SPECIAL

「CWL Fort Worth」に学ぶ5つのこと

2019.04.12

フォートワースを沸かせた大波乱と接戦の3日間は終わり、Luminosity GamingとFaZe Clan Blackがそれぞれ優勝を果たしました。

「コール オブ デューティ」eスポーツ史において今年のCWL Fort Worthは、「MTN DEW® AMP® GAME FUEL®オープンブラケット」初開催、「CWL Fort Worth Cup」の大波乱、そして“Luminosity Gamingの復活”が思い出されるイベントとなることでしょう。

ディビジョンAでは6位にまで順位を落としていたLuminosity Gamingが、トーナメントが始まってみれば対戦相手をねじ伏せ続け優勝。見事フォートワースカップを手にしています。本記事では、そんなCWL Fort Worthの3日間を振り返ってみたいと思います。

シーザー暗殺の日(その翌日も)は要注意

はるか昔、シーザー(ガイウス・ユリウス・カエサル)が暗殺された日とされる3月15日。奇しくも開幕日が重なったCWL Fort Worth Cupでは、初日から2日目にかけてCWL Pro Leagueトーナメントで大番狂わせや接戦が連発しました。

初日となる金曜には、プールAでCWL Pro LeagueのディビジョンA 7位と振るわないDenial Esportsが2位を確保、プールBでは3チームによるタイブレーカーが発生、そしてプールCはSplyceがあわや新星Midnight Esportsに敗北かという混戦模様。

ツイート訳:@Splyce が @GGMidnight_ に貫禄を見せ、マップ5 Search & Destroyに勝利! #CWLFortWorth #OnTheHunt

 

そしてプールDではTeam Reciprocityが1位を獲得し、ヨーロッパのファンを沸かせました。特にOpTic Gaming戦では5ゲームを戦い抜き、最終的には見事な戦略でSearch & Destroyの勝利を収めています。

ツイート訳:「Green Wall」が最初のマッチを落とした!勝ったのはゲーム5を押さえた @TeamReciprocity !  #CWLFortWorth

 

なおOpTic Gamingの名誉のために補足しておくと、以後のプールプレイではCWL Pro LeagueのディビジョンB 2位のeUnitedに完勝しています。

ルーザーズブラケットでは、CWL Pro Leagueで好調なHereticsがTeam Envyを撃破。そして「コール オブ デューティ」eスポーツには参入したばかりのGen.Gが、地元開催で大本命だったOpTic Gamingにゲーム5のSearch & Destroyで勝利、OpTicを大会敗退に追い込みます。

ツイート訳:Green Wallがここで敗北!マップ5の勝者は @GenG 、 @OpTicGaming はここで敗退決定!#GenG #CWLFortWorth

FaZe Clan Blackは止まらない

新形式移行後、初開催となるMTN DEW® AMP® GAME FUEL®オープンブラッケット。180を超える参加チームを退け初代王者に輝いたのは、強豪FaZe ClanのアカデミーチームFaZe Clan Blackでした。

優勝までの勢いは凄まじく、特に最後にはアジア・太平洋地域の強豪Mindfreakを24時間のあいだに2回撃破しています。

FaZe Clan Black優勝までの軌跡や、新形式トーナメントに対するチームオーナー・プレイヤーの印象についてはこちらの特集記事にまとめていますので、ご覧になってみてください。

憧れのプレイヤーには会うべからず

Enigma6のFrosty (Bradley Bergstrom)にとってLuminosity GamingのFormaL (Matthew Piper)は憧れの存在。今回ついに対峙できたFrostyでしたが、試合結果は散々でした。

2人はそれぞれ別タイトルでeスポーツキャリアをスタートして競技シーン形成に尽力、その後CWLへ参入してきたプレイヤーです。CWL Fort Worth Cupウィナーズブラケット準決勝は、その両者が初めて「コール オブ デューティの競技者」としてメインステージで対戦する試合となりました。

結果だけ見ればLuminosity Gamingがさも当然のように圧勝した試合でしたが、どうやら物語は試合の外側でも起きていたようです。FormaLはこう説明しています。

「Frostyは冷静を保とうとしていたみたいだけど、アイツは俺の大ファンなんだよね。だから試合前は気合入っているだろうなと想像できた。こっちだって気合は入っていたからね、絶対に負ける訳にはいかない試合だったから。試合後に、“お前は俺の誇りだ。その調子でがんばれ。明日、グッドラック”ってメッセージを送ったんだ。将来有望で本当にいい子だし、順位は上げておくに越したことはないし」

SplyceにTempあり

ウィナーズブラケット決勝で激突したLuminosity GamingとSplyce。この試合こそHardpointとControlで圧倒したLuminosity Gamingが3-1で勝利を収めましたが、Splyceはそれでもリベンジの機会を虎視眈々と狙います。続くルーザーズブラケット決勝、対戦相手は何度も接戦をモノにして勝ち上がってきたダークホースTeam Reciprocityです。

ツイート訳:#CWLPS4 Fort Worthグランドファイナル進出を決めたのは @Luminosity ! @Splyce を3-1で破り、決勝の舞台へ!Splyce 対 @TeamReciprocity の勝者を待ち受けます。http://twitch.tv/callofduty #CWLPS4 | #CWLFortWorth

 

グランドファイナル進出に向けて絶好調のTeam Reciprocity。しかしそこで「待った」をかけたのがSplyceのTemp (Donovan Laroda)でした。

スコアは0-2という絶体絶命の状態。しかしSplyceはTempを柱として復調し、そこから3連勝で逆転勝利を収めています。

ツイート訳:0-2からの逆転劇! @Splyce が @TeamReciprocity を破り #CWLPS4 Fort Worth グランドファイナルへ進出!http://twitch.tv/callofduty #CWLPS4 | #CWLFortWorth

 

CWL Fort Worth CupでTempが叩き出した「ダメージ/分」成績は圧巻の480、これは全参加者中で最高の成績でした。彼には対戦相手も惜しみない称賛の言葉を贈っており、Splyceを撃破して優勝を決めたLuminosity Gaming所属プレイヤーにして本トーナメントAstro Gaming MVPに輝いたGunless (Peirce Hillman)もTempを以下のように評しています。

「Donny (Tempの本名・愛称)は今、リーグでトップ3に入るプレイヤーだと思う。ラスベガスも今回も凄まじかった。リスポーンダメージとSearch & Destroyダメージのトップ2は俺と彼だったわけだから、今回は頂上決戦だったってことだよね。アイツがいるとモチベーションが高まる。こっちがぬるい事をしたら徹底的に突かれるとわかっているから」

Gunless、再び優勝& MVP獲得

Luminosity GamingがCWL Fort Worth優勝を果たす原動力となったGunless (Peirce Hillman)。その活躍を讃えてAstro Gaming MVPアワードが授与されています。

これでGunlessはCWLイベント優勝経験5回、MVP獲得回数 4回となりましたが、チームメイトのFormaL (Matthew Piper)にとっては特に驚きもないようです。

「正直、イカれた強さだと思うよ。今このゲームで最強なのは間違いない。試合を支配する力があり、自分の役割も充分以上にこなす。誰が相手でも関係ない」

彼をMVPに導いた要因は何だったのでしょうか? Gunlessは「パブリックマッチをみっちり遊び、ゲーム以外の部分で体調管理をちゃんとすること」だと自己分析します。

「最近は健康に注意していて、だからメンタルもフィジカルも調子が良いのかな。ただ基本的にはイベント前日に自宅に戻って、イベントまでパブリックマッチをプレイしまくったおかげだと思う」

Luminosity Gaming、CWL Fort Worth Cup優勝おめでとうございます。Classic (Nicholas DiCostanzo)、FormaL (Matthew Piper)、Slacked (Josiah Berry)、John (Johnathon Perez)、Ricky (Richard Stacy)コーチ、そしてAstro Gaming MVPを獲得したGunless (Peirce Hillman) に心からの祝福を。

次回イベントは5月3~5日、CWL Londonです。また3月25日からはCWL Pro Leagueのディビジョン交流戦も始まっています。対戦カードやスケジュールについてはCWL Pro Leagueスケジュール (英語) をご確認ください。

 

※本記事で使用されている写真は https://www.callofduty.com/esports/story/2019-03/Fort_Worth_Recap_Full より一部引用しています。

『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』を始めよう