特集

特集

CDL特集

Championship優勝はDallas Empire:ClaysterとCrimsixが3個目のリングを獲得

2016年8月、眩いばかりの可能性を秘めた若手が1v4を制するプレイをあるベテラン選手が目撃したとき「コイツは注目せざるを得ない」と確信します。
このベテラン選手こそ、「2015 Call of Duty World Championship」 MVP Clayster (James Eubanks)、そして注目した相手は若き日のSimp (Chris Lehr)でした。そして3年後、 Claysterは当時ルーキーだったSimpと「Tiny Terror」の相棒であるaBeZy (Tyler Pharris)と共に2度目の世界王座に就きます。

この @Huntsmen vs @ATLFaZe 戦は、なんと2019 Call of Duty Championship王者の5人全員が顔を揃えることとなりました。

さあ #CDLChamps へ歩みを進め、明日 @Clayster と対峙するのはどちらのチームか? 

チームはさらに「Sanderson双子兄弟」のArcitys (Alec Sanderson)とPrestinni (Preston Sanderson)まで擁する実力派揃いでしたが、Championship優勝後に解散。双子兄弟はChicago Huntsmenへ、Tiny TerrorsはAtlanta FaZeへ、そしてチームのリーダー兼メンターを務めたベテランClaysterはDallas Empireへと、「Call of Duty League」フランチャイズチーム3つに分かれることとなりました。
そして迎えた「2020 Call of Duty League Championship Weekend」。5人はそれぞれの移籍先でこのコール オブ デューティeスポーツシーン最強を決めるトーナメントに出場を果たしていました。
そしてeスポーツの歴史と宿命に導かれるかのように、本トーナメントの決勝で移籍先チーム同士…Dallas EmpireとAtlanta FaZeが激突したのです。

決戦の日曜日。最後に栄光を浴すことになったのは…Dallas Empireでした。Clayster、誇り高きベテランCrimsix (Ian Porter)、有望若手のHuke (Cuyler Garland)、iLLeY (Indervir Dhaliwal)、「Call of Duty League」レギュラーシーズンMVP Shotzzy (Anthony Cuevas-Castro)というラインナップの同チームがAtlanta FaZeを5-1で破り(リンク先英語)見事優勝を果たしたのです。

ClaysterとCrimsixにとってはこれが3度目の世界王座。今回の優勝はコール オブ デューティeスポーツシーンにおける2人の偉大さをより明確に証明するものとなりました。

ツイート訳: 3リングクラブへようこそ

これで @Crimsix@Clayster は通算3度目の優勝、 @DKarma に並びCall of Duty Championship優勝リングを3個所有する名誉を獲得しました。

以下では、Dallas Empireの優勝が決まる瞬間までの激戦の記録と、この優勝が意味することについて紹介していきましょう。

これが「階級差」…London Royal Ravens、Chicago Huntsmenの前に沈む

「Call of Duty League」開幕後、絶不調に見舞われたNew York SublinersはZer0 (Trei Morris)をベンチに下げるという決断を下しました。それから3ヶ月後、Zer0はLondon Royal Ravensと契約。地元英国のチームに加入したZer0はプレイオフでチームの主要アサルトライフルプレイヤーとして、勝利の立役者として、ダメージ源として活躍します。

London Royal Ravensが破竹の勢いでChampionship Weekend進出を決めるにあたり、Zer0の活躍に助けられたところは大きかったでしょう。しかし振り返ってみれば、プレイオフ第6シードだったLondon Royal Ravensは初戦Toronto Ultra戦でいきなり敗北して窮地に立たされていました。その後のエリミネーションブラケットで復調してParis LegionとNew York Sublinersを立て続けに破り、最後にToronto Ultra相手にリベンジを果たす快進撃があったからこそ彼らはChampionship Weekendに進出できたのです。

そうして迎えたChampionship Weekendの土曜日初戦、Zer0率いるLondon Royal Ravens がエリミネーションブラケット準決勝で対戦したのは第4シードの強豪Chicago Huntsmenでした。

シリーズを占うゲーム1、London Royal RavensはHARDPOINT (Rammaza) で強豪Chicago Huntsmenからゲームを奪取し、ロンドンファンは歓声を上げます。

ツイート訳: 最初に決めたのはLondon @RoyalRavens !Chicago Huntsmen相手にHARDPOINTを250-224で制し、シリーズをリードします。

@Huntsmen はSEARCH & DESTROYで反撃なるか

その後も数ゲームにわたり接戦を演じたものの、結局Chicago Huntsmenの相手は荷が重すぎたのか、最終的にシリーズ成績3-1でトーナメントを敗退します。

ツイート訳: これがハンターの狩りだ!Chicago @Huntsmen がLondon @RoyalRavens をシリーズ成績3-1で撃破です!

Chicago Huntsmen、次戦は決勝進出を懸けた一戦。対戦相手は @ATLFaZe@DallasEmpire になります。

ヨーロッパチームがChampionshipを優勝すれば史上初の快挙でしたが、今年は最初から三強の対決だった、ということなのでしょう。

Atlanta FaZe vs Dallas Empire: 第1幕

続いての試合はウィナーズブラケット決勝、第1シードAtlanta FaZe対、第2シードDallas Empireでした。
ゲーム1のHARDPOINT (Azhir Cave)、Dallas Empireは激戦傾向の高い拠点を抑え、逆転を狙うAtlanta FaZeの猛攻を防ぎ切って勝利。

ツイート訳: さばき切った! @DallasEmpire が最後の反撃を防ぎきり、ゲーム1 HARDPOINTを250-230で勝利です。

@ATLFaZe は次のSEARCH & DESTROYで反撃を狙います

しかし、その後はAtlanta FaZeが2連勝。特にゲーム3 DOMINATION (St. Petrograd)の後半はゾーンの奪い合いを制しての勝利でした。

ツイート訳: さばき切った! @DallasEmpire が最後の反撃を防ぎきり、ゲーム1 HARDPOINTを250-230で勝利です。

@ATLFaZe は次のSEARCH & DESTROYで反撃を狙います

しかしゲーム4、もともとDallas Empire相手では強いマップとモードがはっきりしているAtlanta FaZeにとってHARDPOINT (Gun Runner)は不利な状況でした。

それでもAtlanta FaZeはスコア220-211で押され気味のところ、拠点が切り替わるタイミングでスポーン管理を生かして有利を作り出します。ところがその次の拠点に対してDallas Empireが強烈なプレッシャーを生み出すと、Huke (Cuyler Garland)が一直線にコンテナを走り抜けて拠点に乗る判断。これがAtlanta FaZeを崩し、勝負の行方はゲーム5に持ち越しとなります。

ツイート訳: 結局こうなるのか! @DallasEmpire が2度目のHARDPOINTを250-239で勝利し、@ATLFaZe戦のシリーズ成績を2-2に戻します。

ここが正念場。 #CDLChamps 次は決勝進出を懸けたゲーム5!

そして決戦のゲーム5 SEARCH & DESTROY (Rammaza)。Atlanta FaZeはこのゲームで5v3の状況を1度、4v2の状況を2度作り出します。シンプルに進めば1-1のキル交換をするだけで3ラウンドを取り、ラウンドカウント6-3で勝利できる計算。

しかし彼らはこの3ラウンドですべて負け、Dallas Empireにラウンドカウント6-3で勝利を明け渡します。

ツイート訳: Championship決勝進出一番乗り!
@DallasEmpire@ATLFaZe を3-2で撃破し、2020 #CDLChamps タイトルに向けて一歩前進!

Atlanta FaZe、Chicago Huntsmenの希望を粉砕

シーズンを通じて「強烈なパンチの応酬」を見せたAtlanta FaZeとChicago Huntsmen。レギュラーシーズンにChicago HuntsmenがAtlanta FaZeをねじ伏せれば、Championship WeekendではAtlanta FaZeがChicago Huntsmenを叩き潰す。彼らはそんな関係にあります。

エリミネーションブラケット決勝はそんな彼らにとってシーズン最後の直接対決の舞台であり、同時に雌雄を決する戦いでもありました。

そんな大舞台で先に流れを掴んだのはChicago Huntsmenでした。ゲーム1のHARDPOINT (Gun Runner)を250-166で勝利、続くSEARCH & DESTROY (Arklov Peak)でもFormaL (Matthew Piper)が例年のChampionship Weekend通り凄まじい切れ味を見せます。

ツイート訳: Championshipの @FormaL は完全に別モノだッ!

しかし最終的にはラウンド11をAtlanta FaZeに取られ、シリーズ成績はタイに。

ツイート訳: ラウンド11を取ったのは @ATLFaZe ! Chicago @Huntsmen 戦シリーズ成績を1-1に戻します。

次のゲーム3 DOMINATION (Gun Runner)はAtlanta FaZeが勝利し、Simp (Chris Lehr)は熱心なシカゴファンのアンチを増やします。続くゲーム4 HARDPOINT (St. Petrograd)もAtlanta FaZeが勝利し、Chicago Huntsmenのシーズンはここで終演。

Chicago Huntsmenがマップ中央のレストラン拠点を抑えられていればゲーム5に持ち込むこともできたでしょう。しかしCellium (McArthur Jovel)がその可能性を完全にシャットダウンしてみせました。

ツイート訳: 7キルを挙げた @Cellium の活躍により @ATLFaZe がシリーズを制す!

Cellium (McArthur Jovel)のこのプレイとチームメイトの援護によりAtlanta FaZeはChicago Huntsmenの勝ち筋を潰すほどのポイントを獲得し、さらに次の拠点へのローテーションまで進めます。

ツイート訳: これがChampionshipの @ATLFaZe だ!シリーズ成績3-1で勝利し、Chicago @Huntsmen を敗退に追い込みました! #CDLChamps!

Atlanta FaZe、明日は優勝を懸けてDallas Empireと再戦です。

こうして勝利を掴み取ったAtlanta FaZeはDallas Empireとの再戦に臨みました。

Atlanta FaZe vs Dallas Empire: 第2幕

レギュラーシーズン中はDallas Empireとの対戦で6戦して1度しか負けていないAtlanta FaZe。

土曜の試合もAtlanta FaZeが勝ってもおかしくない接戦でした。しかし日曜、Dallas Empireはいちばん大事な試合の勝ち方を知っていることを証明してみせます。

ウィナーズブラケットの勝者特権としてシリーズ成績1-0でスタートしたDallas Empireでしたが、Atlanta FaZeはシーズンを通じてAzhir CaveのHARDPOINTとGun RunnerのSEARCH & DESTROYで圧倒的な強さを見せており、マップの順番的にはAtlanta FaZe有利という状況。

しかしそれはレギュラーシーズンの話。Dallas Empireはこれをひっくり返す準備を整えてきていました。

まずゲーム1、Huke (Cuyler Garland)が絶好調の動きを見せてシリーズを2-0とします。

ツイート訳: 最終兵器 @Huke 、キル数なんと37!HARDPOINT 250-173のスコアで @DallasEmpire に勝利!

@ATLFaZe は世界王座の懸かったシリーズで0-2と追い込まれました:

そしてゲーム2。Dallas Empireは6-3で勝利できていたかもしれない展開でしたが、iLLeY (Indervir Dhaliwal)のスナイパーライフルが火を吹き、Atlanta FaZeが逆転します。

ツイート訳: 一体 @iLLeYYY はどこに!?

(爆弾付近)

続くゲーム3 DOMINATION (St. Petrograd)では、Atlanta FaZeが前半を85-63とリードして折り返しますが、Dallas Empireはまたしても逆転、158-152の接戦を制して優勝に王手をかけます。

ツイート訳: 優勝まで1マップ! @DallasEmpire がDOMINATIONも後半で逆転、 @ATLFaZe 戦シリーズ成績を4-0とします!

@ASTROGaming Listen-In (訳注: Dallas Empireメンバーのボイスチャット入り動画)

絶体絶命のAtlanta FaZe。しかしここでaBeZy (Tyler Pharris)が怒涛の40キルを挙げ、ゲーム4を250-211で勝利します。

ツイート訳: これで1ポイント獲得: @ATLFaZe がHARDPOINTを250-211で勝利し、シリーズ初のマップ勝利を挙げました。

@aBeZy は40キルの活躍です。

一方の @DallasEmpire はあと1ゲームで優勝決定

シリーズ成績4-1はDallas Empireがリード、次戦はSEARCH & DESTROY (Rammaza)。奇しくもウィナーズブラケットでDallas EmpireがAtlanta FaZeを破ったのと同じマップとモードに。

ラウンド9終了時点でスコアは5-4、Dallas Empireが1ラウンドのリード。そして次のラウンドで…本シリーズと「2020 Call of Duty League Championship」は決着しました。

ツイート訳: このリアクションをご覧ください! @DallasEmpire がやりました!

Minnesota Røkkr代表デュオ、Home City Circuitを制す

Championship Weekendの前には2020年最後の「City Circuit」イベントも開催されていました。Challengers大会とプロ大会のシーズン終了間近ということで、2v2大会である「Call of Duty League City Circuit」が独立イベントとして開催されたのです。

本イベントでは、Minnesota Røkkr代表のDamnZurey & Triflexデュオが、ライブ配信の緊張の中Dallas Empire代表とToronto Ultra代表を相手に際どいゲーム3を2回も勝ち切って優勝しています。

両名とも、実に見事な戦いぶりでした!

最後に

Championship Weekend開幕前時点でも、ClaysterとCrimsixは今季引退したKarma (Damon Barlow)に並ぶ一流選手と評されていました。Crimsixの実績はChampionship Weekend前の時点で歴代最多となるイベント33勝。Claysterもまた2019 World Championship優勝、2015 World Championship MVP、そして今年のWorld Championshipを含むイベント16勝という実績を持ちます。

世界王者の証である指輪を3つ所有し、コール オブ デューティ史上初めてイベント獲得賞金100万ドルを突破した2人の栄誉はこれで盤石のものになったと言ってよいでしょう。

なおCrimisxは、今回「2020 Call of Duty League」ポストシーズンMVP (Presented by ASTRO)も獲得しています。

ツイート訳: Call of Duty League 2020 Championship MVP (Presented by @ASTROGaming) は… @Crimsix

このインタビューは私たちの記憶に強く残ることになるでしょう。

[インタビュー翻訳]

今年は本当に色んな事があった。ロンドンの決勝で負けて…僕は初めて笑いながらステージを降りた。理由は、あの時に「このチームなら大丈夫だ」と確信したから。誰がどう思っても構わない。あの時は2位だった。スケジュールだってキツかった。プロレベルでまともな経験があるのは僕とClaysterだけ。若手とはメンタル面の話もたくさんした。でもうちのチームは強いってことは分かっていた。知名度がないメンバーも。Claysterとは12、3歳の頃からの付き合い。最初期のチームで一緒にやっていて、そして今回優勝した。この優勝はある種のオマージュだと思っている。このMVPトロフィーをどうするかって質問があったけど、ウォーターカッターで真っ二つにして片方をClaysterに渡すよ。理由は、あいつが今年最高のプレイを見せてくれたから。悪いけど本当に切るよ。それがマズかったらもう一つ用意してClaysterに渡してくれ。

もしDallas Empireがメンバー変更なしに来シーズンに臨むなら、2021年も彼らが優勝する可能性は十分にあります。輝かしい才能を秘めた若手選手たちも素晴らしかったですが、2019 Amateur Finalsでトップ48の成績しか残していなかったShotzzyの才能を見抜いて「Call of Duty League」のMVPにまで育てたのも、HukeとiLLEYを世界王者レベルまで引き上げたのもCrimsixとClaysterだったということは特筆に値するでしょう。

2人のベテラン、若き才能たち、そしてDallas Empireというチームの強さに心からの感謝を。このチームは今後も素晴らしい活躍を見せてくれることでしょう。

とはいえ、彼らも絶対的強者というわけではありません。Atlanta FaZeはリーグ最年少チームで選手層の厚さも抜群ですし、Chicago Huntsmenも実力派揃いです。他の9チームも賢明な判断をいくつか下せれば強敵となり得るでしょう。いずれにしても、来シーズンが今から楽しみでなりません。

来シーズンも一筋縄ではいかないことは間違いありません。コミュニティには若き才能が多数揃っており、彼らが新たなスターとして頭角を現してくるのは時間の問題なのですから。

とは言え、ひとまず今日は3度目のWorld Championship優勝という偉業を成し遂げたClaysterとCrimsix、そしてShotzzy、iLLeY、Hukeの優勝リング初獲得に心からの祝福を。

そして今シーズンの「Call of Duty League」開催を実現してくれた多くの素晴らしいスタッフに、心からの感謝を捧げたいと思います。

なお2020シーズンはまだ「完全には」終わっていませんのでご注意を!シーズン最後のイベント、2020 Call of Duty League All-Star Weekendは太平洋標準時9月12~13日午後12時(日本時間9月13~14日午前4時) の日程で開催予定です。視聴および詳細は公式YouTubeチャンネルとWebサイトをご覧ください。

公式SNSをフォローして最新情報をチェック!

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』を始めよう