PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「プレイステーション」が「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」のギネス世界記録に!

by PS.Blogスタッフ 2019/12/04

誕生25周年の節目に、「プレイステーション」が「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」ギネス世界記録に認定!

12月3日(火)に開催した「PlayStation®Awards 2019」。1994年12月3日(土)に発売した初代「プレイステーション」25周年となったこの日、「PlayStation®Awards 2019」授賞式に先立ち、ギネス世界記録の認定式が行なわれました。

「プレイステーション」としてギネスワールドレコーズより認定されたギネス世界記録は、「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」(Best-selling videogame home console brand ever)です。「プレイステーション」ブランドの据え置き型コンソールである「プレイステーション」(1994年12月発売)、「プレイステーション 2」(2000年3月発売)、「プレイステーション 3」(2006年11月発売)および「プレイステーション 4」(2013年11月発売 / 国内では2014年2月発売)の累計販売台数(*)が世界一と公式に認定されました。

*4億5019万台(2019年11月7日(木)時点)。VG Chartzによる推定数値。



認定式では、今年4月にソニー・インタラクティブエンタテインメント社長 兼 CEOに就任したジム・ライアン、"プレイステーションの生みの親"である元ソニー・コンピュータエンタテインメント名誉会長の久夛良木 健が登壇。ギネスワールドレコーズジャパン代表の石川 佳織氏より、ギネス世界記録公式認定証が授与され、この歴史的な瞬間を見届けるため、「どこでもいっしょ」のトロと「サルゲッチュ」のピポサルも会場に駆けつけました。




ジム・ライアンと久夛良木 健から喜びと感謝のコメント

認定証を授与されたジム・ライアンと久夛良木による、喜びと感謝の言葉をご紹介します。ジム・ライアンは通訳を介さず、日本語でスピーチしました。



ソニー・インタラクティブエンタテインメントから、 ありがとうございます。
素晴らしいアワード、光栄です。
「プレイステーション」をサポートしていただいた全ての皆さん、
社員はもとより、素晴らしいパートナーの皆さん、
そして一番は、「プレイステーション」ユーザーの皆さんのおかげです。
私はイギリス人ですから、イギリス生まれのギネス世界記録をいただけることは、とてもとても光栄です。
「プレイステーション」はエキサイティングな未来です。
「プレイステーション」は、もっともっと頑張ります。
ありがとうございました。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント 社長 兼 CEO
ジム・ライアン




皆さんこんにちは。久夛良木です。1994年12月3日に「プレイステーション」がちょうど発売されたこの日、25年前になります。歴代の「プレイステーション」が、「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」としてギネス世界記録に認定されたことを大変誇りに思うと同時に、「プレイステーション」をここまで温かくサポートしていただいた関係者の皆様、そして何より、25年の長きに渡って「プレイステーション」でたくさんのゲームを遊んでいただいた全世界のユーザーの皆様に、心より感謝を申し上げます。

思い返せば25年前、新たなコンピュータエンタテインメントの誕生を夢見て「めざせ、100万台」のキャッチコピーを、多少背伸びしながらも天高く掲げさせていただいた時の高揚感を、今では懐かしく思い出しています。当時、最高のエンタテインメントジャンルに育てあげたいという熱い思いを込めて、「プレイステーション」というプラットフォーム名称を名付けさせていただきました。

今回のギネス認定を大きな一里塚として、今後も世界中のユーザーの皆様に愛されながら「プレイステーション」が牽引するさらなる未来のエンタテインメントの大躍進を、"プレイステーションの生みの親"として楽しみに見守っていきたいと思います。本日はありがとうございました。

元ソニー・コンピュータエンタテインメント 名誉会長
久夛良木 健



記事を探す
トップに戻るボタン