特集

特集

CDL特集

OPチームの強さの証拠 vol.3

「OP(Over Powered=強すぎ)チームの強さの証拠」シリーズ第3回となる今回は、確固たる成果が求められるプレッシャーの中で「Call of Duty League Launch Weekend」に臨んだ3チーム、Minnesota Rokkr、New York Subliners、OpTic Gaming LAを紹介していきます。

※世界大会は、今年から「フランチャイズ制リーグ(Call of Duty League)」+「オープントーナメント(Call of Duty Challengers)」へとフォーマットを変更。本稿では「Call of Duty League」に参加するチームについてご紹介します。世界大会について詳しく知りたい方こちらの記事(日本語)をご覧ください。
https://www.jp.playstation.com/events/call-of-duty-modern-warfare/feature/vol3/

Minnesota Rokkr(ミネソタ ロッカー)

チーム紹介(選手名・本名・経歴)

Assault (Adam Garcia)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017、2018、2019)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 4位(CWL Anaheim)
  • Call of Duty World League Championship MVP (2018)
  • Call of Duty World League Championship 1位(2018)
GodRx (Adam Brown)
  • Call of Duty World League Championship 4位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト6 (CWL Anaheim)
  • Call of Duty World League Championship出場(2017、2018、2019)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト6 (CWL Seattle)
SiLLY (Justin Fargo-Palmer)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 4位(CWL London)
  • Call of Duty World League Championship出場(2017、2018、2019)
  • Call of Duty World League Championship 1位(2018)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 2位(CWL Seattle)
Alexx (Alex Carpenter)
  • Call of Duty World League Championshipベスト6 (2019)
  • CWL Pro Leagueプレイオフ4位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト6 (CWL Vegas)
  • Call of Duty World League Championship出場(2017、2018、2019)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 4位(CWL Anaheim)
Asim (Obaid Asim)
  • CWL Pro Leagueプレイオフ3位(2019)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2019)
TTinyy (Devin Robinson)
  • CWL Amateur Final出場(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト16 (CWL Anaheim)
Exceed (Kaden Stockdale)
  • CWL Amateur Finalベスト6 (2019)
  • Call of Duty World League Championshipベスト12 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 4位(CWL Anaheim)
  • Call of Duty World League Championship出場(2019)

Minnesota RokkrがOPな理由

Assault (Adam Garcia)
Minnesota Rokkrは全スターティングメンバーが試合を動かせる才能を持つチームです。まずAssault。彼は2018シーズンの「Call of Duty World League Championship Final」でMVPを獲得していますが、実はメジャーLANイベント優勝はこのトーナメントが初めてでした。
2019シーズンにおいては連覇こそ叶いませんでしたが、今シーズンはMVP受賞者としての実力を見せてくれることでしょう。
またAssault以外のメンバーでもGodRx、SiLLY、Alexxの3人はAR/SMG、サポート/スレイヤーに対応できる多才さを武器としています。ここに2018シーズンの「Call of Duty World League Championship」優勝メンバーのSiLLYが加わるのですから、同チームの躍進はほとんど約束されたようなものだと言えるでしょう。GodRxとAlexxが貪欲にChampionship優勝を目指していくことは間違いありませんし、その意志はプレイにもしっかりと反映されてくることでしょう。

もうひとりのAsimはプロ歴こそ浅いものの、『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』シーズンのアマチュアシーンでは安定感のあるSMGプレイヤーとして実績を残してきており、スターティングメンバーに相応しい実力を十分に備えています。Rokkrでもこれまでのロール(役割)を担当することになるでしょうが、彼が昨年以上のパフォーマンスを見せればチームが飛躍する確率はさらに跳ね上がるでしょう。

控えプレイヤーのTTinyyとExceedも若さとハングリー精神に満ちており、チームの士気高揚にとどまらずその腕前でもチームに貢献してくれそうです。

New York Subliners(ニューヨーク サブライナーズ)

チーム紹介(選手名・本名・経歴)

ZooMaa (Thomas Paparatto)
  • CWL Pro Leagueプレイオフ3位(2019)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 4位(CWL Anaheim)
  • Call of Duty World League Championship出場(2019)
  • CWL Pro League Stage 1 MVP (2018)
  • Call of Duty World League Championship 3位(2018)
Temp (Donovan Laroda)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16 (2019)
  • CWL Pro League All-Star選出(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 2位(CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2017、2018、2019)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 4位(CWL Atlanta、CWL Seattle)
Accuracy (Lamar Abedi)
  • Call of Duty World League Championshipベスト8 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 2位(CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2015、2016、2017、2018、2019)
  • Call of Duty World League Championship2位(2018)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL New Orleans、CWL Dallas)
Zer0 (Trei Morris)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16 (2019)
  • CWL Pro Leagueプレイオフ3位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 4位(CWL Anaheim)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017、2018、2019)
  • CWL Global Pro League Stage 1 プレイオフMVP (2017)
Attach (Dillion Price)
  • Call of Duty World League Championshipベスト8 (2019)
  • CWL Pro League All-Star選出(2019)
  • Call of Duty World League Championship出場(2015、2016、2017、2018、2019)
  • Call of Duty World League Championship 3位(2018)
  • CWL Pro League Stage 1プレイオフ1位(2018)
Censor (Doug Martin)
  • Call of Duty World League Championshipベスト16 (2018)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト16 (CWL Anaheim、CWL Seattle、CWL Dallas)
  • Call of Duty World League Championship出場(2014、2015、2018)
  • MLG National Championship 1位(2011)
Happy (Nick Suda)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト6 (CWL Fort Worth)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017)
  • Call of Duty World League Championshipベスト12 (2016)

New York SublinersがOPな理由

そもそも、「眠らない街」ニューヨークを本拠地とするチームが2020シーズンを「眠ったまま」過ごすはずがありません。そのスターティングメンバーには、再びチームメイトとなったZooMaaとZer0、2019シーズンのAll-Star 2人、そこに2018シーズンの「Call of Duty World League Championship」で準優勝に終わった「借り」を返すべく燃えるAccuracyが揃っています。
ZooMaa (Thomas Paparatto)
「2人のZ」(ZooMaaとZer0)の異名を取るこの2人は、既にSMGとARというロールの強みで互いをカバーし合う連携を確立しており、これは同チームの大きな原動力となるでしょう。また2人ともプレイヤーとして円熟期を迎えつつあることもNew York Sublinersにとってはますますの好材料です。
昨シーズンのCWL Pro Leagueで活躍を見せてAll-Star選出を果たしたTempとAttachもまた卓越したプレイヤーです。おそらくチームMVPを競い合うのはこの2人になるでしょうが、実はNew York Sublinersには実はまだMVP候補が揃っています。
そのプレイヤーとは…そう、Accuracyです。長いキャリアの中で一度もChampionship優勝を果たしておらず、2018シーズンの「Call of Duty World League Championship」グランドファイナルでは最後の大一番で大敗を喫した彼にとって、今シーズンの初優勝にかける意気込みは相当に強いものでしょう。
また控えにはHappyとCensorが在籍。いずれも過去に何度かプロとして活動した経験を持つプレイヤーですが、特にCensorは「Call of Duty」シーンに返り咲き、その名を轟かせるべく相当な熱意を燃やしています。当面は出場機会を虎視眈々とうかがうことになるでしょうが、その機会に恵まれれば大暴れも期待できるでしょう。

OpTic Gaming LA(オプティックゲーミング ロサンゼルス)

チーム紹介(選手名・本名・経歴)

TJHaLy (Thomas Haly)
  • Call of Duty World League Championship 3位(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Las Vegas)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Seattle、CWL Anaheim、CWL Atlanta)
  • Call of Duty World League Championship出場(2018、2019)
  • CWL Pro League Stage 2プレイオフ2位(2018)
Dashy (Brandon Otell)
  • Call of Duty World League Championship 3位(2019)
  • CWL Pro League All-Star選出(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Las Vegas)
  • CWL Las Vegas MVP (2019)
  • Call of Duty World League Championship出場(2017、2018、2019)
Kenny (Kenny Williams)
  • Call of Duty World League Championship2位(2018、2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Anaheim、CWL London)
  • CWL Pro League Stage 2 MVP (2018)
  • CWL Pro League All-Star選出(2018)
  • 家庭用ゲーム機eスポーツ部門最優秀ルーキー(2018)
  • CWL Pro League Stage 2プレイオフ1位(2018)
  • Call of Duty World League Championship出場(2018、2019)
SlasheR (Austin Liddicoat)
  • Call of Duty World League Championship2位(2017、2019)
  • CWL Anaheim MVP (2019)
  • CWL Pro League All-Star選出(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Anaheim、CWL London)
  • Call of Duty World League Championship1位(2016)
  • 2018シーズンメジャーイベント最高成績: 1位(CWL Anaheim、CWL Seattle)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2017、2018、2019)
JKap (Jordan Kaplan)
  • Call of Duty World League Championshipベスト8 (2018)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: 2位(CWL Las Vegas)
  • Call of Duty World League Championship1位(2015、2016)
  • CWL Pro League All-Star選出(2016)
  • Call of Duty World League Championship出場(2013、2014、2015、2016、2017、2018、2019)
Chino (Martin Chino)
  • Call of Duty World League Championshipベスト12 (2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト6 (CWL Fort Worth)
  • CWL New Orleans MVP (2018)
  • CWL Pro League All-Star選出(2018)
  • Call of Duty World League Championship出場(2016、2018、2019)
Goonjar (Jevon Golljar-Lim)
  • CWL Amateur Final出場(2019)
  • 2019シーズンメジャーイベント最高成績: ベスト8 (CWL Las Vegas)
  • Call of Duty World League Championshipベスト12 (2018)
  • Call of Duty World League Championship出場(2013、2014、2015、2016、2017、2018)

OpTic Gaming LAがOPな理由

かつての覇権時代からずっとeスポーツシーンの中心的存在であり続けているOpTic Gaming。登録メンバーこそ大幅に刷新されたものの、今シーズンも十分に優勝を狙える実力を備えています。
Dashy (Brandon Otell)
今年のOpTic Gaming LAは新たに加わった名プレイヤーに加えて、昨年に続いてチームの看板を背負うDashyとTJHaLyという名物デュオが健在なのですから。Dashyはその多才さで知られるプレイヤーで、Search & Destroyにおけるスナイパーライフルの精度とアサルトライフルでの強烈なプレイで知られます。彼と肩を並べられるのは、おそらく長年共に戦ってきた相棒と呼ぶべきチームメイトくらいでしょう。「ここぞという瞬間にビッグプレイを繰り出す」TJHaLyの存在もまたチームの大きな武器となっています。
また新加入したKennyの実力も決して見過ごせません。「Call of Duty」シーンで頭角を現した時から、彼がAll-Star級のプレイヤーであることは誰の目にも明らかでした。デビューシーズンに家庭用ゲーム機eスポーツ全体の最優秀ルーキー賞を受賞しているのがその証左です。昨シーズンは100 Thievesで大活躍を見せており、今年も同様のパフォーマンスが期待されます。
さらにSlasheRとJKapも長いキャリアの中でAll-Star選出と「CWL Championship」優勝など数々の偉業を成し遂げてきたベテランプレイヤーです。その勢いに衰えは見えず、SlasheRは昨年の「CWL Championship」2位を獲得、JKapは「CWL Championship」グランドファイナル出場回数、史上最多記録を保持しています。
名プレイヤーで固められたスターティングメンバーを支える控えプレイヤーもまた要注目です。Chinoは2018シーズンのAll-Star選出歴を持ち、Goonjarも「CWL Championship」出場6回という経歴を持ちます。いずれのプレイヤーもチームを支える実力を備えていることは間違いありません。
溢れんばかりの才能揃いのチームがOpTic Gamingの名の下で戦うのですから、これぞOP中のOPと呼ぶべきでしょう。

※画像はCall of Duty League.com( https://callofdutyleague.com/ )より引用

公式SNSをフォローして最新情報をチェック!

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』を始めよう