• HOME
  • お知らせ
  • 【翻訳記事】WARZONE情報:封鎖措置アラート(1)

お知らせ
【翻訳記事】WARZONE情報:封鎖措置アラート(1)

WARZONEに関してActivisionより新しい記事が公開されましたので、翻訳のうえ掲載いたします。ぜひご覧ください。

原文(英語)はこちらからご覧いただけます。
WARZONE: CONTAINMENT PROTOCOL ALERT. 3/11/21.

関連ティーザー動画をご覧になりたい方はこちら(※英語/外部サイトへ移動します)もどうぞ。


WARZONE:封鎖措置アラート(2021年3月11日)

(即日発表)Armistice中央司令部より、ヴェルダンスク南東部に感染警報を発令。

ヴェルダンスクの全オペレーターに告ぐ。

緊急放送システムにより軽度の感染警報が発令された。対象地域は、汚染の発生地("幽霊船" ヴォジャノーイ号)周辺のヴェルダンスク南東ゾーン、および、そのすぐ東側に位置するZordaya Prison Complexとその周辺エリアとなっている。また多国間停戦航空支援隊と連携して行った地域偵察により、カストビア内の該区域内に異常の存在が確認された。以下の指示はTavorskエリアで活動する全オペレーターが対象となる。

不確かな情報筋によると、出所不明の二次勢力がPrison Complex(収容所)とShipwreck(難破船)の2地点に存在するという。先に述べた異常区域内での偵察活動は新たな戦闘衝突を生む可能性があるため、各自十分な警戒を行ってもらいたい。

敵勢力は、朽ちた死体のような外見で、対照認知能力は持たないと報告されている。これら異常な敵に遭遇した場合はすぐに殲滅することを期待したい。完了後はいったん戦闘を離脱、すぐに脱出のうえ、燻蒸消毒の実施を推奨する。

アラート:今のところ封鎖措置レベルの引き上げは予定していない。脅威は主に南ゾーンSector 5に封じ込められていると考えられるため、その周辺に配置しているオペレーター諸君はいつもどおりの行動をしてほしい。コンピュータモデルによると異常の活動はまもなく終了するものと思われ、さらなる拡大は想定されていない。

冷静沈着にミッションを遂行せよ。

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』ゲームソフト紹介

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』ご意見・ご要望

資金決済法に基づく表示

© 2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY BLACK OPS are trademarks of Activision Publishing, Inc.