LIMBO

LIMBO

PS4

モノトーンの世界で展開する“死”と“生”の物語

『LIMBO』は、デンマークのインディーメーカー“Playdead”が開発した、横スクロールアクションアドベンチャー。運命に逆らい、『LIMBO』の世界へと足を踏み入れた少年が、離れ離れとなった妹を探しながら冒険する。すべてが影で描かれた目を引く“モノトーングラフィック”と、容赦のない“死の描写”で、全世界で話題を呼んだ作品である。

すべてが少年の行く手を阻む障害となる

ひらめきの力で道を切り拓こう

少年が進むべき道には、行く手を阻む「罠」が仕掛けられている。だが、冒険者でもヒーローでもない非力な彼にできるのは、ちょっとしたジャンプや、“ツタに捕まる”など、近くにあるものを調べて利用することだけ。

画面をじっくり観察して、ときには罠を飛び越え、ときには足場自体を動かしていき、正しい道を切り拓くパズル要素がゲームの中心となる。

試して倒れて、何度でも再挑戦!

デフォルメ調のグラフィックで描かれる『LIMBO』の世界だが、少年の前に立ちはだかる罠はどれもシビアなものばかり。そこに足を踏み入れた者に与えられるのは、無慈悲な“死”だけ。

もし運悪く死を迎えてしまったとしても、すぐにその直前からやり直すことが可能。一見してわからない罠も多いため、一度ハマってから何度も試して解法を探すというのが、本作の基本プレイスタイルとなる。

ときには“敵対”する存在も……

少年の行く手を阻むものは、自然が作り出す罠だけではない。人為的な仕掛けをはじめ、巨大生物、さらにはヒト(?)までもが、容赦なく少年に襲い掛かってくる。もちろん、戦う術がない少年にできるのは、逃げることだけ。一瞬でも気を抜けば、待っているのは死のみである。

さまざまな仕掛けが生み出す“独自の幻想世界”

恐怖や孤独感を煽るこだわりの演出に注目

『LIMBO』は、徹底されたモノトーングラフィックで構成。主人公の少年をはじめとしたすべてのキャラクターは、影絵のようなシルエットで描かれている。しかし、色調の違いで闇の中の光を繊細に表現したり、霧がかかったような描画でフォーカスする部分を変えて遠近感を演出するなど、モノトーンながらも随所に映像へのこだわりが感じられる。

また、BGMをあえてなくして環境音のみを鳴らす手法も、少年の孤独な心情をひしひしと伝えてくれる。同時に“音”もまた攻略の重要な手がかりとなっており、映像と音の両面から『LIMBO』の魅力を体感できるだろう。

徹底した“死”に対する描写の数々

少年が罠にハマって命を落としてしまうシーンも、本作の注目ポイント。ほかのゲームであれば暗転で済ませてしまう部分も、『LIMBO』では少年が“どのように命を落としたか”をゲーム中のアニメーションで、こと細かに表現される。

目を覆いたくなるショッキングな場面も多いが、ただグロテスクなだけでなく、少年に与えられた運命がどれだけ過酷なのかを示すバロメーターにもなっている。すべてを乗り越えた先に待つ結末は、少年にとって幸せなものになるのだろうか……。

『LIMBO』と『INSIDE』のバンドル!

Playdeadの2名作はバンドル化して販売中!

販売価格:3,090円(税込)
PlayStation®Storeで見る

ゲームソフト詳細

発売元 Playdead ApS
ジャンル アドベンチャー
CERO(対象年齢)
CERO D
暴力
プレイヤー 1人
PSN℠ 対応
PS Now 対応
  • ゲームソフトは、販売・配信時期やその他の事情により一部または全部のサービスを中止または終了している場合やさまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認のうえウォレットへのチャージ/ご購入ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要です。

© MMX BY PLAYDEAD ApS

0 0 0 2015年12月2日 LIMBO リンボ https://sce.scene7.com/is/image/playstation/up2054cusa01664_00jpps400000000002_jacket?$pkgS$ PS4® オンライン/オンライン アドベンチャー アドベンチャー Playdead ApS プレイダッド 対応 1 1448982000000 0 対応 2018年9月18日 0 CERO D false