特集

特集

コラム

国内CoDチームの歴史 - 日本王者でさえ押し切れる実力。下克上を心に誓うREJECT FAKER

「Call of Duty Challengers日本代表決定戦 Summer」オンライン最終予選で、Libalent Vertexを相手にSEARCH & DESTROYを勝ち取り、さらに前回の決勝大会に進出したe NovatioN、Rush Gamingのメンバーを擁するTEAM ALPHAをストレートで打ち破ったREJECT FAKER。彼らの強さの理由を紐解きます。
7/19(日)に実施される「Call of Duty Challengers日本代表決定戦 Summer」決勝大会。優勝するのはやはりLibalent Vertex? いえ、REJECT FAKERかもしれません。

REJECT FAKER

現メンバー

kazunokoooon(カズノコ)選手

youki2127(ヨウキ)選手

Toka(トーカ)選手

Gulru(グリル)選手

City of NewYork(シティ オブ ニューヨーク)選手

チーム戦績

2020年

「Call of Duty Challengers⽇本代表決定戦 Spring」オンライン予選 Eブロック 1位

「Call of Duty Challengers⽇本代表決定戦 Spring」オンライン最終予選 βグループ 3位

常に抱いてきた勝利への渇望

チームの結成はいまから約2年前、CoD:WWIIシーズンの初期にまでさかのぼります。気心しれたフレンドたちが集まったチームは、大会への出場を繰り返すうち、一層強い勝利への渇望を抱くようになります。その想いをチームの軸として据え、CoD:MWシーズンからは先のシーズンで活躍した選手を迎え入れ現在の構成に。REJECT FAKERとしてプロチームとなりました。
”暴れ馬”と称されるGulru選手は、個人能力が高く流れを生み出す重要な役割を担います。kazunokoooon選手は相手の意表を突くプレイが得意なSMG。Toka選手は拠点の防衛を任される手堅いプレイヤーです。シーン初期から活躍するCity of NewYork選手は臨機応変にプレイを変える柔軟さと、勝負強さで有名。そして、後衛からARでカバー・アシストするyouki2127選手がチームの礎となります。
チームとしては、やりたいことを一方的に押し付ける、超攻撃的なプレイスタイルが持ち味。「Call of Duty Challengers日本代表決定戦 Summer」オンライン最終予選でLibalent Vertexを相手に、SEARCH & DESTROYで勝利をおさめた事実はシーンに大きな衝撃を与えました。

やりたいことを一方的に押し付ける強さ

「Call of Duty Challengers日本代表決定戦 Summer」オンライン最終予選では、Libalent Vertexに2-1で敗れたものの、e NovatioN、TEAM ALPHAに対して2-0のストレートで勝利をおさめました。
初戦の相手となったのはRush GamingのWinRed選手とGorou選手が率いるTEAM ALPHA。HARDPOINTから一進一退の攻防を繰り広げますが、なんとか押し切り勝利をおさめると、続くSEARCH & DESTROYではREJECT FAKERの得意マップで危なげなく勝負を決めました。
Libalent Vertex戦では、HARDPOINTを惜しくも落としたものの、格上の相手に怯むことなく食らいつき、勢いの良い戦術でSEARCH & DESTROYを奪取。最終、DOMINATIONまでもつれ込みましたが、Libalent Vertexの圧倒的な完成度を前に敗北を喫します。白星をあげるにはいたりませんでしたが、日本最強チームを相手取り十分に戦った自信は決勝大会で大きく活きてくるでしょう。
最終戦となったe NovatioNとの対戦では、HARDPOINTの立ち上がりからリードを着実に築き、危なげなく勝利。SEARCH & DESTROYは得意モードの利を生かし、練習どおりの自信あるプレイで2-0の決着となりました。
これらの結果を見れば、決勝大会での活躍を疑う余地はないでしょう。
一方、チームの課題として浮かび上がってきたのは「流れに左右されやすい」ということ。SEARCH & DESTROYとは違い、試合中の切れ目がなく、リフレッシュの難しいHARDPOINT・DOMINATIONで悪い流れを断ち切る方法を探ります。相手の流れに飲み込まれず、自分たちのやりたいことを常に押し付けられれば、決勝大会での優勝が見えてくるはずです。
流れに乗ることができれば、Libalent Vertexでさえ押し切れることを証明したREJECT FAKER。諸刃の剣でもある”流れ”をコントロールできるか、注目です。

決勝大会に向けて、ファンへのメッセージ

Libalent VertexかSCARZが勝ち上がるだろうと予想している方が大半だと思うんですけど、REJECT FAKERが優勝するのが一番面白い展開だと思うので、「eスポーツは面白いんだよ、何が起こるか分からないんだよ」っていうところを楽しんでほしいです。
それから、僕らもアマチュアチームに大会で負けたりすることもあるのですが、僕らが決勝大会でどれだけ戦えるかを見せることで、競技シーンの人たちにとっての自信にもなると思うんです。「そんなに差はないんだぞ、下剋上だって全然あるんだぞ」っていうのを伝えたいです。
それと最後に、コーチ、スタッフ、REJECTの運営陣や他の部門の方々、なにより応援してくれる皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。ありがとうございます。頑張ります!(City of NewYork選手)
ファンの皆さん、ご一緒に! We are REJECT FAKER!(一同)

7/19(日)に実施される「Call of Duty Challengers日本代表決定戦 Summer」決勝大会のライブ配信は下記よりご覧いただけます。

 

YouTube Live: https://youtu.be/C77UzOygVec

Twitch: https://www.twitch.tv/playstationjapan/

Periscope: 大会公式Twitterアカウント(https://twitter.com/CoD_SIEJA)からお届けします

公式SNSをフォローして最新情報をチェック!

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』を始めよう