DEAD OR ALIVE 5 Last Round

DEAD OR ALIVE 5 Last Round

PS4

3D格闘ゲームの最高峰『DEAD OR ALIVE』が究極の進化を遂げた!!

2012年9月にPS3®で発売された『DEAD OR ALIVE 5(DOA5)』を皮切りに、『DOA5 Plus』や『DOA5 Ultimate』などのパワーアップ版が展開されてきた「DOA5」シリーズ。その中で生まれたすべてを結集した究極の格闘エンターテインメント『DOA5 Last Round』が、PS3®とPS4®に登場。

3D対戦格闘が持つ爽快感バツグンのアクションや、“ホールド”や“デンジャーゾーン”を駆使した「DOA」シリーズならではの奥深い駆け引き、「DOA5」シリーズから搭載された多彩なモードはそのままに、コンテンツの強化や新キャラクターの追加などが行われているのが本作の特徴。また基本プレイ無料版の配信など、新規プレイヤーも気軽に楽しめる仕組みも用意されている。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_1
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_2
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_3
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_4
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_5

『Last Round』注目ポイント1
前作までのキャラや衣装を初期収録!

前作『DOA5 Ultimate』に登場した400種類を超えるコスチュームを初期収録。さらに、追加キャラとして登場した女天狗、フェーズ4、マリー・ローズの3人も最初から選択可能だ。ダウンロードコンテンツ(DLC)を利用していなかったプレイヤーはもちろん、愛用のキャラと外見が完成していた前作プレイヤーにとってもうれしいところ!

DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_6
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_7

『Last Round』注目ポイント2
新キャラクターの雷道とほのかが参戦!

新たなプレイアブルキャラクターとして、雷道とほのかの2人が追加される。既存キャラとは異なる性能を持つため、これまでに構築された対戦の形に新風を巻き起こすこと請け合い! 総勢34名となったキャラの中からお気に入りを見つけ出し、全世界のプレイヤーとの対戦を楽しもう。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_8

雷道(CV:稲田 徹)

第1回“DEAD OR ALIVE”大会で爆死したが、その肉片を回収したドノヴァンの手によってサイボーグとして復活。かすみやハヤテが使う“霧幻天神流”をベースにしつつ、戦いによって身につけた他流派の技も使いこなす。巨体を生かしたパワー重視のアクションに加え、独自の奥義である“天崩轟雷掌”や“裂空迅雷殺”も特徴だ。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_9
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_10
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_11

ほのか(CV:野中 藍)

優しいお婆ちゃんに育てられたおっとり娘。一度見た技をすぐに覚えられるという特異な才能を持っており、これまでに見てきた多種多様な技を駆使する“ほのか流”という自己流のスタイルで戦う。さらに、“必殺の構え”をとることで独自の奥義を放つことも可能だ。ただし、動作はコピーできても体格は普通の女の子なため、威力やリーチはコピー元に劣ることも。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_12
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_13

『Last Round』注目ポイント3
外見を彩る要素もさらに充実

コスチュームや髪型といった外見要素もさらに充実。新たな髪型やコスチュームが登場し、愛用のキャラのコーディネートをより深く楽しめるようになっている。また、キャラクター選択画面で髪型やアクセサリーが確認できる“リアルタイムアクセサリ”機能も追加された。

DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_14
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_15
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_16

▲“リアルタイムアクセサリ”によって、コスチュームやインナー、髪型、メガネなど、その場で変更できる。

『Last Round』注目ポイント4
PS4®版ではハイスペック機ならではの新要素も

PS4®版には、ド派手なギミックを楽しめる2つの新ステージと、ハイスペック機だからこそ実現した究極のグラフィック表現を味わえる“やわらかエンジン”といった独自の要素を搭載。どちらも「DOA」シリーズならではの魅力をさらに高めるものなので、シリーズファンなら見逃せない!

DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_17
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_18

▲新ステージの“THE CRIMSON”と“THE DANGER ZONE”。どちらも過去のシリーズ作品からの再登場となる。圧倒的なグラフィックと多彩なギミックでよみがえる2つのステージを堪能せよ!

DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_19
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_20
DEAD OR ALIVE 5 Last Round_body_21

▲ハイスペック機ならではのリッチなグラフィックにより、柔らかな肉感や汗ばむ肌の質感などがリアルに再現。胸の揺れや筋肉の表現もさらに精密に!

気軽に始められる基本無料版も登場!

前作に引き続き、本作にも『基本無料版』が用意される。『基本無料版』では、“STORY”モードをのぞくすべてのモードを無制限でプレイできる他、“かすみ”、“あやね”、“リュウ・ハヤブサ”、“ハヤテ”の4キャラクターを最初から使用可能! もちろん、『基本無料版』同士のオンライン対戦だけでなく、有償版のプレイヤーとのオンライン対戦も行える。

なお、PS3®『DOA5 Ultimate』のセーブデータがあれば、取得した称号やコスチューム、STORYモードの進行状態を引き継ぐことができる。詳細は公式サイトで確認しよう。

PlayStation™Storeで見る

『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』基本プレイ無料版の詳細はこちら!

ゲームソフト詳細

発売元 (株)コーエーテクモゲームス
ジャンル 格闘エンターテインメント
CERO(対象年齢)
CERO D
セクシャル セクシャル
プレイヤー 1~4人(オンライン:2~16人)
PSN℠
PSN℠ 対応
  • ゲームソフトは、販売・配信時期やその他の事情により一部または全部のサービスを中止または終了している場合やさまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認のうえウォレットへのチャージ/ご購入ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要です。

©コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved. Akira, Sarah, Pai, Jacky characters ©SEGA. Virtua Fighter is either a registered trademark or trademark of SEGA Corporation.

トップに戻るボタン
0 0 0 2015年2月19日 DEAD OR ALIVE 5 Last Round デッドオアアライブ5ラストラウンド //sce.scene7.com/is/image/playstation/jp0106cusa01207_00doa5lr0000000000_jacket?$pkgS$ PS4® オンライン/ディスク/ディスク 対戦格闘 格闘エンターテインメント (株)コーエーテクモゲームス コーエーテクモゲームス 対応 PLJM-80056 4988615067716 0 1424271600000 0 0 CERO D