本文の開始

ニュースリリース

「プレイステーション 2」全世界生産出荷累計9,000万台を達成

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)の「プレイステーション 2」(PS2)は本年6月2日時点で全世界の累計生産出荷台数9,000万台を達成しました。

PS2は2000年3月4日の国内発売以来、家庭用エンタテインメントの標準プラットフォームとして全世界で販売数量を伸ばしてきました。中でも昨年11月に発売した小型・薄型の新型PS2(SCPH-70000シリーズ)が全世界で大変好評を博しており、発売から5年目となる2004年度(2004年4月1日~2005年3月31日までの1年間)においても全世界で1,617万台の生産出荷を記録するなど堅調な需要が続いています。PS2発売から現在までの約5年3ヶ月間における9,000万台という出荷数量は、累計生産出荷台数が既に1億台を超えている「プレイステーション」(PS)と比べても約2年3ヶ月早い達成となります。

PS2専用ソフトウェアについては、すでに全世界で延べ5,000以上のタイトルが発売され、累計生産出荷本数は8億本を超えています。2004年度においても、PS2専用ソフトウェアは過去最高となる2億5,200万本の出荷を記録するなど好調に推移しており、今後も引き続きSCEIおよび各ソフトウェア会社から魅力的なタイトルが多数発売される予定です。

SCEIは「プレイステーション」「プレイステーション 2」「プレイステーション・ポータブル」の各プラットフォームを通じて、ゲームに加え音楽・映画・放送・出版などが融合する新しいコンピュータエンタテインメントの創造と市場拡大を推進してまいります。

以上

 PS2ハードウェア仕向地別生産出荷累計台数 (2005年6月2日現在)

日本(アジア含む*) 2,104 万台 (発売日 2000年3月4日)
北米 3,648 万台 (発売日 2000年10月26日)
欧州(PAL地域) 3,248 万台 (発売日 2000年11月24日)
全世界合計 9,000 万台  

*韓国およびその他アジア地域への出荷分を含む。

ページの先頭へ戻る

トップに戻るボタン