PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』
「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」
8/9(日)関東ブロック代表決定戦を開催 関東ブロックの代表選手が決定
一般の部は東京都・埼玉県・栃木県から5名、少年の部は東京都・茨城県・神奈川県から5名が本大会に進出!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)は、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMA」の競技タイトル、プレイステーション®4(PS4®)用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』部門について、関東ブロック代表決定戦を8月9日(日)にオンラインで開催いたしました。

また本ブロック代表決定戦の模様は、息をのむアクション、スリリングなレースイベントなど幾多の感動的な動画を配信してきたデジタルコンテンツ・プラットフォーム「Red Bull TV」により独占ライブ配信を行いました。

都道府県予選を勝ち抜いた関東ブロックの選手たちが、代表の座をかけて対決!

本選手権の『グランツーリスモSPORT』部門では、都道府県予選(オンライン予選)を通過した各都道府県の少年の部(6歳以上~18歳未満)、一般の部(18歳以上)の上位 1~10名(都道府県によって予選通過者の人数が異なります)によるブロック代表決定戦を全国8ブロックで実施。ブロックごとに少年の部、一般の部でそれぞれ都道府県予選(オンライン予選)通過者によるレースを行い、上位 1~5名ずつ、計2~10名が各ブロック代表として選出されます(ブロックによって選出される人数が異なります)。選出された選手はブロックを勝ち抜いた代表として本大会に臨みます。

今回の関東ブロック代表決定戦は、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県から構成される関東ブロックの代表を選出するために開催されました。参加選手は関東ブロック(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に居住する方々のうち、3~4月にオンラインで行われた都道府県予選で上位のタイムを記録した方々で、1都6県から、一般の部の20名の選手、少年の部の19名の選手が参加しました。

予選、敗者復活、決勝の3つのレースで関東ブロックの代表選手10名を選出!

8月9日(日)に行われた関東ブロック代表決定戦では、都道府県予選を勝ち抜いた選手たちがオンライン上に集結。「Red Bull TV」での配信では、レースアナウンサーの辻野ヒロシさんが実況・解説を担当し、オンラインで多くの視聴者が見守るレースを熱く盛り上げました。

ブロック代表決定戦では、予選レース、敗者復活レース、決勝レースの3つのレースを行い、各ブロックの代表選手が決定されます。一般の部、少年の部とも、参加選手を2グループに分けた予選レースを行い、各グループの上位5名、合計10名が決勝レースに進出します。予選レースで6位以下だった選手は敗者復活レースに進み、その上位2名が決勝レースに出場。決勝レースでは、上位の1~5名がブロック代表として選出され、本大会への出場権を手にします。なお、ブロック代表に選出される人数はブロックごとに異なり、今回の関東ブロック代表決定戦では少年の部、一般の部からそれぞれ上位5名ずつ、合計10名が代表に選出されました。

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県を代表する、関東ブロックの代表選手が決定!

一般の部の決勝レースでは、国内外のeスポーツ大会でも活躍する関東ブロックの選手たちが顔を並べ、ハイレベルなレースが展開しました。昨年の「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の優勝者である山中智瑛(やまなか・ともあき)選手をはじめ、世界レベルの強豪も集った舞台で勝利を勝ち取ったのは、東京都代表の19歳、林裕樹(はやし・ひろき)選手でした。オンライン予選を繰り上げで通過した林選手は、予選Aグループで一人だけNSX Gr.3を選んで健闘。惜しくも6位で敗退するものの、敗者復活レースで再びNSX Gr.3を選んで2位を獲得し、決勝レースに返り咲きます。さらに林選手は、決勝の舞台でまたも出場者の中でただ一人ウラカン GT3 '15を選択し、グリッド決めのタイムトライアルで1分55秒060というトップタイムをたたき出してポールポジションを獲得。レースでも、一度もトップの座を譲らない力強い走りを見せてポール・トゥ・ウィンを決め、劇的な優勝を果たしました。続く2位には鍋谷奏輝(なべたに・そうき)選手、3位には谷孝二(たに・こうじ)選手と、序盤から熱い2位争いを繰り広げた埼玉県代表の2人が入り、4位には堅実な走りでスタート時の順位を保った栃木県代表、山中選手が入賞。5位は、レース終盤からゴールまで続いた熾烈なバトルに競り勝った東京都代表の森龍太郎(もり・りゅうたろう)選手が入賞し、東京都、埼玉県、栃木県から勝ち残った5名が、関東ブロック代表として本大会への出場を決めました。

少年の部の決勝レースでは、昨年の「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」に東京都代表として出場し、3位の好成績を収めた佐々木唯人(ささき・ゆいと)選手がさらに成長した姿を見せました。予選Bグループをトップで勝ち抜いた佐々木選手は、GT-R GT3 Schulze Motorsport '13で挑んだ決勝のタイムトライアルで僅差の争いを制してポールポジションを獲得。レースでは開始直後の混戦に巻き込まれることなく先行し、安定したドライビングで着実にリードを稼いでバトルを仕掛けられることなくチェッカーを受けました。一方で、2位以下の後続選手たちの間では、レース序盤から闘争心あふれるバトルが展開されました。3番グリッドからのスタートだった茨城県代表の小林陽樹選手と、5番グリッドからのスタートだった稲葉隼平(いなば・じゅんぺい)選手は、2位の選手のスピンと、4位を走っていた東京都代表の三宅拓磨(みやけ・たくま)選手がペナルティを受けたのに助けられて2位と3位に浮上し、テール・トゥ・ノーズ状態で佐々木選手を追走。また順位を落とした三宅選手は、6番手グリッドスタートだった神奈川県代表の奥津陸(おくつ・りく)選手たちとともにブロック代表選出のボーダーラインになる5位の座をめぐって、手に汗握るバトルを繰り広げました。激闘の結果は、1位に佐々木選手、2位に小林選手、3位に稲葉選手、4位に奥津選手、5位に三宅選手が入賞。東京都、茨城県、神奈川県の代表として出場した若きドライバーたちがブロック代表に選出され、本大会に駒を進めました。

関東ブロック代表 選出者プロフィール ※敬称略

※ 今大会への意気込みはブロック代表決定戦出場時点のものです。

少年の部

佐々木唯人(ささき・ゆいと)

出身:東京都 / 年齢:17歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    本大会 少年の部 決勝3位 / オンライン予選 少年の部 東京都 1位

今大会への意気込み

小林陽樹(こばやし・はるき)

出身:茨城県 / 年齢:12歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    本大会 少年の部 決勝7位 / 少年の部 茨城県A代表
  • SAMURAI X CUP 子供の部 準優勝 

今大会への意気込み

去年より良い順位で終わりたいです。スピンしないよう頑張ります。

稲葉隼平(いなば・じゅんぺい)

出身:東京都 / 年齢:17歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    少年の部 オンライン予選 東京都2位

今大会への意気込み

ベストを出せるように頑張ります!

奥津陸(おくつ・りく)

出身:神奈川県 / 年齢:16歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    少年の部 オンライン予選 神奈川県 2位
  • JeGT GRAND PRIX ROUND EXTRA チーム戦 第3レース 2位

今大会への意気込み

去年オフライン予選3位で惜しくも県代表になれず、とても悔しい思いをしたので、今年はリベンジという形で全力を尽くして頑張ります。

三宅拓磨(みやけ・たくま)

出身:東京都 / 年齢:16歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    少年の部 決勝11位

今大会への意気込み

まだまだ下手くそですが、全力で頑張るのでよろしくお願い致します!!

一般の部

林裕樹(はやし・ひろき)

出身:東京都 / 年齢:19歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

今大会への意気込み

一生懸命がんばります。

鍋谷奏輝(なべたに・そうき)

出身:埼玉県 / 年齢:19歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA
    オンライン予選 埼玉県1位
  • Porsche Esports Racing Japan 決勝大会出場
  • SFヴァーチャルシリーズ 西東京大会 優勝(同決勝大会出場)
  • FIA グランツーリスモチャンピオンシップ 2020
    マニュファクチャラーシリーズ プレシーズン アジア3位(ホンダ)

今大会への意気込み

昨年は都道府県代表決定戦で不本意な負け方をしたので、今年はリベンジを果たして本大会に出場したいです!

谷孝二(たに・こうじ)

出身:埼玉県 / 年齢:24歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

今大会への意気込み

可能な限り全力を尽くします。

山中智瑛(やまなか・ともあき)

出身:栃木県 / 年齢:26歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    本大会 一般の部 優勝 (栃木県代表)
  • FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2019
    ワールドファイナル in モナコ マニュファクチャラーシリーズ 優勝
  • FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2019
    ワールドツアー ニュルブルクリンク マニュファクチャラーシリーズ 1位
  • FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2020
    ワールドツアー in シドニー マニュファクチャラーシリーズ 6位

今大会への意気込み

二連覇を目指し、全力でレースに挑みます。

森龍太郎(もり・りゅうたろう)

出身:東京都 / 年齢:23歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    一般の部 東京都代表

今大会への意気込み

オンライン開催となってしまい残念ですが,楽しくレースできればと思います。決勝進出を目指して頑張ります。

『グランツーリスモSPORT』を始めよう!

フルスペックのフィーチャー満載ながら
初心者への間口を大きく広げた
シリーズ最新作いよいよ登場。

©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.