ニード・フォー・スピード

ニード・フォー・スピード

PS4

新生『ニード・フォー・スピード』はこれまでと一味違う。
さあ、今夜は派手にキメようぜ

1994年の第1作『Road & Track Presents: The Need for Speed』発売以降、累計1億5千万以上を売り上げているレースゲーム『ニード・フォー・スピード』シリーズ。20周年という節目を越えた2015年にリリースする本作は、第1作とメインタイトルを同じくするリブートタイトルとなる。

プレイヤーに課せられた使命は、自分のスタイルを極めたドライビングで並み居るライバルや迫り来る警察を出し抜き、走り屋の頂点を目指すこと。『ニード・フォー・スピード』としての魂は引き継ぎつつも、生まれ変わった本作のレースは従来以上にスリリングかつハードコアだ。段差をジャンプし、障害物を弾き飛ばし、カーブでアスファルトに激しくタイヤを切り付ける……。広大なオープンワールドで繰り広げられる、“夜の街”を舞台にした白熱の公道バトルがプレイヤーを待っている。

“ベンチュラ・ベイ”に集うロードレースのカリスマたち

物語の舞台、そして激闘のコースとなるのは、海辺の街“ベンチュラ・ベイ”。その広さは『ニード・フォー・スピード ライバルズ』の約2倍もあり、全土をシームレスに走り回れる。

善良な市民が眠りにつくころ……この街は夜になると興奮に沸き返る。ダウンタウンの混みあったストリートでドーナツターンを決めよう。弧を描く谷間の道で高速のロングドリフトを連発しよう。仲間たちと工業地区を疾走しよう。スリルが欲しいなら、警察の溜まり場にちょっかいを出してチェイスゲームを手伝ってもらえばいい。この街は、走り屋たちのためにある。

 物語は、ベンチュラ・ベイにとあるカリスマが訪れたことから幕が上がる。カリスマの影響で、毎夜のレースはさらに加熱。プレイヤーもレースに参加して名声を高め、頂点を目指していく。

速ければいい、華麗ならもっといい

レースの勝敗は、レース中に稼いだポイント=REP(名声)の数によって左右される。ポイントはラップタイムに応じて与えられる他、最高速度の更新やドリフトの成功などでも獲得が可能だ。不格好な走り方をしていると、例え一着でゴールできても敗北する可能性も存在する。

 レースに参加し、勝ち抜き、名声も賞金も獲得していこう。資金がそろえば、夢のマシンを購入できる。金も大事だが、ここベンチュラ・ベイのストリートでは、名声(REP)が物事を動かす一番大事な資源だ。REPを上げれば重要人物が君に気づき、さらには一目置かれるようになる。REPが彼らの世界への扉を開くカギとなり、新しいイベント、マシン、カスタマイズオプションを利用できるようになる。

5つのプレイモードと、それぞれのカリスマ

本作には5つのプレイモードが存在し、それぞれに代表的なカリスマが設定されている。いくつものストーリーが交錯する中、自分の方法で名声を高め、ストリートの頂点を目指せ。

スピード

自動車の価値、その代表的なものが“スピード”だ。全速力で走ってこそ、マシンとドライバーの間に絆が生まれる。ぎりぎりまで神経をとがらせ、決してアクセルから足を離すな。超高速の恐怖に打ち勝てる者だけに見える世界がある。

 スピードのカリスマはマグナス・ウォーカー氏。彼はドレッドロックスと豊かな顎髭がトレードマークの、謎に包まれたポルシェ911愛好家だ。彼の愛車は、やはり“1971年型ポルシェ911”。“277”の通称で呼ばれるこのマシンはよく使い込まれ、乗り倒されており、ウエイト、ハンドリング、ブレーキング、パワーのバランスが完璧だ。ボディは傷や塗装の剥げにまみれているが、それは誇るべき歴戦の名残である。

スタイル

ドライビングを通して行う小細工なしの表現こそが“スタイル”の美学。正確なハンドリングでコーナーを攻め、テールランプの優雅なラインを描け。自分とマシンが世界のすべて——そういう者たちにとっては、スタイルこそが最重要だ。

 スタイルのカリスマは、ラリーレースやエックスゲームズ、そしてWebのジムカーナ動画を通して世界に名前を轟かせたケン・ブロック氏。彼の愛車は、マスタング純粋主義者が見たら卒倒するであろう“1965年型フォード・マスタングHoonicorn”。

 ボンネットからスロットルが突き出たRoush Yates製Ford V8エンジンと、強烈な845馬力を全車輪に届けるカスタムの6速シーケンシャル・ドグボックスと四輪駆動式の駆動系。この危険とスリルに満ちたマシンから繰り出される彼のドリフトの精度と華麗さは、他に類を見ない。

ビルド

マシンのビジュアルと性能に究極を求めるのが“ビルド”の主義。完璧と自分らしさを追求して、今日もマシンに改造を重ねる。

 真のカー・アーティストである中井啓氏がビルドのカリスマだ。彼は千葉の田舎にある小さな作業所を拠点に、ポルシェ・チューニングのブランド“Rauh Welt Begriff”を構え、世界各国に赴いてはアグレッシブなスーパーカーをビルドしている。

 そんな彼の愛車は、意外にも“1974年型ポルシェ911”。同氏が初めて所有したこのポルシェは、不穏で禍々しいモンスターのようなマシンとして育てられており、炎を噴くギアチェンジ、驚愕のコーナースピード、そして戦車に似たエキゾースト音を持っている。

クルー

ストリートに出る時は必ず“クルー”とともに。ライバル車とギリギリまで近づいても、クルーを信じてマシンを操れ。それこそが、至近距離を制する術だ。

 シカゴのアングラ・ドリフト界の代名詞であるリスキーデビルがクルーのカリスマ。フィッシュ、AJ、クック、スティーボ、T2からなる、このドライバー集団が通った道路には、タイヤ跡と華麗なドリフトの記憶が焼き付けられる。

 彼らの芸術が描かれるキャンバスは“スバルBRZ”。この小柄なスポーツカーには、Rocket Bunnyの超ワイドなボディーパーツとAir Lift製サスペンション、高音を発するスーパーチャージャーが仕込まれた。すべてはドリフトの美しさのために。

アウトロー

ぎりぎりのラインを攻め、限界を突破し、勝利をもぎ取れ。警察を挑発して全力で逃げろ。崖っぷちのスリルを追い求める、それが“アウトロー”の流儀だ。

 アウトローのカリスマは、改造ランボルギーニのコレクターである諸星伸一氏。中途半端をよしとしない彼の愛車は、V12エンジンが轟音を放つ超低車高の“1999年型ランボルギーニ・ディアブロSV”だ。ボディカラーは煌めくマゼンダ、エギゾーストは遠慮のないストレートパイプ、そして各所がLEDで光り輝く。

手にしたマシンは徹底的に改造可能

マシンのカスタマイズは『ニード・フォー・スピード』シリーズの醍醐味の1つ。本作でもホイールからリアスポイラーまで、さまざまなパーツをカスタムできる。エギゾーストなどを交換すれば、マシンが出す音を変えることも可能だ。

 また、“ボディキット”という改造パーツのセットも存在する。マシンの外観をまとめて変更できるうえにパーツの相性もいいので、手軽さを求める人にはオススメだ。

外観だけでなく、ボンネットの下にあるパーツもアップグレードを行える。燃料システムや過給器、イグニッションなどを改造して、マシンのポテンシャルを上げていこう。

 ハンドリングは、大きく2つの方向性にセッティングが分かれている。1つはシリーズ旧作に似たグリップ寄りの設定、もう1つはシリーズ近作に似たドリフト寄りの設定だ。もちろん、その中間にある未知のバランスを試してみることもできる。

 マシンのペイントは、新システム“ラップエディター”によって思い通りの見た目に仕上げやすくなった。単純なカラーの変更やコーティングの設定だけでなく、ラインやパターンを組み合わせて自分だけのデザインを作り出す機能も存在する。逆に、簡単にマシンの印象を変えられるデカールやロゴなども豊富にそろっている。

自分のスタイルでプレイしよう。世界に1台しかない、自分の感性を表現したマシンをベンチュラ・ベイに解き放て。

『デラックス・エディション』でゲームを有利に進めよう

豊富なゲーム内コンテンツを同梱した『デラックス・エディション』が登場。ゲーム内通貨で購入できる全アイテムの永久ディスカウントや派手なスターターマシンなど、限定版ならではのコンテンツが充実している。

【『デラックス・エディション』内容】
●ゲーム内通貨で購入できる全アイテムの永久ディスカウント
●派手なスターターマシン
●限定ラップ
●オリジナルのステッカー

『デラックス・エディション』には“パフォーマンスパック”&“スタイリングパック”を用意

『デラックス・エディション』の付属コンテンツとして、“パフォーマンスパック”&“スタイリングパック”の2つのDLCを用意。“スタイリング・パック”には、限定品の“スタイリング”ステッカー、スポイラー、リム、スプリッターが。“パフォーマンスパック”には限定パフォーマンスステッカーの他、さらに高性能ターボチャージャーやエンジンブロック、エキゾーストを一足先に手に入れることができるコードが含まれる。

『ニード・フォー・スピード デラックスバンドル』

【セット内容】
ニード・フォー・スピード デラックスバンドルで「ニード・フォー・スピード」の世界を味わいつくそう。

バンドルの内容:
・「ニード・フォー・スピード デラックス・エディション」(2016)
「ニード・フォー・スピード」(2016)ゲーム本編
・パフォーマンスパックとスタイリングパック
・ゲーム内通貨を使用したゲームアイテムの購入10%割引
・ボーナス初期マシン「BMW M3 E46」
・VIPアイコンとステッカー、限定ラップを収録
・「ニード・フォー・スピード ライバルズ コンプリートエディション」
「ニード・フォー・スピード ライバルズ」ゲーム本編
・シンプリーJaguarコンプリートパック
・Ferrariエディツィオーニスペチアーリ コンプリートパック
・コンセプトLamborghiniコンプリートパック
・Koenigsegg One:1
・コンプリートムービーパック ・ローデッドガレージパック

販売価格:7,128円(税込)

PlayStation™Storeで見る

『ニード・フォー・スピード』がお求めやすいEA BEST HITS版で登場!

ゲームソフト詳細

発売元 エレクトロニック・アーツ(株)
ジャンル アクションレーシング
CERO(対象年齢)
CERO B
犯罪
プレイヤー 1~8人(オンラインのみ)
PSN℠ 対応
  • ゲームソフトは、販売・配信時期やその他の事情により一部または全部のサービスを中止または終了している場合やさまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認のうえウォレットへのチャージ/ご購入ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要です。

© 2015 Electronic Arts Inc. EA, the EA logo, Need for Speed and the Need for Speed logo are trademarks of Electronic Arts Inc. The names, designs, and logos of all products are the property of their respective owners and used by permission. Vehicles may have been customised by EA using fictitious or licensed AEM parts, logos or modifications.

0 0 0 2015年11月12日 ニード・フォー・スピード ニードフォースピード https://sce.scene7.com/is/image/playstation/jp0006cusa01870_00nfs16se000000001_jacket?$pkgS$ PS4® オンライン/ディスク/オンライン/ディスク レース アクションレーシング エレクトロニック・アーツ(株) エレクトロニックアーツ 対応 PLJM-80131 4938833022202 0 1466607600000 0 0 CERO B