2038年、デトロイト。
人工知能やロボット工学が高度に発展を
遂げた、アンドロイド産業の都。
アンドロイドの登場
人間と同等の外見・知性を兼ね備え、
様々な労働や作業を人間に代わって
担うようになったアンドロイドは、
社会にとって不可欠な存在となり、
人類はかつてない豊かさを手にいれた。
しかし、その一方で、職を奪われた人々による
反アンドロイド感情が高まるなど、社会には
新たな軋轢と緊張が生まれはじめる。
そんな中、発見された奇妙な個体。
「変異体」と名付けられたそのアンドロイドたちは、
あたかも自らの意志を持つかのように
行動しはじめたのだった。
それは、自らの意思を持つアンドロイド。
人類史上最も便利な「道具」として生み出され、
ショーウィンドウに「モノ」として陳列されている
アンドロイドたち。
そこに生まれた「意思」や「感情」
らしきものとは何なのか。
それは命か、それともモノか。
あなたは、この物語を通じて幾度となく
その問いを突きつけられることになるだろう。