PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「プレイステーション」発売25周年に寄せて

by PS.Blogスタッフ 2019/12/03

1994年12月3日、世界に先駆けて日本で発売を開始した初代「プレイステーション」。後にソニー・コンピュータエンタテインメント(現SIE)で社長を務めることになる久夛良木健氏が、当時のチームとともに「デベロッパーの皆さんがそれぞれのクリエイティビティを表現できるようなプラットフォームを創造することで、誰もが楽しめるエンタテイメントとしてゲームの価値を高めていく」というビジョンのもと、ソニーの新規事業の一つとしてスタートしました。このような想いが託されて誕生した初代「プレイステーション」は、発売初日だけでも日本国内での販売台数が約10万台を記録し、その後、家庭用ゲーム機として史上初となる全世界販売台数1億台を突破するなど、歴史的な快挙を遂げるまでに成長することができました。

「プレイステーション」がこれほどまでにゲームコミュニティの皆さまに受け入れられたのも、家庭用ゲーム機として、今まで想像できなかったような画期的なゲーム体験を実現することができたからであると信じています。私たちは、「プレイステーション」の開発段階から、ゲームのデベロッパーの皆さまの声に耳を傾け、美しく壮大なゲームの世界を創造できるように、最新のツールや技術を提供してきました。さらには、新しいアイディアを追求し、挑戦し続けられるような環境の構築を支援してまいりました。これらの取り組みが功を奏して、歴代の「プレイステーション」を通じて、世界中のファンを魅了する素晴らしいゲーム作品の数々を生み出すことができたのではないかと思っております。

この25年もの間、私たちは進化するゲーム業界において常に先頭を走り続けることに努めてまいりました。私としても、会社の創業時から、欧州での「プレイステーション」の立ち上げ、これまでの歩み、そしてこれから進化を遂げていく一連の過程に携わることができ大変光栄に思います。特に、欧州において「プレイステーション」を市場導入する際には、会社として何もないところから、全てを作り上げていく必要がありました。それこそ私は、人員の採用から備品の購入まで、色々な業務に携わってきましたが、今でも時折、その当時のことを懐かしく思い出します。欧州の各地域において、確実に我々の製品やサービスをお届けできるように、例えばポーランドに住むユーザーの皆様が、英国、日本あるいは米国のユーザーの皆様と変わりなく、「プレイステーション」のコミュニティの一員であると感じていただけるよう、地域に根差した施策の展開に注力してまいりました。私たちの事業がこれほどまでの成長を成し遂げることができたのは、何よりも私たちをいつも支えてくださるファンの皆様のお陰であり、心より感謝申し上げます。今後も引き続き、コミュニティの皆様とのより強固な信頼関係を構築することが、今まで以上に大切なことであると考えております。

「プレイステーション」とともに過ごしてきたファンの皆様が、自らのゲーム愛をわが子へと継承し、今となっては、その子どもたちが私たちの「プレイステーション 4」で遊んでくださっています。このように、世代を超えて私たちの想いが引き継がれていることを大変嬉しく思います。皆さんが、この25年間の旅路を、私たちと一緒に歩んでくださったことに感謝するとともに、「プレイステーション」がこれからも引き続き進化していく姿に、ぜひご期待ください!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント 社長 兼 CEO
ジム・ライアン

記事を探す
トップに戻るボタン