PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

本日発売『妖怪ウォッチ4++』新要素のマルチプレイ「ぷらぷらバスターズ」をチェック【特集第3回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2019/12/05

本日12月5日(木)に発売となった、レベルファイブの大人気シリーズ最新作『妖怪ウォッチ4++』。本作は2019年6月に発売された『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』に新要素を追加した作品で、新たな妖怪との出会いやストーリークエストが用意されている。ついに発売を迎えた今回は、注目の新要素となるマルチプレイ「ぷらぷらバスターズ」について紹介していこう!




前回までの特集記事はこちら

ともだち妖怪と協力して戦うマルチプレイアクション

「ぷらぷらバスターズ」は、ネットワークを利用して最大4人まで、一緒にプレイすることができるマルチプレイバトル! 本編7章で発生するクエスト「地獄の底からGOGOGO!」をクリアすると遊べるようになる、『妖怪ウォッチ4++』ならではの注目要素となっている。

妖魔界の新エリア「釜ゆで地獄」にある「バスターズ地獄基地」からスタートし、ミッション内に出てくる敵妖怪や強力なボス妖怪の討伐を目指していく。新ボス妖怪として「のぼせトンマン」が登場! ジバニャンたちと比べてもかなり巨体なのぼせトンマンの一撃は、かなり重そうだ。いったい、どんなバトルが待ち受けているのだろうか?



使用できるキャラクターは妖怪のみ! 妖怪にはそれぞれ、物理攻撃がメインの「アタッカー」、回復を得意とする「ヒーラー」、高い防御力で仲間の盾になる「タンク」、妖術攻撃で遠隔から敵を狙える「シューター」の4つの役割がある。それぞれの役割を意識しながら、チームのみんなと協力しながら戦っていこう。

妖怪同士でチームを組んだら、ミッションに出動! クリアすると「バスターズランク」が上がって、挑戦できるミッションが増えていく。「ぷらぷらバスターズ」では本編のレベルは関係なく、新規で「バスターズレベル」を上げていくことになる。ミッションで入手できる「鬼玉」を集めると、レベルアップや限定アイテムと交換することが可能だ。



エリア内には、ケータたちウォッチャーを含む人間キャラクターがいることも! 彼らにとりつくことで操作が可能となり、その人間キャラの能力を使えるようになる。犬や魂サルなど、意外なキャラクターにもとりつけるようだ。


新エリア「団々坂」にある銭湯のバトルでは、ウォッチャーたちが水着姿で登場する。

映画&新アニメの主人公も参戦!?

12月13日(金)公開の「映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか」&新作アニメ「妖怪学園Y ~Nとの遭遇~」(12月27日(金)放送スタート予定)の主人公「寺刃(じば)ジンペイ」も、とりつきキャラとして『妖怪ウォッチ4++』に参戦! アニメよりひと足先に、彼の活躍を目撃しよう。




▼PS4『妖怪ウォッチ4++』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

妖怪ウォッチ4++

・発売元:レベルファイブ
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:RPG(クロスメディアプロジェクト)
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,480円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,128円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン:2~4人)
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『妖怪ウォッチ4++』記事はこちら

------------------------------------------


『妖怪ウォッチ4』公式サイトはこちら

『妖怪ウォッチ4』公式Twitterはこちら

© 2019 LEVEL-5 Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン