本文の開始

ニュースリリース

新型PSP®「プレイステーション・ポータブル」
PSP®単品での国内発売から2週間で売上台数50万台達成

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が展開する新型PSP®「プレイステーション・ポータブル」(PSP-2000)は、2007年9月20日の国内発売から2週間で売上台数※1 50万台を達成しました。2007年9月13日の「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」特別限定同梱パッケージ先行発売分※2を含め、10月3日時点での国内累計売上台数は58万台となります。また、2007年9月度の売上台数は、2004年12月のPSP®発売以来、国内における1ヶ月間の売上で過去最高の水準となりました。

軽量・薄型化により携帯性が一層高まった新型PSP®は、基本3色に加え、淡い色合いとパール感で花をイメージした『Blume series』(ブルーメ シリーズ)の3色を新たに導入したことにより、女性を含めた幅広いユーザーの方々からご支持をいただいております。これら本体カラーバリエーションとともに、豊富かつ魅力的なソフトウェアラインアップ、新型PSP®専用「ワンセグチューナー」などの周辺機器によって、PSP®で楽しめる世界がさらに拡がっています。SCEは、今回の記録的な販売を弾みに年末年始の商戦期に向けて、今後続々と発売されるPSP®ならではのソフトウェアを中心に、ゲームをはじめ様々なコンテンツを楽しめる携帯型エンタテインメントシステムとして、PSP®プラットフォームの普及・拡大を強力に推進します。

さらに、「東京ゲームショウ2007」でもご好評をいただきました『TALKMAN TRAVEL』、『PATAPON(パタポン)』、『MyStylist』、『みんなのGOLF ポータブル2』などの自社タイトルに加え、ソフトウェアメーカー各社様から発売が予定されている幅広いジャンルのタイトルとともに、PSP®を通じてより多くのユーザーの皆様に新しいエンタテインメント体験を提供してまいります。

※1SCEから販売店等に引き渡された数量
※2株式会社スクウェア・エニックス様から2007年9月13日に台数限定(77,777台)で先行発売された
「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII- FFVII 10th Anniversary Limited」。

以上

ページの先頭へ戻る

トップに戻るボタン