特集

特集

CDL特集

OPチームの強さの証拠 vol.4

「OP(強すぎ)チームの強さの証拠」シリーズ最終回となる今回は、Paris Legion、Seattle Surge、Toronto Ultraという屈指の人気プレイヤー揃いの3チームを紹介していきます。

※世界大会は、今年から「フランチャイズ制リーグ(Call of Duty League)」+「オープントーナメント(Call of Duty Challengers)」へとフォーマットを変更。本稿では「Call of Duty League」に参加するチームについてご紹介します。世界大会について詳しく知りたい方こちらの記事(日本語)をご覧ください。
https://www.jp.playstation.com/events/call-of-duty-modern-warfare/feature/vol3/

Paris Legion(パリス レギオン)

チーム紹介(選手名・本名・経歴)

Louqa (Luke Rigas)
  • 2019シーズンCWL Amateur Major最高成績: 1位(Anaheim、London)
  • CWL Amateur Final出場(2019)
  • 2019 CWL Amateur Major 2位(Fort Worth)
Shockz (Conrad Rymarek)
  • 2019シーズンCWL Amateur Major最高成績: 1位(Anaheim、London)
  • CWL Amateur Final出場(2019)
  • 2019 CWL Amateur Major 2位(Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2014、2015、2016、2017、2018)
  • CWL ANZ Stage 1プレイオフ優勝(2016)
Denz (Denholm Taylor)
  • Call of Duty World League Championshipベスト6 (2019)
  • CWL Pro Leagueプレイオフ4位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト12 (CWL Anaheim、CWL Las Vegas)
  • Call of Duty World League Championship出場(2014、2015、2016、2017、2018)
KiSMET (Matthew Tinsley)
  • Call of Duty World League Championship 4位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト6 (CWL Anaheim、CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2018、2019)
Phantomz (Timothy Landis)
  • 2019 CWLオープンイベント1位 (CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2018、2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト16 (CWL Anaheim、CWL London)
Zed (Zach Denyer)
  • Call of Duty World League Championshipベスト6 (2019)
  • CWL Pro Leagueプレイオフ4位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 3位(CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017、2018、2019)
Breszy (Paul Breszynski)
  • Call of Duty World League Championship 4位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト12 (CWL Anaheim、CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2018、2019)

Paris LegionがOPな理由

直近数年にどれほど華々しい経歴を残してきたプレイヤーでも結局それは記録でしかなく、最後にモノを言うのは今どんなプレイができるかに尽きます。今シーズンがCDL初参戦となるParis Legionにとって、今年はまさにそれを証明する年です。大金星をハングリーに狙っていく彼らが、その実力に懐疑的な人たちの口を黙らせる可能性は十分にあります。
Denz (Denholm Taylor)
彼らが持つ最大の強みはShockz、Denz、Louqaのトリオが既に連携を確立しているところにあるでしょう。3人ともオーストラリア出身であり、オーストラリア・ニュージーランド地域の「Call of Duty」シーンで史上最高の戦績を残してきたチームで共に戦ってきた戦友でもあります。
元チームではShockzが柱としてチームを支えてきた経験がある上、Denzも昨シーズンのプロシーンで実力を証明済み。最後のLouqaも将来有望な若手のひとりで、2019シーズンにはプロチームの控えとして強豪2チームに所属して実力を磨き続けてきました。特にLouqa の実力はもう今年のCDL最優秀ルーキーを狙えるレベルにあり、Paris Legionがタイトルを獲得できればその可能性はさらに高まるでしょう。
また他のメンバーもアメリカ出身のKiSMETとPhantomzといった若き才能が揃っている上、登録メンバーにはイギリス出身のベテランDenzやフランスを代表する名プレイヤーBreszyまで揃っています。特にKiSMETとBreszyの2人は昨シーズンの「CWL Championship」で驚異の4位入賞を果たす原動力ともなったプレイヤーであり、要注目です。
大舞台での勝負に強く、実力ひとつで批評家を黙らせてきた選手が揃ったParis Legion。その実力を甘く見るようなチームがあれば、彼らは十分にOPたりえる存在です。

Seattle Surge(シアトル サージ)

チーム紹介(選手名・本名・経歴)

Karma (Damon Barlow)
  • Call of Duty World League Championship優勝(2013、2014、2017)
  • メジャーイベント優勝24回
  • Call of Duty World League Championship 3位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Las Vegas)
  • Call of Duty World League Championship出場(2013、2014、2015、2016、2017、2019)
Enable (Ian Wyatt)
  • Call of Duty World League Championship 2位(2018、2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Anaheim、CWL London)
  • CWL Pro League Stage 2プレイオフ1位(2018)
  • Call of Duty World League Championship出場 (2015、2016、2017、2018、2019)
  • CWL Pro Leagueベスト4 (2019)
Octane (Sam Larew)
  • Call of Duty World League Championship 2位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Anaheim、CWL London)
  • CWL Pro League All-Star選出(2019)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Birmingham)
  • Call of Duty World League Championship 3位(2017)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017、2018、2019)
Slacked (Josiah Berry)
  • Call of Duty World League Championshipベスト8 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championshipベスト6 (2018)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Birmingham)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017、2018、2019)
Apathy (Bryan Zhelyazkov)
  • Call of Duty World League Championshipベスト8 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト12 (CWL Fort Worth、CWL Las Vegas)
  • Call of Duty World League Championship 1位(2016、2018)
  • Call of Duty World League Championship 2位(2017)
  • Call of Duty World League Championship出場(2013、2014、2015、2016、2017、2018、2019)
Pandur (Casey Romano)
  • CWL Amateur Finalベスト12 (2019)
  • 2019シーズンオープンイベント最高成績: 3位 (CWL Forth Worth)
  • Call of Duty World League Championshipベスト12 (2018)
  • Call of Duty World League Championship出場(2017、2018、2019)
Proto (Nicholas Maldonado)
  • Call of Duty World League Championshipベスト12 (2017、2019)
  • CWL Amateur Finalベスト6 (2019)
  • Call of Duty World League Championshipベスト8 (2018)
  • Call of Duty World League Championship出場(2017、2018、2019)

Seattle SurgeがOPな理由

Seattle Surgeのスターティングメンバーは、昨シーズンの100 Thieves大躍進を支えた2人、Luminosity Gaming以来の再開となる名プレイヤー2人、そして世界王者を3度経験しているKarmaという凄まじい顔ぶれとなっています。
Karma (Damon Barlow)
Karmaは2013シーズンの「CWL Championship」優勝で名プレイヤーの地位に登りつめたと思われがちですが、実は昨年も3位入賞を果たしており、その実力に陰りがないことを証明しています。彼のベテランとしての知識と高いスキル、そして凄まじく高い「Call of Duty IQ」はチームを勝利へと導く主要因のひとつとなることでしょう。
また信頼性の面ではKarmaに譲るとしても、Seattle Surgeの他メンバーは全員がチームMVPを狙える強者揃い。特にOctaneとEnableが過去にチームメイトとして活動していた経験もプラス材料で、勝利を掴み切る能力は折り紙付きです。
Apathyは2019シーズンでも堅実な活躍を見せたものの、2016~18シーズンほどの躍進は果たせませんでした。しかし今シーズンは元チームメイトのSlackedと合流を果たしており、再び勝利を重ねるシーズンを過ごす気配は濃厚です。
また控えメンバーのPandurとProtoはスターティングメンバーほど華々しい経歴を持たないながら腕の良いアマチュアプレイヤーで、今後の成長が大きく期待できます。チームが植えた若き「種」2粒。今後このチームで成長していけば、初シーズン優勝の先にある覇権の確立にも貢献してくれるでしょう。
現在の顔ぶれは間違いなくOP筆頭候補。あとは彼らがシーズンを通じてどこまで躍進(Surge)できるか見守るのみです。

Toronto Ultra(トロント ウルトラ)

チーム紹介(選手名・本名・経歴)

Loony (Daniel Loza)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16 (2016、2017、2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 2位(CWL Fort Worth)
  • CWL Pro League Stage 2プレイオフ2位(2018)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Anaheim)
  • Call of Duty World League Championship出場(2014、2015、2016、2017、2018、2019)
Methodz (Anthony Zinni)
  • Call of Duty World League Championshipベスト25 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト12 (CWL London)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017、2018、2019)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Atlanta)
Brack (Carson Newberry)
  • Call of Duty World League Championshipベスト8 (2019)
  • CWL Pro Leagueプレイオフベスト6 (2019)
  • Call of Duty World League Championship出場(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト12 (CWL Anaheim)
Lucky (Alejandro López)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16 (2019)
  • CWL Pro League All-Star選出(2019)
  • CWL Pro Leagueプレイオフベスト10(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト6 (CWL London)
  • Call of Duty World League Championship出場(2018、2019)
MeTTalZ (Adrian Serrano)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16 (2019)
  • CWL Pro Leagueプレイオフベスト10 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト6 (CWL London)
  • Call of Duty World League Championship出場(2019)
CleanX (Tobias Juul Jonsson)
  • Call of Duty World League Championshipベスト12 (2019)
  • CWL Amateur Finalベスト6 (2019)
  • 2019シーズンオープンイベント最高成績: ベスト12 (London)
  • Call of Duty World League Championship出場(2019)
Classic (Nicholas DiCostanzo)
  • Call of Duty World League Championshipベスト25 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championshipベスト6 (2019)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 4位(CWL Atlanta)
  • Call of Duty World League Championship出場(2014、2015、2016、2017、2018、2019)
Cammy (Cameron McKilligan)
  • Call of Duty World League Championshipベスト6 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 2位(CWL London)
  • Call of Duty World League Championship出場(2018、2019)
Bance (Ben Brance)
  • CWL Amateur Final 1位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト6 (CWL Forth Worth)
  • CWL All-Star選出(2017)
  • Call of Duty World League Championship 2位(2016)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017、2018、2019)
Mayhem (Mehran Anhomshoa)
  • Call of Duty World League Championship 4位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト12 (CWL London、CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017、2018、2019)

Toronto UltraがOPな理由

「Call of Duty League」最多の公式登録メンバー数を有するToronto Ultra。どうやらこの点は同チームにとって好材料となりそうです。10名体制を敷いた同チームではプロ同士によるハイレベルな練習試合が好きなだけできるのですから。「練習こそが完璧に至る道である」という諺が本当ならば、彼らには完璧に至る体制が整っているのです。
Loony (Daniel Loza)
そしてチームを率いて「完璧へと至る道」の先頭を走るのが、高いリーダーシップとコミュニケーションスキルを誇るベテランLoonyです。彼自身も当然優れたプレイヤーであり、「CWL Championship」出場回数は通算6回にのぼります。
そのLoonyを支えるのが、アサルトライフルプレイヤーとしての技量と戦術的判断力に長けたMethodzとBrackの2人。厳しい重圧の中でも冷静にプレイできる彼らの存在は、チームをさらなる高みへと導く財産と言えるでしょう。
またスターティングメンバー最後の2人であるLuckyとMeTTalZも、プロシーンでこそ名前がそれほど知られていないもののベテランに比肩する技術を備えたプレイヤーです。たとえばLuckyは2019シーズンにAll-Star選出を果たしており、Brackも2019シーズンにその実力の一端をしっかりと示して見せました。
そして控えにはCleanX、Classic、Cammy、Bance、Mayhemというベテランと新進気鋭の新人が混在する5人が在籍。Toronto Ultraのこの布陣は、対戦相手やモードに特化した人材育成だけでなく、長期的に強豪としての地位を確立するところにあると見てよいでしょう。

※画像はCall of Duty League.com( https://callofdutyleague.com/ )より引用

公式SNSをフォローして最新情報をチェック!

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』を始めよう