SPECIAL

Lucky: 僕らにとってコレこそがすべてだから

2019.06.10

by Alejandro "Lucky" Lopez

 

支えてくれたすべてのファンに、ありがとう。

そしてスペインのみんな、王者の称号を勝ち取って凱旋するつもりだからよろしく。

 「全員スペイン出身選手のチームはCWL史上初です。どんな気分ですか?」

僕らが「CWL Pro League」に参加して以来、この質問には何度となく答えてきました。参加権を勝ち取ったその日から、ファン、レポーター、キャスターはもちろん、時にはスタッフに聞かれることもあったほどです。

僕の答えは毎回同じで、「僕らにとってコレこそがすべてだから」と返しています。

3年前、JurNii (Juan Antonio González)と僕は別のリーグでGiantsの所属選手としてプレイしていました。当時のチームは素晴らしく、勝ちを重ねてタイトルを何度も手にしました。そんな時にTeam Hereticsのスタッフとオーナーたちに会ったんです。彼らは当時「コール オブ デューティ」eスポーツシーンに参入したいと考えていました。そして2016年8月、チームメンバー全員がTeam Hereticsに転籍。JurNiiと僕はそれ以来ずっとこのチームで戦い続けてきました。

その後の2シーズンはCWLグローバルイベントのオープンブラケットで競い続けてきました。あれは本当に、苦しかった。

イベントが終わる頃になると毎回、絶望と疲労に押しつぶされそうになっていました。2日にわたり激戦を繰り広げた末、結局チャンピオンシップブラケットから来たプロチームに叩き潰されるのは本当に精神にくるんです。

ツイート訳: 第1シードの貫禄! @OpTicGaming@TeamHeretics の試合はOpTic が3-1で圧勝! #CWLPS4 Atlanta王者誕生です!

 

今年の「CWL Pro League Qualifier」開幕前、僕らは2週間にわたってゲーミングハウスで集中合宿を行い、コーチとチームの臨床心理士とじっくり話をしました。メンタル面が弱いことを把握していたので、彼らの力を借りてポジティブな面に集中することに注力したんです。前年も「2018 Call of Duty World League Championship」に参加していましたが、そこでの惜敗を通じてチームとして強く成長できたと思います。それに、スペインという国全体が応援してくれていました。

そうして僕らは今季の「CWL Pro League Qualifier」に出場すべく、コロンバスに乗り込みました。全員意気込みも準備も万全。緊張はしていませんでした。誰と当たっても勝つための自信を築けていたからです。

その結果、僕らは本当に勝つことができた。

あの大会では、初勝利を収めたLightning Pandas戦で流れに乗れたのだと思います。「CWL Las Vegas」でいい動きをしていたチームだったので、彼らに勝つことで他のチームと対戦する上で必要な勢いをつけることができたんです。

ツイート訳: @TeamHeretics だ! 3-1で @LightningPandas を撃破!

 

翌日Team Envy戦で敗れたあとも、Lightning Pandas戦の勝利をしっかりと意識し、旧友であるGiantsを撃破することができました。そしていつの間にか、あと1マップ勝てばプロ入りというところまで勝ち進んでいたのです。

G2 Esports戦のラストラウンドのことは今でも昨日のことのように思い出せます。JurNiiは倒されたものの、MeTTalZz (Adrian Serrano)が大暴れ。僕も2人を倒し、相手の残り1人は排気口に潜んでいるとチーム全員が理解していました。あの瞬間、「CWL Pro League」入りできると確信したんです。

ツイート訳:༼ つ ◕_◕ ༽つ HERETICS! 僕のVamosを受け取って ༼ つ ◕_◕ ༽つ

※Vamosはスペイン語で「行こうぜ!」を意味する

 

あれは人生でもトップ3に入る最高の瞬間でした。思い出すと今でも鳥肌が立つくらいに。

僕らは「コール オブ デューティ」を長年プレイし続け、スペインのイベントやオープンブラケット大会を戦い抜いてきたチームです。そしてついに「CWL Pro League」のチームになった。それだけじゃない。祖国を代表して戦っている。“スペインを代表して”戦うことに対して僕らが抱く気持ちは、他のどんな事とも比較できないほど強いものなんです。

ここは厳しい世界ですが、最高に満たされる世界でもあります。ウチのファンは世界屈指の情熱で僕らを応援してくれます。米国におけるOpTic Gamingファンみたいな感じです。「CWL Pro League Qualifier」の開催期間中には「༼ つ ◕_◕ ༽つ Heretics! 僕のVamosを受け取って ༼ つ ◕_◕ ༽つ༼ つ ◕_◕ ༽つ」みたいなメンションが凄まじい数届きました。

だからすべてのファンに――最初から応援し続けている人も、Vamosの流行りに乗っかって見始めた人も――心から感謝します。本当に、本当に感謝しているんです。皆さんのサポートこそ僕らのすべてです。これも本当に何度も言っていることですが、僕らがこうして「CWL Pro League」にいられるのは、皆さんのおかげなんですから。

そして僕らはここまで来ました。当然、ファンの皆のために勝ちに行くつもりです。スペインの誇りにかけて。

※本記事で使用されている写真は https://www.callofduty.com/esports/story/2019-05/lucky-this-means-everything-to-us より一部引用しています。

『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』を始めよう