の状態とゲーム内の状態がまさに一致。先に紹介した冒頭のシーンでは、本当に自分が暗闇の中へ取り残されたような気分になり、とても不安な気持ちになってくる。恐る恐る電気スタンドを見ながらボタンを押し、カティアの手が現われた時は驚いたものの、その姿と周囲が照らし出された際は心の底からホッとしたものだ。

"VRヘッドセットを動かして手元のボタンを押すだけ"というシンプルな操作も、没入感を高めるエッセンス。これもまた、ゲーム内で身動きの取れないプレイヤーに許された数少ない手段と一致しているため、直感的に行なうことができる。

ちなみに、本作はPlayStation®Move モーションコントローラー(2本)にも対応しているが、お伝えしたように操作はとてもシンプル。気になる物はVRヘッドセットを向けた方向でカティアへ知らせる仕組みのため、PS Moveを向けて操作することはない。DUALSHOCK®4とPS Moveとで操作感はほとんど変わらないので、自分の好みに合ったコントローラーを使うといいだろう。




プレイヤーとカティアは運命共同体。失敗時の演出に心が軋む......

最も衝撃を受けたのは、謎解きに失敗した際の演出だ。カティアとのコミュニケーションはもちろん、仕掛けの内容やその成功時または失敗時の演出が大きな見どころとなるゲームのため詳細は伏せるが、プレイヤーが判断を誤り謎解きに失敗すると、まずカティアが凄惨な目に遭い、その直後にプレイヤーも同じ運命を辿ることとなる......。

言葉は通じなくても力を合わせて数々の仕掛けを解き、カティアを頼れる相棒だと感じ始めていた時のこと。少し難しめの謎に初めて挑んだ際に「これはどういう仕掛けだろう?」と、お試し気分でカティアへ指示を出した際に起こった、突然の出来事だった。まさかそんな結末が待っているとは思っていなかったため、あまりの衝撃に言葉を失ってしまう。直接的な描写はないものの、自分の判断ミスが巻き起こした衝撃的な結末を前にして、胸が罪悪感でいっぱいになってしまった。



それからは、自分はもちろん、カティアを危険な目に遭わせないように気を引き締める。しかし、知恵を絞っても解法がわからずに失敗し、それぞれの仕掛けに対応した凄惨な結末を迎えることもまた多数......。そのたびに、「自分はどうなってもいいから、せめてカティアだけは見逃してあげて!」と頭を抱えることに。

用意された仕掛けは、簡単なものから難しめのものまで、本当にさまざまだ。それらの謎に「こうすればOK」という直接的なヒントはないのだが、周囲やオブジェをしっかり観察すれば必ず活路が開けるようになっているバランスはとても秀逸。ゲームオーバーになったとしてもすぐに再開できることもあり、「今度こそは!」と繰り返しチャレンジしたくなってしまう。




それでも全ての演出を見てみたい!? そんな誘惑との戦いも

しかし、慎重に慎重を重ねてカティアへ指示を出し、あと一歩で一度も失敗せずに初見の仕掛けを解ける! という際に頭をよぎるのが、"この仕掛けでは失敗したらどういう演出が待っているんだろう?"という、悪魔の誘惑だ。幾度となく目の当たりにした数々の結末に胸を痛め、謎が解けた際はカティアの無事な姿に安堵したはず。それなのに、一度も失敗せずに仕掛けを突破できそうになると、失敗時の演出を見られないことが"もったいない"と感じてしまうのだ。

こういった好奇心はゲーマーにとっては"あるある"だと思われるが、あまりに高い臨場感と没入感のため、「健気なカティアをひどい目に遭わせてもいいのか!?」と悩むことに......。

VRならではの演出によるシチュエーションはもちろん、メタ的な要素でも容赦なくプレイヤーの心を揺さぶってくる『Last Labyrinth』。ぜひあなたもプレイして、カティアと共に歩む運命の切なさと葛藤を体験してほしい。




▼PS4『Last Labyrinth』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

Last Labyrinth (ラストラビリンス)

・発売元:あまた株式会社
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:VR脱出アドベンチャーゲーム
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 4,378円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル
※PlayStation VR専用
※PlayStation®Move モーションコントローラー対応(2本必要)

------------------------------------------


『Last Labyrinth』公式サイトはこちら

『Last Labyrinth』公式Twitterはこちら

©2016 AMATA K.K. / LL Project

記事を探す
トップに戻るボタン