PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

効果選択式のコマンド追加や利便性を向上! 『Winning Post 9 2020』の「絆コマンド」はここが変わった!

by PS.Blogスタッフ 2020/02/21


3月12日(木)にPlayStation®4で発売される、競馬シミュレーションゲームの決定版「Winning Post(ウイニングポスト)」シリーズ最新作『Winning Post 9 2020』。

「Winning Post 8」シリーズで好評だった「子孫継承システム」の復活&進化に加えて、ドラマ性と攻略性を融合させた「絆コマンド」を戦略性豊かにパワーアップ! さらにクラブ運営や未来シナリオ、能力エディットなど、多数の機能を追加。もちろん最新の競馬データにも対応している。




今回は、「絆コマンド」の新要素や前作『Winning Post 9』からの変更点を詳しく紹介。過去のシリーズで好評だった一口クラブの復活、最初から実装されるオンライン対戦などの要素についてもお伝えしよう。

使いやすさと戦略性が向上した「絆コマンド」で馬主ライフがさらにパワーアップ!

プレイヤーがさまざまな人物と絆を結ぶことで獲得でき、使用すると所有馬の強化をはじめとした多様な効果を得られる「絆コマンド」。前作における絆コマンドの獲得条件は主に"重賞レースでの勝利"だったが、好走するだけで獲得できたため、やや単調な展開になりがちだった。本作では文字通りに人物たちとの絆を深めたり、絆を深めた相手と大レースを勝利したりすることで、さまざまな絆コマンドを獲得できる。




「豪華併せ馬」は、重賞馬2頭の能力をさらに引き出す絆コマンド。重賞馬2頭を用意するのは難しいうえに実行すると疲労も溜まるが、大きな効果を得られる。ハイリスク・ハイリターンなコマンドだ。


「フューチュリティエール」は、アリス・リードだけがくれる専用の絆コマンド。アリスは保育士を目指しており、若駒(2歳馬)を応援するのが大好きなキャラだ。実行すると若駒を強化できる。



絆コマンドにおける前作からの変更点

効果を選択できる絆コマンドの追加

前作では、レースの好走によってもらえる絆コマンドがランダムだったため、戦略を立てづらかった。そこで本作では、頻繁に使用することになる騎手と調教師の絆コマンドは、複数の効果から選べる形でもらえるように改良されている。



上の画面は、新しい絆コマンド「騎手との絆・強」の実行シーン。今週の出走馬の闘志を上げる「闘志追切」、競走馬を4週間鍛えられる「新馬追切」、騎手自身を強化する「技術開眼」という3つの効果から選択できるので、状況に応じて使い分けることが可能。プラス要素とマイナス要素を併せ持つ効果もあるため、どのように使うかが攻略の鍵となる。



競走馬画面から直接実行できるように改良

前作の絆コマンドはメイン画面からでしか実行できないうえに、メイン画面→絆コマンド→実行したい競走馬を探すといった手順だったので、目当ての競走馬を探しづらいという難点があった。本作では、絆コマンドを競走馬画面から直接実行できるように変更。



使用する際は残っている絆コマンドの数や効果が表示されるようになり、より直感的な使用が可能に! また、絆コマンド実行後にどんな影響があったのかも確認しやすくなった。



能力アップなど永続的な効果を持つ絆コマンドを使用すると、競走馬画面の「絆効果」という欄にその効果がセットされる。また、期間限定の効果があるコマンドを実行した場合、効果発揮中の期間のみ効果が表示される。たとえば、騎手からもらえる絆コマンド「鞍上の教え」は、疲労はたまりやすいが、競走馬のレース後の育成効果を4週間にわたってアップさせられる。多少の無理をしてでもレースに出走&勝利して、能力経験値を大幅に獲得するといった戦略も可能だ。

好評だった一口クラブの運営要素が復活!

本作では、過去のシリーズで好評だった一口クラブの運営要素が復活! 一口クラブとは、1頭の競走馬をひとりのオーナーが所有するのではなく、複数人の出資者を募って所有する制度のこと。出資金やレースの賞金が出資者で頭割りとなるので、馬主にはなれないという一般の競馬ファンでも参加しやすい。



「Winning Post」シリーズにおける一口クラブは、プレイヤーがクラブ法人を設立。プレイヤーが生産・購入した2歳馬をクラブで募集し、その馬の売れ行きや活躍による賞金で、クラブ法人を経営していく。



一口あたりの価格を安くすると売れ行きはよくなるものの、クラブの評判は伸びないため、適正な価格付けが求められる。また、プレイヤーの設立したクラブ法人には知人が入会し、募集馬に出資することも。

ほかにも馬主ライフを充実させる追加要素が!

他プレイヤーの競走馬とオンライン対戦で腕試し!

自らが生産、育成した馬で全国のプレイヤーと戦える! ゲーム中に特定の条件で特定のGIレースに勝利すると、そのままオンライン対戦に進み、同様にそのGIレースを勝利した他のプレイヤーの馬たちを相手に腕試しができる。

オンライン対戦で好成績を収めると、特殊な毛色の幼駒を生産できるアイテムや、牧場長として雇える新キャラクターといった、さまざまな報酬を獲得可能!




「カスタムレース」に実在の名馬を簡単登録!

プレイヤーが育てた競走馬は、競馬場、コースの種類、条件などを設定できる「カスタムレース」に出場させられる。本作では、パスワードで競走馬を登録することも可能だ。


また新たな要素として、カスタムレースではディープインパクトをはじめとした実在の名馬たちの登録もカスタムレース上で簡単に行なえる。育てた競走馬を名馬と競わせて能力を確認したり、ディープインパクトVSオルフェーヴルVSアーモンドアイのような夢の対決を楽しんだりすることもできる。




2019年に行なわれた「有馬記念」までの最新の競走馬データを収録!

2019年の2歳GI「ホープフルステークス」を無敗で制覇し、今年のクラシックにおける大本命と言われているコントレイルはもちろん、2018年の「有馬記念」を制覇し、2019年には「凱旋門賞」にも出走した古馬のトップホース、ブラストワンピースも最新の能力データで登場!


まだ見ぬ戦いの歴史が「2021年開始シナリオ(未来シナリオ)」で描かれる!

アーモンドアイなどの現在のスターホースたちがすべて引退し、種牡馬や繁殖牝馬として登場する2021年の未来世界が楽しめる「2021年開始シナリオ(未来シナリオ)」も用意。名馬たちの誇りをかけた戦いによって築かれてきた日本競馬の歴史──そして今、新たな戦いの歴史が始まる!


競馬では、多数の名馬を送り出した血統は「系統」と称され、配合の際には父方と母方の系統の組み合わせによる能力遺伝も重視される。本作では、現在の日本競馬で数々の活躍馬を輩出しているディープインパクトの系統や、米国競馬で隆盛を誇るエーピーインディの系統などを「2021年開始シナリオ」に追加。新たな系統を配合でどのように使うかが、プレイヤーの腕の見せどころとなる。



------------------------------------------

Winning Post 9 2020

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:競馬シミュレーションゲーム
・発売日:2020年3月12日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,580円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『Winning Post 9 2020』記事はこちら

------------------------------------------


『Winning Post 9 2020』公式サイトはこちら

「ウイニングポスト」シリーズ公式Twitterはこちら

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン