バイオハザード リべレーションズ2

バイオハザード リべレーションズ2

PS4

孤島で巻き起こる新たな惨劇――
“恐怖”に特化した『バイオハザード』が再び!

『バイオハザード』が持つ魅力の1つ“恐怖”——原点回帰を目指してそこへフォーカスを絞り、恐怖を“解放”したゲームとして構築されているのが『バイオハザード リベレーションズ』シリーズだ。その第2作である本作において舞台となるのは、謎に包まれた絶海の孤島。未知のクリーチャーたちが徘徊するこの島で、新たな惨劇が幕を開ける。

物語は孤島からの脱出を目指す“クレア編”と娘の救出を目指す“バリー編”という、2つの視点から綴られていく。クレア編では限られた装備で過酷な環境を生き延びる一般人としてのサバイバル、バリー編では非力な少女を守りながら敵を排除していくプロフェッショナルとしてのサバイバルが描かれる。各編では登場クリーチャーも異なっており、それぞれの物語でその戦い方も大きく異なってくるだろう。

2つの視点から描かれる“恐怖”……
地獄からの生存には協力が不可欠

異なる特徴を持った2人のキャラクターを切り替えながら道を切り開いていく点は、本作の大きな特徴だ。過去シリーズでも操作キャラクターの切り替えが存在するタイトルはあったが、本作ではキャラクター特性の差が従来よりも大きく設けられている。

例えばクレアは刃物や銃器で戦えるが、そのパートナーであるモイラは武器を扱えないためライトを使用して支援に徹する。一方のバリーは装備が充実しているうえに強靭な肉体を持つが、そのパートナーであるナタリアは非常に非力であり、しかし謎の察知能力と小柄さを活かした探索が可能となっている。

▲直接戦闘、ライトでの探索、敵の察知など、各キャラクターの特性を活かした立ち回りが生存には不可欠だ。ただしパートナー同士が別行動となるシーンも存在するので、状況によってはそれぞれが1人で窮地を切り抜ける方法を見出す必要もある。

登場キャラクター

クレア・レッドフィールド
(日本語CV:甲斐田裕子)

▲“すべてのバイオテロの始まり”と言われる、1998年に発生したラクーン事件での数少ない生存者。幹部が掲げる「人々をバイオテロから救うための組織」という言葉に共感してNGO団体・テラセイブに身を置いている。

モイラ・バートン
(日本語CV:藤村歩)

▲バリー・バートンの娘で、性格は快活で男勝り。親友であるクレアに憧れ、若干20歳にしてテラセイブに入った。クレアとともに収容所へ監禁され、その先で狂気の光景を目の当たりにする。武器を扱えないため、ライトやバールを使ってクレアを手助けする。

バリー・バートン
(日本語CV:屋良有作)

▲豊富な軍務経験を持ち、ラクーン市警の特殊部隊・S.T.A.R.S.所属時に遭遇した“洋館事件”からも生還した戦いのエキスパート。作中の時代では、対バイオテロ部隊・BSAAのアドバイザーを務めている。突如として消息を絶った愛娘・モイラを救出するため、単身で捜査へと向かう。

ナタリア・コルダ
(日本語CV:悠木碧)

▲バリーが孤島で出逢う謎の少女。なぜ島にいるのか、なぜ1人なのか、なぜ敏感な察知能力を持っているのか……その答えは、彼女自身も知らない。壁の向こうや死角などを指さすことがあり、その際は重要なアイテム、あるいは危険なクリーチャーの存在を示している。

※キャラクターボイス(CV)は日英の両バージョンを収録。

登場クリーチャー

アフリクテッド

▲全身に腫瘍が発生したクリーチャー。彼らは生きている人間を見つけると獣のように襲いかかり、生命が絶えるまで容赦なく痛めつける。身体には機械化したような箇所も見受けられるが……?

ロトン

▲アフリクテッドと似ているが、身体は腐敗が進行しており、骨格の一部が露出している。生ける者を執拗に追い、無慈悲に攻撃を続ける点はアフリクテッドと変わりない。

レヴェナント

▲バリーたちが遭遇するクリーチャー。何者かが複数の死体と無機物をつなぎ合わせて作り出したらしい。耐久力や攻撃力が高いが、あるウイルスの増殖によって生み出された“核”が中枢となっており、それを破壊されると生命活動を維持できない。

スプローダー

▲全身を腫瘍に蝕まれ、著しく肥大化したアフリクテッドの変異体。攻撃が加えられると腫瘍が破裂し、毒性のある体液を周囲へ撒き散らす。また、遭遇した外敵に対して自ら破裂することもあるようだ。

オルトロス

▲野犬が何らかのウイルスに感染して発生したクリーチャー。高い攻撃力と敏捷性を持つうえに、群れで行動する習性を持っている。縄張りの侵入者に対し、集団で襲いかかる。

And more...

サバイバルの限界に挑め――“レイドモード”

“レイドモード”とは、本編とは別に存在するエクストラゲーム。シナリオでなくアクションに特化したモードとしては従来作における『ザ・マーセナリーズ』と同様だが、ハック&スラッシュの要素が盛り込まれている。

本作の“レイドモード”には特有のストーリーが存在する。それは、暴走したAI“レッドクイーンα”の作り出した仮想空間に閉じ込められたプレイヤーが、無限に繰り返される狂気の実験の被験体になるというもの。プレイヤーは奇妙な部屋を“拠点”として、いつ終わるとも知れない戦闘事件から逃れるべく戦いを重ねていく。

購入スタイルに合わせた3つのダウンロード販売

本作は従来のようにストーリー全編を収録したパッケージ版が発売される他、配信限定にて各エピソードや追加キャラクターなどの単品販売も行われる。なお、単品販売される各コンテンツを利用するには、エピソード1が必須となる。ダウンロード版の販売形態は、各コンテンツ単品、エピソード1を除く各エピソードのダウンロード権がセットになったシーズンパス、エピソード1を含むコンテンツのダウンロード権がセットになったコンプリートシーズンパスという3種類が存在する。

ダウンロード販売『エピソード単品』

各エピソードを手軽に楽しめる、本編エピソード(全4話)の個別販売。なお『エピソード2』以降は『エピソード1』へのアドオンとなっており、単体での起動は行えない。

Episode 1“流刑地にて”

【配信日】2015年2月25日
【価格】741円(+税)

 NGO団体“テラセイブ”に所属していたクレアとモイラは、何者かに拉致されて収容所の監獄で目覚める。徘徊するクリーチャー、いつの間にかはめられた不可解な腕輪、そして腕輪から聞こえる「夜の恐怖、夜ではない恐怖……」というフランツ・カフカの詩。一体、何が起こっているのだろうか?

 それから半年後。行方不明となったモイラを救出すべく、単身で謎の島へと乗り込んだ父親・バリーは、そこで不思議な少女・ナタリアと出会う。夜の森林、暗闇の中にうごめく奇妙なクリーチャーたち。果たしてバリーはモイラと再会できるのか、ナタリアを守りきれるのか……そして自身も生き延びられるのか。
PlayStation™Storeで見る

Episode 2“観察”

【配信日】2015年3月4日
【価格】741円(+税)

 施設からの脱出に成功し、テラセイブのメンバーたちと合流したクレアとモイラ。しかし、“監視者”を名乗る何者かから、そこにいる全員がウィルスに感染していると告げられる。極限状態の中、さらなる絶望と恐怖が彼らに伸し掛かる。

 一方、バリーと出会ったナタリアは、記憶を頼りに彼をモイラの元へといざなう。モイラたちは生存しているのだろうか……? 跋扈する異形との戦いは続く。
PlayStation™Storeで見る

Episode 3“審判”

【配信日】2015年3月11日
【価格】741円(+税)

 狂気の実験に巻き込まれたクレアとモイラ。再会した仲間も次々と実験の犠牲に倒れてゆく。それでも生還を諦めない2人は、残されたメモを頼りに“監視者”の元へと近づいてゆく。

 モイラの失踪から半年後。島に上陸したバリーは、ナタリアの微かな記憶を頼りにモイラと出会ったという場所に向かう。そこで彼は、謎の人物から愛娘の死を告げられる……。
PlayStation™Storeで見る

Episode 4“変身”

【配信日】2015年3月18日
【価格】741円(+税)

 仕掛けられた数々の罠をくぐり抜け“監視者”の元へと辿り着いたクレアとモイラ。“監視者”の真の目的とは? そして2人は生還する事ができるのか?

 娘の死を告げられ、希望を砕かれるバリー。しかし彼はナタリアを守るため、そしてモイラの仇を討つため、立ち向かう覚悟を決める。2つの時間軸、2人の主人公の物語は、遂に1つの結末へと集束する。
PlayStation™Storeで見る

その他DLC 配信一例

・エクストラエピソード1(2015年3月18日配信 価格:463円+税)
・エクストラエピソード2(2015年3月18日配信 価格:463円+税)
・レイド用追加キャラクター“ハンク”(2015年2月25日配信 価格:278円+税)
・レイド用追加キャラクター“ウェスカー”(2015年2月25日配信 価格:278円+税)
・レイド用“ステージセット”(2015年2月25日配信 価格:463円+税)

ダウンロード販売『シーズンパス』

『エピソード1』を単品購入したプレイヤーに向けた、以降のエピソードと一部追加コンテンツのダウンロード権をセットにした『シーズンパス』。エピソード1を除く3つの本編エピソードと2つのエクストラエピソード、さらにレイドモード用の追加キャラクター“ハンク”がセットになったお得なパック。

【配信日】2015年2月25日~
【価格】2,500円(+税)

【『シーズンパス』収録内容】
・エピソード2~4(※エピソード1は未収録)
・エクストラエピソード1~2
・レイドモード用追加キャラクター(ハンク)

ダウンロード販売『コンプリートシーズン』

エピソードが配信され次第プレイしたい人へオススメの『コンプリートシーズン』。本編を構成する4つの全エピソードと2つのエクストラエピソードに加え、レイドモード用の追加キャラクター“ハンク”がセットになっているうえ、別々に購入するよりもお得になっている。

【配信日】2015年2月25日~
【価格】3,241円(+税)

【『コンプリートシーズン』収録内容】
・エピソード1~4
・エクストラエピソード1~2
・レイドモード用追加キャラクター(ハンク)

PlayStation™Storeで見る

パッケージ版収録内容

本作は従来のようにストーリー全編を収録したパッケージ版が発売される他、配信限定にて各エピソードや追加キャラクターなどの単品販売も行われる。なお、単品販売される各コンテンツを利用するには、エピソード1が必須となる。ダウンロード版の販売形態は、各コンテンツ単品、エピソード1を除く各エピソードのダウンロード権がセットになった『シーズンパス』、エピソード1を含むコンテンツのダウンロード権がセットになった『コンプリートシーズン』という3種類が存在する。

パッケージ版では、本編を構成する4つの全エピソードと2つのエクストラエピソードはもちろん、下記の追加コンテンツがすべて収録されている。じっくり腰を据え、一気に本作を楽しみたいプレイヤーにオススメだ。

【パッケージ版】収録内容
・エピソード1~4
・エクストラエピソード1~2
・レイドモード用追加キャラクター(ハンク、ウェスカー)
・レイドモード用“レイドステージセット”
・エクストラコスチューム(クレア、バリー、モイラ、ナタリア)

※現在、本ゲーム起動後のゲーム内ストアにアクセスすることができません。シーズンパスやその他のダウンロードコンテンツをご購入される場合は、直接PlayStation™Storeよりご購入ください。

ゲームソフト詳細

発売元 (株)カプコン
ジャンル サバイバルホラー
CERO(対象年齢)
CERO D
犯罪 暴力
プレイヤー 1人(オンライン:2人)
PSN℠ 対応
  • ゲームソフトは、販売・配信時期やその他の事情により一部または全部のサービスを中止または終了している場合やさまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認のうえウォレットへのチャージ/ご購入ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要です。

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

0 0 0 2015年2月25日 バイオハザード リべレーションズ2 バイオハザードリべレーションズ2 //sce.scene7.com/is/image/playstation/jp0102cusa00999_00parent0000000000_jacket?$pkgS$ PS4® オンライン/ディスク/ディスク アクション サバイバルホラー (株)カプコン カプコン 対応 PLJM-80026 4976219062022 0 1470236400000 0 0 CERO D