GET EVEN

GET EVEN

PS4

『GET EVEN』とは?

GET EVEN_body_1

『GET EVEN』は“ブラック”と“レッド”という二人の視点から、一つの大きな謎を解き明かし、真実を解明する一人称スリラーアドベンチャー。

ミステリアスな世界観を支えるグラフィックと、こだわりのサウンド技術で緊張感・臨場感のあるゲーム体験を楽しむことが出来る。

世界観を支える技術

GET EVEN_body_2

本作では、ミステリアスな世界観を表現するために、様々な技術を採用。

グラフィックは、本物の建物や人をフォトグラメトリー技術で3Dモデル化することにより、リアルにも奇妙な世界観を作り出している。

さらに、音楽はプレイヤーの感情や緊張感を高めるための技術として、“Auro-3D”オーディオフォーマットで録音した音源を使用。
まるでオーケストラの生演奏を聴いているかのような3Dサウンドの中で、より『GET EVEN』の世界観に没入することができる。

失われた記憶を取り戻す

GET EVEN_body_3

本作は記憶をなくした主人公”ブラック”が、唯一抱えている “あの少女は誰だったのか?”、“自分はどうしてここにいるのか?”という、疑問の答えを見つけるところから物語がスタートする。

失われた記憶を取り戻すために、ブラックは装着者の記憶を具現化し、まるで現実の出来事のように追体験できるデバイス“パンドラ・ユニット”を使い、自ら心の奥深くへと入り込んでいく。
パンドラユニットを使って、精神病院内にある様々な写真から過去の記憶へと飛び、記憶の断片を探しに行こう。

スマートフォンの機能を駆使して、謎を解き明かす

GET EVEN_body_4

ブラックが目を覚ました精神病院は謎であふれている。
失われた記憶の断片を探すためには、その手に持っているスマートフォンの機能を駆使する必要がある。

目に見えない痕跡を可視化する“UVライト”や、温度を視覚化する“ビジョン”を使って進んでいこう。

精神病院や記憶の中では、敵が襲ってくることもある。
銃や体術を使って倒すこともできるが、“レッド”によるとあまり人を殺めすぎると記憶に支障が出るらしいので、なるべく戦闘を避けて進むほうがいいのかもしれない。

さらにこの世界でブラックが遭遇するのは敵だけではない。
時折、そこにいるはずのない“あの少女”の姿や声が現れるが、過去の記憶とどのような関係があるのだろうか…

たどり着く隠された真実とは

GET EVEN_body_5

ブラックの得た記憶の断片は、それそれぞれの記憶ごとに謎の部屋にあるボードへとアーカイブされていく。

これがすべて埋まりきった時、隠された真実にたどり着くことができるのだろうか。

ゲームソフト詳細

発売元 (株)バンダイナムコエンターテインメント
ジャンル 一人称スリラーアドベンチャー
CERO(対象年齢)
CERO C
犯罪 犯罪 暴力 暴力
プレイヤー 1人
PSN℠
PSN℠ 対応
  • ゲームソフトは、販売・配信時期やその他の事情により一部または全部のサービスを中止または終了している場合やさまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認のうえウォレットへのチャージ/ご購入ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要です。

©BANDAI NAMCO Entertainment Europe S.A.S developed by The Farm 51 Group S.A. All rights reserved.

トップに戻るボタン
0 0 0 2017年8月18日 GET EVEN ゲットイーブン https://sce.scene7.com/is/image/playstation/jp0700cusa09101_00getevengame00001_jacket?$pkgS$ PS4® オンライン アドベンチャー 一人称スリラーアドベンチャー (株)バンダイナムコエンターテインメント バンダイナムコエンターテインメント 対応 0 1502982000000 0 0 0 CERO C