2018.04.03

『Detroit: Become Human』の原点となった映像を公開

「KARA」 テクニカルデモ(2013)を再生する

「KARA」 テクニカルデモ(2013)

『Detroit: Become Human』の原点は日本では2013年に『Beyond: Two Souls』の特典映像として公開された、「KARA」という技術デモ映像です。PlayStation®3の性能と、新しいリアルタイム3Dエンジンを使って、“どこまで感情が表現できるのか?”を検証するためのショートストーリーで、本映像の制作時点では、『Detroit: Become Human』は構想すらされていませんでした。このたった7分の小さな物語の結末で、どこかに出荷されていった“カーラ”はその後、『Detroit: Become Human』という形で再び我々の前に姿を現すことになります。

“機械が人間となり、様々な感情を持つようになる”、また“カーラを人間のように見せつつ、アンドロイドのようにも見せる”という野心的な挑戦を行い、目や肌の処理技術、ヴァロリー・カリーという表現力豊かな女優を起用したパフォーマンスキャプチャを通じて、技術的にも演出的にも、見事な成功をおさめることとなった本映像と、クリエイティブディレクター、デヴィッド・ケイジによる解説映像を、是非御覧ください。

デヴィッド・ケイジ インタビュー/「KARA」

デヴィッド・ケイジ インタビュー/「KARA」をを再生する
NEWS一覧に戻る