ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~

ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~

PS4 PSVR(必須)

本物体験!!! 今までにない驚愕のVRホラー

『ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~』は、PS VR専用ホラーアドベンチャーゲーム。
全国のアミューズメント施設で好評稼働中の体感型VR筐体「VR センス」に搭載された同タイトルを、PS VR専用PS4ゲームとして配信。
「“動いたら死ぬ”ホラー体験」を家庭で楽しもう。

“動いたら死ぬ”ホラー体験

本作は、プレイヤーが仲間と共に訪れた廃校で起こる恐怖の体験を描いたホラーゲーム。
「だるまさんがころんだ」という日本では馴染みの深い遊びが、驚いて動いたら死んでしまう恐怖のゲームと化し、鬼の元へと進むプレイヤーを驚かそうと次々と恐怖のギミックが襲う。
窓を突き破りプレイヤーを襲う大量の手、鬼や幽霊が目前で叫ぶ、廃校が崩れ落ちるといった大がかりなものまで、様々な恐怖体験が用意されている。

ゲーム進行によって変化する恐怖体験

プレイヤーの進行度によって、体験する恐怖は大きく変化する。
進行するにつれて鬼の様子が変化し、さらには鬼の裏に潜む異形の怪物が姿を現しプレイヤーにさらなる恐怖を与える。
さらに、昭和の廃校をリアルに再現したステージは、緻密なライティング設定も加わり、その場にいるだけで底知れぬ恐怖を感じてしまうような陰湿とした舞台となっている。

シンプルな操作性で高まる恐怖への没入感

○×△□ボタンのどれかを押すと前進、ボタンを離すと停止と操作はいたってシンプル。“動いたら死ぬ”恐怖をまざまざと実感できる。
鬼が「だるまさんがころんだ」と言っている間に前進し、鬼の元へたどり着こう。鬼が振り向いている間に動くと罰を受ける。
停止中も視点を動かすことはできるので、周りを見回すと事件の真相に迫る手がかりも……?

恐怖の始まり「少女編」と真実に迫る「少年編」、さらなる高難度モードの追加も

「初めの遊戯(少女編)」と「続きの遊戯(少年編)」、さらに「反復の遊戯」(狂鬼編)の3つのシナリオを用意。それぞれ違った恐怖体験を楽しめる。
プレイする順番は自由に選べるが、はじめは「少女編」を選ぶのがオススメ。
「少年編」はプレイ中の行動に応じて2種類のエンディングがある。
「狂鬼編」はPS4版で新たに追加された高難易度モード。

ゲームソフト詳細

発売元 (株)コーエーテクモウェーブ
ジャンル ホラーアドベンチャー
CERO(対象年齢)
CERO C
暴力 恐怖
プレイヤー 1人
PS VR 必須
PS Camera 必須
  • ゲームソフトは、販売・配信時期やその他の事情により一部または全部のサービスを中止または終了している場合やさまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認のうえウォレットへのチャージ/ご購入ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要です。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

0 0 0 2019年1月25日 ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~ ホラーセンスダルマサンガコロンダ https://sce.scene7.com/is/image/playstation/jp3634cusa14482_00horrorsense00000_jacket?$pkgS$ PS4® オンライン アドベンチャー ホラーアドベンチャー (株)コーエーテクモウェーブ 非対応 0 1548342000000 0 0 CERO C 必須 非対応 false