PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』に参戦する全騎空士を徹底解説【特集第2回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2020/01/30

Cygamesとアークシステムワークスのタッグで送るPlayStation®4用ソフトウェア『グランブルーファンタジー ヴァーサス』(以下『GBVS』)。この記事では『GBVS』に参戦する11人のキャラクターや、DLCで登場予定のキャラクターの見どころを電撃PlayStationがお届けする。


『グラブル』とは

サービス開始から間もなく6周年を迎えるブラウザ&スマホ向けRPG。いくつもの空に浮く島々からなる世界を、空を飛ぶ船「騎空艇」で渡り歩く冒険譚が描かれる。メインクエストだけでなく、シナリオイベントやSIDE STORYなど、ボリュームはバツグン。定期的に育成面が拡張されるやり込み要素の豊富さも魅力だ。


前回の特集記事はこちら

『GBVS』に参戦する11人のキャラクター

グラン (CV:小野友樹)

『グラブル』本編の主人公。行方不明の父親の姿を求めて、空の世界を旅している。本作では、接近戦を得意とするスタンダードな性能のキャラクター。飛び道具、突進技、対空技と、対戦格闘における定番の技を持っているので、さまざまな状況に対応しやすい。

解放奥義「カタストロフィ」では、魂を共有している少女・ルリアの力を借りて神にも等しい力を持つ星晶獣を召喚する。



カタリナ (CV:沢城みゆき)

元々ルリアを捕らえる立場にいたが、持ち前の正義感の強さから帝国に反旗を翻した女騎士。グランと同じくスタンダードな性能をしているが、カタリナのほうがやや通常技のリーチに優れており、中距離で立ち回りやすい。

カタリナの解放奥義は星晶獣アレスとともに繰り出す連続攻撃。息の合ったコンビネーションで相手を打ち倒す!



シャルロッテ (CV:名塚佳織)

リュミエール聖騎士団団長を務める人物で、歴代最強とうたわれるほどの剣の腕前の持ち主。高潔な人柄から部下からの信頼も厚いが、お子様ランチが好きという子どもっぽい一面もある。ハーヴィンという小柄な種族の出自ゆえ、リーチの短いキャラクターだが、ダッシュやジャンプが素早く、接近戦で相手のガードを崩す手段や攻めを継続する手段が豊富。

一時的に剣に光をまとわせるシャルロッテの解放奥義。頭上に高々と剣を掲げたのち、勢いよく前方にたたきつける。



ランスロット (CV:小野友樹)

フェードラッヘ王国・白竜騎士団団長を務める。忠義に厚く、祖国のためならば自身の身を危険にさらすことも辞さない。大国の騎士団長にふさわしい腕前の人物だが、部屋の片づけが苦手で幼なじみに任せていることが多い。本作では2本の剣を駆使する、スピード重視のキャラクター。攻撃をいつ止めるかといったフェイントなどを織り交ぜて、相手に反撃のマトを絞らせない戦い方を得意とする。

奥義「ヴァイス・フリューゲル」は『グラブル』本編でもおなじみの技。突進がヒットすると無数の斬撃で相手を斬りつけ、大ダメージを与える。



パーシヴァル (CV:逢坂良太)

代々王族を輩出している名家の出自。かつてランスロットと同じ黒竜騎士団に所属していたが、今は自分の理想とする国造りのために諸国をめぐっている。本作では動きこそやや遅めながら、一時的にアビリティの性能を強化できたり追撃可能な投げ技があったりと、攻めの選択肢が豊富なキャラクターとなっている。

「炎帝」の異名を持つパーシヴァル。奥義や解放奥義では。画面を覆いつくすほどの業火が相手を襲う。



フェリ (CV:米澤円)

ある特殊な事情から、死後も幽霊として空の世界に存在している少女。別れ別れになった妹を長年待ち続けていたが、グランたちの説得で妹のたどった軌跡を巡る旅に出る。常に幽霊のペットを従えており、本作では自身の手にしたムチとペットによる遠距離主体の立ち回りで、相手を近寄らせない戦いを得意とする。

フェリの解放奥義は、ムチで拘束した相手にペットたちが次々と突撃する「エーテライト・レクイエスカ」。ラストはフェリ自身の攻撃で大爆発を引き起こす。



ローアイン (CV:白石稔)

カタリナにひと目ぼれして、押しかけ気味に騎空団の料理担当となった自由人。言葉づかいこそチャラチャラしているが、性格はマジメ。本作ではダチ公のエルセム、トモイと協力して強者ぞろいの戦いを生き抜いていく。さらに、エルセムたちとのたわいもない話で生まれた妄想の産物もなぜか呼び出すことができる。

星晶獣ユグドラシルを呼び出して、一定時間自分で操作できる解放奥義。このユグドラシルもローアインたちの妄想の産物のひとつだ。



ファスティバ (CV:稲田徹)

カジノ艇の大人気興行「デュエル」の花形デュエリスト。なによりも大切なものは愛であるという考えのもと、誰よりも慈しみ深い心を持つことを忘れない。プロレスのようなバトルスタイルが特徴で、強烈な投げ技やドロップキック、ラリアットなど、豪快かつ観客がわくような攻撃を自在に繰り出す。

奥義「ラヴマックス・ボンバー」はラリアットからドロップキックにつなげる、力強いアクション。相手によってドロップキックを受けた際の表情が異なるのもポイント。



メーテラ (CV:柚木涼香)

自らの魔力だけで空を飛ぶという、この世界では稀有な才覚の持ち主。故郷の森で祀られる神殿を見守る一族に生まれたが、退屈な毎日に飽きて気の向くままに世界を旅している。手にした「魔道弓」から繰り出す変幻自在の軌道を描く矢と、空中での機動力を生かして戦う、遠距離戦重視のキャラクターだ。

解放奥義の「ラピッド・パルパーション」は、無数の矢を放つ飛び道具。近距離でヒットすると、ムチのようにしなる蹴りで追撃する。



ゼタ (CV:花澤香菜)

星晶獣狩りを目的とする「組織」に属する戦士。相棒のバザラガとは任務中に衝突することが多いが、互いの信頼は厚い。封印武器と呼ばれる「アルベスの槍」の使い手で、本作では槍を使った中距離戦や空中からの攻めを得意とする。

空中へと突進攻撃を繰り出す解放奥義「シリウスロア」。近距離でヒットすると、アルベスの槍から放たれる青い光で追撃を行なう。



バザラガ (CV:立木文彦)

ゼタと同じく「組織」に属する寡黙な男。その威圧感ある外見に反して、性格は冷静沈着。手に持つ禍々しい大鎌の刃は相手を圧倒し、痛覚を失っているその巨躯は戦意を削ぐ。本作でも相手の攻撃に耐えながら反撃する、肉を斬らせて骨を断つような立ち回りが可能だ。

奥義「ブラッディ・ムーン」では、たった一振りしただけの鎌から無数の斬撃が繰り出され、相手を切り刻む。



このように『GBVS』には『グラブル』本編に登場した、さまざまな人気キャラクターが集う。もちろん、VSモードで対峙した際にはキャラクター同士の掛け合いも用意。異なる国の騎士同士や普段の相棒、自分と同一の人物など、相手によって異なる会話がキャラクターの魅力をより引き出している。

DLCで戦いはさらに激化する!

本作には上記11人に加えて、DLCでさらなるキャラクターの参戦が予定されている。『キャラクターパスセット』や『デジタルデラックス』に同梱されている「キャラクターパス1」では、5名のキャラクターが登場。ここでは現在情報が公開されている4名を紹介していく。



黒衣の男 (CV:小西克幸)

太古の時代に空の世界を侵略した星の民のひとり。至高の存在となることに異常なほどのこだわりを持つ。『グラブル』本編では、一度世界を滅ぼして、その後の世界に君臨することを画策していた。
(3月上旬追加予定。RPGモードのクリアでも使用可能に)



ナルメア (CV:M・A・O)

狂気的な鍛錬の末、常人を遥かに超えるほど卓越した剣技を身に着けた剣士。過去に自分が受けた事柄からのコンプレックスの裏返しとして、年下、とくに子供に対して非常に甘く面倒見がいい。『GBVS』では「神楽」と「源氏」という2つの構えを切り替えながら戦うことが可能だ。
(3月上旬追加予定)



ソリッズ (CV: 小山力也)

若いころさまざまな武闘大会を制してきた、凄腕の老人。現在でも鍛錬を欠かさず、自らの修行場に足しげく通っている。だが、その真の目的は修行場近くの女湯をのぞくことだとか......。
(4月上旬追加予定)



ジータ (CV:金元寿子)

『グラブル』本編における女性主人公(『グラブル』本編では主人公の性別を任意に変更可能)。『GBVS』では男性主人公のグランと同様に、スタンダードな性能のキャラクターになる。



「キャラクターパス1」で追加される最後のキャラクターは、3月に予定されている『グラブル』6周年の生放送で発表される予定。さらに、今後もDLCでキャラクターが追加される予定であることも発表されている。発売後にどこまで世界が広がるかわからない『GBVS』。2月6日(木)の発売を心待ちにしつつ、DLCの続報もチェックしていこう!


------------------------------------------

グランブルーファンタジー ヴァーサス

・発売元:Cygames
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:対戦アクションRPG
・発売日:2020年2月6日(木)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 6,980円+税
    パッケージ版 プレミアムエディション 希望商売価格 11,860円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 7,679円(税込)
    ダウンロード版 キャラクターパスセット 販売価格 10,846円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 13,046円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン対応)
・CERO:B(12才以上対象)

※ダウンロード版は、2020年2月5日(水)までの予約購入で通常価格より10%OFFになります。

------------------------------------------

PS.Blogの『グランブルーファンタジー ヴァーサス』記事はこちら

------------------------------------------


『グランブルーファンタジー ヴァーサス』公式サイトはこちら

© Cygames, Inc. Developed by ARC SYSTEM WORKS

記事を探す
トップに戻るボタン