PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』
「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」
8/8(土)九州・沖縄ブロック代表決定戦を開催 九州・沖縄ブロックの代表選手が決定
一般の部は福岡県・熊本県・鹿児島県から3名、少年の部は熊本県・鹿児島県から2名が本大会に進出!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)は、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMA」の競技タイトル、プレイステーション®4(PS4®)用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』部門について、九州・沖縄ブロック代表決定戦を8月8日(土)にオンラインで開催いたしました。

また本ブロック代表決定戦の模様は、息をのむアクション、スリリングなレースイベントなど幾多の感動的な動画を配信してきたデジタルコンテンツ・プラットフォーム「Red Bull TV」により独占ライブ配信を行いました。

都道府県予選を勝ち抜いた九州・沖縄ブロックの選手たちが、代表の座をかけて対決!

本選手権の『グランツーリスモSPORT』部門では、都道府県予選(オンライン予選)を通過した各都道府県の少年の部(6歳以上~18歳未満)、一般の部(18歳以上)の上位 1~10名(都道府県によって予選通過者の人数が異なります)によるブロック代表決定戦を全国8ブロックで実施。ブロックごとに少年の部、一般の部でそれぞれ都道府県予選(オンライン予選)通過者によるレースを行い、上位 1~5名ずつ、計2~10名が各ブロック代表として選出されます(ブロックによって選出される人数が異なります)。選出された選手はブロックを勝ち抜いた代表として本大会に臨みます。

今回の九州・沖縄ブロック代表決定戦は、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県から構成される九州・沖縄ブロックの代表を選出するために開催されました。参加選手は九州・沖縄ブロック(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)に居住する方々のうち、3~4月にオンラインで行われた都道府県予選で上位のタイムを記録した方々で、8県から、一般の部の18名の選手、少年の部の18名の選手が参加しました。

予選、敗者復活、決勝の3つのレースで九州・沖縄ブロックと、鹿児島県特別枠の代表選手5名を選出!

8月8日(土)に行われた九州・沖縄ブロック代表決定戦では、都道府県予選を勝ち抜いた選手たちがオンライン上に集結。「Red Bull TV」での配信では、レースアナウンサーの辻野ヒロシさんと、ポリフォニー・デジタルのYAMが実況・解説を担当。オンラインで多くの視聴者が見守るレースを、熱く盛り上げました。

ブロック代表決定戦では、予選レース、敗者復活レース、決勝レースの3つのレースを行い、各ブロックの代表選手が決定されます。一般の部、少年の部とも、参加選手を2グループに分けた予選レースを行い、各グループの上位5名、合計10名が決勝レースに進出します。予選レースで6位以下だった選手は敗者復活レースに進み、その上位2名が決勝レースに出場。決勝レースでは、上位の1~5名がブロック代表として選出され、本大会への出場権を手にします。なお、ブロック代表に選出される人数はブロックごとに異なり、今回の九州・沖縄ブロック代表決定戦では少年の部から1名、一般の部から2名の、合計3名が代表に選出されました。

また、今回の九州・沖縄ブロック代表決定戦では、決勝レースで決定される3名のブロック代表に加え、本大会の開催地である鹿児島県の代表選手を対象とした「鹿児島県特別枠」の選出も行われました。この特別枠は、決勝レースおよび敗者復活レースを通じて鹿児島県代表選手の中で最上位となった選手を、少年の部と一般の部から各1名ずつ、合計2名選出するものです。これにより、九州・沖縄ブロックからは合計5名の選手が本大会に出場することになります。

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県を代表する、九州・沖縄ブロックの代表選手が決定!

一般の部の決勝レースでは、昨年の「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」でも活躍した選手たちが多数参戦しました。強豪が集う中で存在感を見せたのは、昨年は少年の部の福岡県代表で参戦し、今年は一般の部での出場となった福岡県代表の中村勇斗(なかむら・ゆうと)選手と、昨年の一般の部で熊本県代表を務め、「FIA グランツーリスモチャンピオンシップ」への出場実績も持つ井芹颯真(いせり・そうま)選手でした。予選レースを順当に勝ち上がった両選手は、激しいアタック合戦が繰り広げられた決勝レースのタイムトライアルでも好タイムを記録し、FT-1 VGTを選んだ中村選手がポールポジション、GT-R GT3 Schulze Motorsport '13を操る井芹選手が3番グリッドを獲得。レース序盤はトップの中村選手が少しずつリードを稼ぎ、それを2位の選手と3位の井芹選手が追いかける展開になりました。4位以下を引き離した3周目、井芹選手はヘアピン手前のストレートでスリップストリームから出て前の選手をパスし、鋭くイン側に切り込むコーナリングで2位に浮上。そこからは中村選手と井芹選手がペースを落とすことなくレースをリードしました。ストレートの速さで優位に立つ井芹選手は終盤までにトップとの徐々に差を詰め、ファイナルラップで中村選手のスリップストリームに入れる距離まで近づく好走を見せましたが、中村選手は堅実な走りで1位をキープしたままゴール。井芹選手は2位でゴールし、福岡県代表と熊本県代表の2人が九州・沖縄ブロック代表選手の座を手にしました。

少年の部の決勝レースでは、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」本大会にも出場していた熊本県代表選手の新木悠真(あらき・ゆうま)選手が、ライバルを寄せ付けない圧倒的な速さを披露しました。予選Aグループのタイムトライアルで、新木選手は2番手のタイムを出した鹿児島県代表の有川恒平(ありかわ・こうへい)選手にコンマ5秒以上の差をつけてポールポジションを獲得。レースでもテンションをまったく落とすことなく独走し、5.7秒以上の大差をつけてポール・トゥ・ウィンを決めます。続く決勝レースで、新木選手はGT-R GT3 Schulze Motorsport '13を選択。グリッド決めのタイムトライアルで、ただ一人1分55秒台前半の好タイムを記録します。ポールポジションからレースをスタートした1周目、新木選手はバックストレートからのヘアピンコーナーで2位を走る有川選手に並びかけられますが、慌てることなく走行ラインをきっちりと締めて1位をキープ。その後、有川選手が2位争いのバトルに巻き込まれ、大きなリードを得た新木選手はスキのないドライビングで後続を突き離し、予選レースと同様の独走状態に入ります。最後までペースを落とさず、ファステストラップまで記録する好走を見せた新木選手は、2位に11秒以上という大差をつけて1位でフィニッシュ。熊本県代表として、1枠しかない貴重な九州・沖縄ブロックの少年の部代表の座を獲得しました。

決勝レースの結果を受けて鹿児島県特別枠の選手に選出されたのは、一般の部の決勝レースを9位の成績で完走した鹿児島県代表の吉元陵(よしもと・りょう)選手と、少年の部の決勝レースを2位の成績で走りぬいた鹿児島県代表の有川恒平選手でした。一般の部の吉元選手は、スーパーFJのレースに現役で出場しているリアルドライバーで、今回の鹿児島県オンライン予選を1位で突破した実力派。少年の部の有川選手も、昨年の「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」でも鹿児島県代表を務め、今回の決勝レースでの激しい2位争いを攻めのドライビングで制した有力選手です。今回の開催地となる鹿児島県を代表する有力選手として、2選手の本大会での活躍が期待されます。

九州・沖縄ブロック代表・鹿児島県特別枠 選出者プロフィール ※敬称略

※ 今大会への意気込みはブロック代表決定戦出場時点のものです。

少年の部

新木悠真(あらき・ゆうま)

出身:熊本県 / 年齢:15歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • FIA グランツーリスモチャンピオンシップ 2020
    ネイションズカップ 国内暫定28位
    マニュファクチャラーシリーズ BMW 暫定5位
  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    少年の部 熊本県代表
  • 東京モーターショー2019 e-Motorsports
    都道府県対抗全日本選手権U18 出場

今大会への意気込み

今年は去年より人数が増えて難易度が上がったけれど、公式戦での経験を活かしてクリーンにトップを走り抜けたいです!

「レーシングカートROTAX MAX」九州シリーズ並びに鈴鹿シリーズ参戦。高校でラグビーをやっています。『鬼滅の刃』大好きです。

有川恒平(ありかわ・こうへい)

出身:鹿児島県 / 年齢:17歳 / 鹿児島県特別枠

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    少年の部 鹿児島県代表

今大会への意気込み

今年は地元開催ということで、地元勢としての意地を見せたいです。

全国の選手と張り合えるように頑張ります。

一般の部

中村勇斗(なかむら・ゆうと)

出身:福岡県 / 年齢:18歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    少年の部 福岡県代表
  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA
    一般の部 オンライン予選 福岡県2位

今大会への意気込み

井芹颯真(いせり・そうま)

出身:熊本県 / 年齢:19歳

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
    一般の部 熊本県代表
  • FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2019 ワールドツアー
    ニューヨーク マニュファクチャラーシリーズ出場(BMW代表)
  • FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2019 ワールドツアー
    レッドブル・ハンガー7 マニュファクチャラーシリーズ出場(BMW代表)

今大会への意気込み

九州・沖縄ブロック代表になれるように頑張ります。

吉元陵(よしもと・りょう)

出身:鹿児島県 / 年齢:30歳 / 鹿児島県特別枠

過去の『グランツーリスモSPORT』の大会戦績

今大会への意気込み

普段はスーパーFJのレースを戦っており、その練習のため『グランツーリスモSPORT』を利用しています! 二刀流ドライバーとして頑張ります!

『グランツーリスモSPORT』を始めよう!

フルスペックのフィーチャー満載ながら
初心者への間口を大きく広げた
シリーズ最新作いよいよ登場。

©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.