第1回

第1回

日本最強の座を目指す6チームによって競われた 「CoD: WWIIプロ対抗戦」第1回レポート!

日本最強の座を賭けた「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」がついに開幕。
プロ6チームが全30試合にわたるリーグ戦を戦い抜き、成績上位2チームが東京ゲームショウ2018で行われるグランドファイナルに進出する。
リーグ戦は、5ヶ月間、各月6試合ずつが行われる。リーグ戦において非常に重要な意味を持つ初戦が、4月21日(土)に行われた。なお、本記事は配信を実施した3試合にフォーカスを当ててお届けする。

出場チーム紹介

CYCLOPS athlete gamingサイクロプス アスリート ゲーミング
大阪を活動拠点とするプロチーム。前身となるのは、2014年の『コール オブ デューティ』シリーズから活動しているトップチーム「iTem eSports」。アナリストによるデータ分析、ゲーム外のメンタルケアなど、徹底したサポート体制で頂点を狙う。
CYCLOPS athlete gaming
左からpowapowatanポワポワタンSzealotエスゼアロットTimGUCHIチムグチHqBRaハブラ
DetonatioN Gamingデトネーション ゲーミング
言わずと知れた日本有数のプロチーム。『コール オブ デューティ』部門には、結成わずか1ヶ月で有志開催の大会で優勝を収めたルーキーがジョイン。その実力は未知数だが、ここぞというタイミングの爆発力に期待が高まる。
DetonatioN Gaming
左からxAxSyアクシーGaIiardガリアードGenGar AXゲンガーAIiceWonderIandアリス
Libalent Vertexリバレント ヴァーテックス
ローマ神話における自由の女神”Libertas”と、才能のある人という意味の”talent”からとられたそのチーム名には、ゲームに才能を持つ人々がのびのびと活躍できる舞台を創っていくという想いが込められている。『コール オブ デューティ』プロシーンの台風の目として注目が集まる。
Libalent Vertex
左からE3NCOUNTエンカウントCoroKanTokコロカントクInaba URイナバユーアール
Nicochaaaaaaaannニコチャン
Rush Gamingラッシュ ゲーミング
『コール オブ デューティ』シリーズの人気YouTuber「HASESHIN」の立ち上げたRush CLAN Esports部門の選手4名が、株式会社ウィキッズと契約、発足したプロチーム。今年の2月に行われた闘会議2018での全勝優勝は記憶に新しい。
Rush Gaming
左からGreedZzグリードWinRedウィンレッドNamiナミNgtナガト
SCARZスカーズ
日本国内、そして日本代表として世界レベルの大会出場経験も豊富なプロチーム。『コール オブ デューティ』部門は、日本初のプロチームとして長期に渡る活動を行っており、古豪チームとして日本シーンで大きな存在感を示し続けている。
SCARZ
左からGPグッピーPantherパンサーLeisiaレイシアHuntハント
SunSisterサンシスター
結成から8年、数多くのFPSタイトルで活動を行い、そのすべてのタイトルで海外大会への切符を手にしている名門チームが『コール オブ デューティ』プロシーンに参戦。熱い思いを胸に秘めたチーム「Advent」とともに、新しいステージに挑む。
SunSister
左からSamuNienaサムMacombマコンブKittyキティーChipチップ

アップデート後の新環境初となる国内大会

実況はk4senカセン氏、解説は岸 大河氏。まず、直近のアップデートで「全ての師団で投げ物が2つ投げられるようになった」、「無限にスプリントができるようになった」といった変更点について言及があった。相対的に対面での撃ち合いが強くなった現環境における国内初の大会となったCoD:WWIIプロ対抗戦。各選手の適応力に注目が集まる。

第1試合『CYCLOPS athlete gamingサイクロプス アスリート ゲーミング VS DetonatioN Gamingデトネーション ゲーミング

ゲーム1
モード:HARDPOINT
マップ:SAINTE MARIE DU MONT

ゲーム2
モード:SEARCH & DESTROY
マップ:LONDON DOCKS

ゲーム3
モード:CAPTURE THE FLAG
マップ:ARDENNES FOREST

ゲーム4
モード:HARDPOINT
マップ:LONDON DOCKS
試合前にCYCLOPS athlete gamingは「DetonatioN Gamingは撃ち合いが強く、積極的に前へ出てくる相手」と評価・分析し、それを上手く押さえ込みたいとコメント。

ゲーム1、SAINTE MARIE DU MONTでのHARDPOINTは、DetonatioN Gamingの積極的な攻めをしのぎ、CYCLOPS athlete gamingが理想的なスタートを切る。しかし、その後のGenGar AX選手の巧みな位置取りやxAxSy選手の連続キルなどによってDetonatioN Gamingが逆転、そのまま完璧なリスポーン管理で初戦を制した。

続くゲーム2はLONDON DOCKSでのSEARCH & DESTROY。ラウンド1はGaIiard選手のファーストキルから始まったが、DetonatioN Gamingの猛攻をTimGUCHI選手のカバーで防ぎ切り、CYCLOPS athlete gamingが先制。その後もスモークグレネードが煙る中での攻防が続き、3-3まではどちらも譲らない展開だったが、最終的にDetonatioN Gamingが逆転し、6-3で連続勝利、2試合を先取し、リーチをかける。
CAPTURE THE FLAGは、DetonatioN Gamingの4人全員で上がるオフェンシブな立ち回りに対し、CYCLOPS athlete gamingのpowapowatan選手があたかも「ゴールキーパー」かのような鉄壁の防御を展開。その後も重要な局面の撃ち合いで勝っていったHqBRa選手や、キルを取りつつフラッグキャリアも担うTimGUCHI選手の活躍によってCYCLOPS athlete gamingが勝利した。
CYCLOPS athlete gamingがなんとかつなげたゲーム4はLONDON DOCKSでのHARDPOINT。ゲーム1と同じくポイントを先行したのはCYCLOPS athlete gamingだったが、その後、DetonatioN Gamingが逆転し、続けざまのスコアストリークで畳み掛けて250-131で勝利。配信第1試合は3-1でDetonatioN Gamingが勝ち星を挙げた。
新リーダー就任初陣での快勝について、DetonatioN GamingリーダーAIiceWonderIand選手は「総合的には70点か80点。CAPTURE THE FLAG以外はほぼ完璧な試合運びができたと思います。次回以降は、1戦も落とさず勝ち続けたいと思います」と力強くコメントした。

第2試合『Libalent Vertexリバレント ヴァーテックス VS Rush Gamingラッシュ ゲーミング

ゲーム1
モード:HARDPOINT
マップ:GIBRALTAR

ゲーム2
モード:SEARCH & DESTROY
マップ:LONDON DOCKS

ゲーム3
モード:CAPTURE THE FLAG
マップ:LONDON DOCKS

ゲーム4
モード:HARDPOINT
マップ:ARDENNES FOREST
Rush Gamingは他のチームと比較するとメンバー4人の共闘歴が長く、以心伝心とも言える綿密な連携を得意とする強豪だ。対するLibalent Vertexは今回が大規模な大会への初参加となる新規精鋭のチーム。

注目の一戦、ゲーム1はGIBRALTARでのHARDPOINTとなった。最初にポイントを取ったのはLibalent Vertex。75ポイントまで進めるものの、GreedZz選手が華麗なゲームメイクで逆転。Rush Gamingは中盤リスポーン地点が離れて不利となったが、そこでの失点も最小にとどめ、そのまま初戦を勝利で飾った。
ゲーム2はLONDON DOCKSでのSEARCH & DESTROY。初戦はLibalent VertexのNicochaaaaaaaannが3連続キルでリードを作るが、続くラウンドからはRush Gamingが完璧なプレイングでポイントを重ねていく。互いに設置までは仕掛けられるものの、その後が混戦になる展開となった。
しかし、ラウンド6のNami選手 VS Inaba UR選手、7ラウンド目のNgt選手 VS Inaba UR選手と1on1が続く中いずれもInaba UR選手が制し、Libalent Vertexが4-3とリード。最後はNicochaaaaaaaann選手の決定打でLibalent Vertexが勝利した。

ゲーム3はLONDON DOCKSでのCAPTURE THE FLAG。同ルールに定評のあるRush Gamingが丁寧なルート作りで3-1とリードを築いた。続くラウンドも6-2と圧倒し、Rush Gamingが危なげなく勝利し、リーチをかける。

後がないLibalent Vertexが迎えたゲーム4はARDENNES FORESTでのHARDPOINTだったが、Rush Gamingの勢いは止まらない。こちらもスコアストリークの連発で王者の貫禄を見せつけ250-95と快勝。配信第2試合は3-1でRush Gamingが制した。
圧倒的とも言える結果を残したRush GamingリーダーGreedZz選手。試合後は「プロ対抗戦はCoDコミュニティでも注目度が高い大会なので、この盛り上がりに貢献できるよう次戦以降も頑張って行きたいです」と前向きなコメントを残してくれた。

第3試合『SCARZスカーズ VS SunSisterサンシスター

ゲーム1
モード:HARDPOINT
マップ:LONDON DOCKS

ゲーム2
モード:SEARCH & DESTROY
マップ:ARDENNES FOREST

ゲーム3
モード:CAPTURE THE FLAG
マップ:FLAK TOWER

ゲーム4
モード:HARDPOINT
マップ:SAINTE MARIE DU MONT
SCARZは常にCoDシーンのトップを走り続けるプロチームで、他チームからの注目も非常に大きい。相対するのはプロ初試合、実力未知数のSunSister。ゲーム1はLONDON DOCKSでのHARDPOINT。経験の勝るSCARZが終始落ち着いて先制を決めた。

ゲーム2はARDENNES FORESTで行われたSEARCH & DESTROY。防衛側のSCARZが1ラウンド先制するも、SunSisterも巧みな連携で取り返していく。最後はSamuNiena選手の弧を描くような美しいエイムによる連続キルでSunSisterが勝利した。
続くゲーム3はFLAK TOWERでのCAPTURE THE FLAG。1ポイント先取のSCARZの守備的な立ち回りをKitty選手が連続キルで切り崩していく展開。互いに守りが固く拮抗する戦況を3-1で制したのはSCARZ。ゲーム4、名勝負が生まれたのはSAINTE MARIE DU MONTでのHARDPOINT。SunSisterは終始安定感のあるリーダーChip選手主導でポイントを先制するも、SCARZの切り返しに阻まれポイントが逆転されてしまう。流れはこのままSCARZに傾くかと思いきや、再び真正面からの撃ち合いを制したSunSisterがリード。試合は100ポイント付近から230ポイント付近まで長らく拮抗状態となったが、最終的に接戦を250-236で制したのはSCARZだった。配信第3試合は3-1でSCARZが制した。
試合後、SCARZリーダーHunt選手は「見ている方にとっては激戦だったかも知れませんが、内容的にはもっと上手くできたはずでした」と謙虚なコメントを残しつつも、次回は更に完璧な試合運びを目指す姿勢だ。
第1回の6試合の結果は上記のとおり。現在トップは2試合を勝利し、6ポイントのRush Gaming。続くDetonatioN Gaming、SCARZが5ポイントで同率2位となっている。
非常にレベルの高い激戦が続いた「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」は、次回5月19日17時から再び配信予定となる。戦いはまだ幕を開けたばかりだ。今後の戦いに注目したい。
コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦【第1回】
コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦【第2回】リマインダー設定はこちらから
『コール オブ デューティ ワールドウォーII』を始めよう!

本物の戦場さながらの戦闘と仲間たちとの絆。仲間とともに過酷な戦闘をくぐり抜け戦おう。