PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『スターオーシャン1 -First Departure R-』本日配信! WEB動画「カンストTV」で紹介動画番組も公開中!

by PS.Blogスタッフ 2019/12/05

人気RPGシリーズ「スターオーシャン」第1作目がHD画質で蘇る!

初代『スターオーシャン』のHD移植となる、PlayStation®4ダウンロード専用タイトル『スターオーシャン1 -First Departure R-』が本日12月5日(木)配信開始!

『スターオーシャン』は1996年に発売し、2007年にはPSP®「プレイステーション・ポータブル」で『スターオーシャン1 First Departure』としてリメイクされた、SFとファンタジーが融合したストーリーが話題を集めたRPG作品。この記念すべきシリーズ第1作目がHD画質に対応、新要素を追加してPS4で蘇る!




【PROLOGUE】

宇宙歴346年
今、未知の力により新しい時代が始まろうとしていた──

物語は、未開の惑星ロークから始まる。主人公のラティクスが住むクラトスは辺境と言われる大陸ムーアの南端に位置し、事故や事件とは無縁の、平和ではあるが退屈な町だ。

ある日、自警団の一員として村の警護をしているラティクスの元に、隣町で正体不明のはやり病がまん延している、という報告が入る。それは、生きたまま身体が石化していくという、今までにない奇病だった。



隣町に乗り込んだラティクスは親友のドーン、ミリーと共に、万病に効く薬草が生えていると伝えられているメトークス山の山頂を目指す。山頂に向かうと、ラティクスたちは光の柱の中から現れたロニキス、イリアと出会う。

この出会いが、星の海を巡る物語の始まりだった──。


より美しく、より快適に楽しめる5つの新要素

本作は画質がHD化されただけでなく、原作版声優による完全新規収録のフルボイスや、原作版デザイン準拠で新たに描き下ろしたキャラクターイラストを、それぞれPSP®「プレイステーション・ポータブル」版と切り替える機能を追加。原作版、PSP版それぞれのファンが楽しめる内容となっている。

また公開中のプロモーショントレーラーでは、これらの新要素が紹介されているのでチェックしておこう。




【1】ゲーム画面のHD化

『スターオーシャン1 First Departure』(以下『FD』)ではSD画質だったのに対し、『スターオーシャン1 -First Departure R-』(以下『FDR』)はHD画質にアップコンバートし、グラフィックやムービーの品質が向上! より美しい描画で『スターオーシャン』の世界を楽しめる。


『FD』版

『FDR』版



【2】原作版デザインの新規イラスト描き下ろし&キャライラスト切り替え機能

キャラクターイラストは『スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-』のキャラクターイラストを手掛けたエナミカツミ氏により、原作版デザインで新たに描き下ろし。『FD』版と『FDR』版のイラストは、ゲーム中に好きな方を選択して切り替えることができる。


『FD』版

『FDR』版



【3】原作版声優によるフルボイス化&ボイス切り替え機能

原作版ではバトル以外のボイスがなかったため、原作版声優のボイスを新たに収録し、『FD』版と同様にフルボイス化! また、『FD』版と『FDR』版の好きな方のボイスを選択して切り替えることも可能。


『FD』版
CV:宮野 真守

『FDR』版
CV:優希 比呂



【4】フィールド移動の倍速機能

フィールド移動時の倍速機能を追加。より快適なゲームプレイが可能となっている。



【5】ゲームバランスの調整

バトルの難易度を調整し、「スターオーシャン」シリーズらしい歯応えのある戦闘が楽しめる。

冒険を彩る奥深いゲームシステム

人気RPGシリーズの第1作を蘇らせた本作には、のちのシリーズ作品にも踏襲されていく特徴的なシステムが搭載されている。奥深いバトルや育成、そして仲間との絆を育むゲームプレイを体験しよう。



バトルフィールドを縦横無尽に駆け回る!

奥行きのあるフィールドをキャラクターたちが駆け回り、簡単な操作で賑やかなバトルが展開。操作できるのは、基本的にリーダーとして選択されているキャラクター1人だが、バトルの途中で切り替えることも可能。近接攻撃と紋章術が得意なキャラを上手に使い分けよう。

また「作戦」や「隊列」を変更することで、バトルを有利に進められるようになる。バトルフィールドや敵に合わせて、臨機応変に設定したい。


スキルを修得して冒険を有利に進めよう!

町にあるスキルギルドでスキルの情報を購入後、SPを割り振ることでスキルを修得できる。ステータスが上がるものや特技を覚えるものなど、さまざまな種類があるので、プレイスタイルに合わせて修得しよう。


スキルの組み合わせで強力な特技を覚えよう!

決まった組み合わせのスキルを修得すると、特技を覚えられる。町から離れた場所でも買い物ができる「ファミリア」、戦闘後の獲得経験値を増やすことができる「修行」など、種類はさまざま。特定の組み合わせの特技をパーティの何名かが修得すれば、「スーパー特技」を使うことも可能に!


仲間の素顔や秘密を垣間見る「プライベートアクション」

「プライベートアクション(PA)」とは、仲間が町で自由に行動する特殊なイベント。町の入り口で「PA」を実行した場合、キャラクターたちは好きなように町での時間を過ごし始め、話しかけるとそれぞれのイベントを見ることができる。

「PA」の発生自体が別の「PA」の発生条件になっているものがあり、違う町でのイベントの続きや、ストーリーやエンディングに影響を及ぼすものある。また「PA」の結果によっては、キャラクター間の感情に変化が現れることも。


「感情度」による仲間同士の絆が物語を左右する

「感情度」は、仲間同士がお互いをどう思っているのかを表わす要素。ゲーム中の行動の積み重ねによって、少しずつ変化していく。

「PA」やバトルによって変化し、「感情度」によって珍しい「PA」を体験できるうえ、戦闘を有利に進められるようになる。シナリオやエンディングも変化し、特定の条件を満たすと特殊なエンディングが出現することも......!?


「アイテムクリエーション」で冒険に役立つアイテムを作成しよう!

「アイテムクリエーション(IC)」とは、調合や錬金のように元のアイテムから新しいアイテムを生み出したり、正体不明のアイテムを鑑定したりする、アイテムに関連した特技のこと。特技レベルを高めることで、成功率がアップするほか、強力な装備や防具などを作り出せるようになる。

優秀な回復アイテムを作成できる「調理」、対象となったアイテムとそっくり同じアイテムを作り出す「複製」、武器を改造できる「カスタマイズ」など便利なものばかりで、冒険に欠かせない要素となっている。


それぞれのキャラクターが持つ「タレント」

「タレント」とは、キャラクターが持っている才能のことを指す。キャラクターの個性ともいえるステータスで、「IC」の結果に大きな影響を与える。

各「IC」にはそれぞれ対応する「タレント」があり、その「タレント」を持っているキャラクターは該当「IC」の成功率が高く、才能を発揮することができる。物語を進めていくと、キャラクターが持っていなかった新しい「タレント」を開花する場合がある。

星の海を旅する仲間たち

ラティクス・ファーレンス

Ratix Farrence

CV:優希 比呂(『FDR』版)
   宮野 真守(『FD』版)

惑星ロークに住むフェルプール(猫科の生物を祖先とする、獣の尻尾を臀部に持つ好奇心旺盛な種族)。一見、思慮深く物静かな印象があるが、実はかなりの熱血漢。クラトスの自警団にミリーやドーンらと共に所属する。父親は自警団のリーダーであったが、彼が幼い頃に殉職。剣術に長けており、類稀な才能を秘めているようだ。




ミリー・キリート

Milly Kiliet

CV:吉田 小南美(『FDR』版)
   生天目 仁美(『FD』版)

フェルプールの見習い法術師。ラティクスの幼なじみで、彼女も自警団に所属している。若さゆえに自分の想いに正直になりきれないが、さまざまな出来事を経て、次第に成長していく。父親から法術の指導を受けており、回復の呪文を使いこなす。




ドーン・マルトー

Dorn Marto

CV:檜山 修之(『FDR』版)
   伊藤 健太郎(『FD』版)

フェルプールの剣士。ラティクスやミリーとは自警団の同僚かつ幼なじみ。快活なムードメーカーながら、鋭い観察眼と強い信念を持つ。ミリーにひそかな想いを寄せているが、それだけに彼女の胸中も理解している。




ロニキス・J・ケニー

Ronixis J. Kenny

CV:岡森 諦(『FDR』版)
   浜田 賢二(『FD』版)

地球連邦軍の大佐で、ローク調査団のリーダーとして派遣された。常に冷静沈着、大局的な物の見方をする理性派の軍人だが、意外と情に脆い。また、自分が正しいと信じたことならば命令違反さえ辞さない頑固な一面もある。




イリア・シルベストリ

Iria Silvestoli

CV:山崎 和佳奈(『FDR』版)
   小林 沙苗(『FD』版)

ロニキスの副官を務める女性士官で、常に彼と行動を共にしている。若くして博士号を取得し、さらに格闘術にも長けるという才女。性格は明るく陽気なため、あまり軍人らしくは見えない。


PS Storeで通常版とサントラ付属『デジタルデラックス版』を販売中!

本作は、PlayStation™Storeにて通常版と『デジタルデラックス版』を販売している。『デジタルデラックス版』には、2019年5月に開催された、桜庭統氏による「STAR OCEAN LIVE COLLECTION 2019」のLIVE音源を収録したデジタルサウンドトラックが付属する。



▼PS4『スターオーシャン1 -First Departure R-』のPS Storeでの購入はこちらから

WEB動画「カンストTV」で「飯窪春菜とカン太のゲームフューチャー!『スターオーシャン1 -First Departure R-』編」が本日スタート!

スクウェア・エニックスの公式ストリーミング配信スタジオ「SQUARE ENIX PRESENTS」による動画コンテンツレーベル「カンストTV」にて、「飯窪春菜とカン太のゲームフューチャー!『スターオーシャン1 -First Departure R-』編」が本日12月5日(木)よりスタート!

この動画では、本日配信の『スターオーシャン1 -First Departure R-』をフィーチャーし、飯窪春菜さん(モーニング娘。OG)とカンストTVオリジナルキャラクターの「カン太くん」(声:吉田尚記さん ニッポン放送アナウンサー)がプレイ! ゲストとしてお笑い芸人「アイデンティティ」のお2人と「BAN BAN BAN」山本さんが登場し、「スターオーシャン」にまつわるさまざまなお題にチャレンジしていく。

動画は毎週木曜、全3回のシリーズで公開される。



「飯窪春菜とカン太のゲームフューチャー!『スターオーシャン1 -First Departure R-』編」第1話はこちら!


<出演者> ※敬称略
飯窪春菜
吉田尚記(声の出演)
「アイデンティティ」田島直弥、見浦彰彦
「BAN BAN BAN」山本正剛


<配信日>
第1話:2019年12月5日(木)
第2話:2019年12月12日(木)
第3話:2019年12月19日(木)

「飯窪春菜とカン太のゲームフューチャー!」とは?

ゲームが大好きな女の子「はるなん」は、突如未来の地球からやってきた「カン太」と一緒に、未来の地球で大流行(!?)したというスクウェア・エニックスのゲームをプレイ!

今回のタイトルは『スターオーシャン1 -First Departure R-』。カン太は本作にまつわるお題とご褒美を用意してくれていた。すると突然、謎の3人組が乱入! 何やら「スターオーシャン」シリーズにゆかりがある(?)ようで、お題を手伝ってくれることに。果たして無事にクリアすることができるのか!?




「カンストTV」全シリーズの視聴はこちら

「SQUARE ENIX PRESENTS」チャンネルはこちら

「カンストTV」公式Twitterはこちら


------------------------------------------

スターオーシャン1 -First Departure R-

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:RPG
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 通常版 販売価格 3,520円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス版 販売価格 5,500円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------

PS.Blogの『スターオーシャン1 -First Departure R-』記事はこちら

------------------------------------------


『スターオーシャン1 -First Departure R-』公式サイトはこちら

『スターオーシャン1 -First Departure R-』公式Twitterはこちら

© 1996, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Original version developed by tri-Ace Inc.
※画面はすべて開発中のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン