アップデート情報
『CoD:WARZONE』アップデート情報 2021年7月15日

『CoD:WARZONE』にアップデートが適用されました。

ゲームを起動した際、自動的にソフトウェアのバージョンアップが実施される場合があります。
インターネット環境に接続のうえ、アップデートの適用を行ってください。

  • アップデートには十分なストレージ容量が必要です。本体ストレージ容量の不足を示すエラーメッセージが表示された場合は、不要なコンテンツやデータを削除するか、拡張ストレージの使用をご検討ください。
  • アップデートに失敗したり何度も再起動を求められる場合には、インストールされているデータに何らかの異常がある可能性があります。その場合はPS4®もしくはPS5®の電源を切って再起動を行い、改善されない場合はゲームの再インストールをお試しください。

原文(英語)は以下のリンクからご覧いただけます。
Call of Duty®: Warzone™ Season Four Reloaded Patch Notes

  • 更新履歴
    • 7/16 「ゲームプレイ」「武器」の項に追記を行いました。

注意:ここから先、パッチノート内の日時表記はすべて「太平洋時間」です。


Call of Duty®: WARZONE™ 「シーズン4リローデッド」パッチノート

最新のラウンド制ゾンビモード体験や懐かしのマルチプレイヤーマップ&新ゲームモードがBLACK OPS COLD WARに着弾する中、こちらWARZONEでもメタを変えるアップデートを投入、今後シーズン中には新目標型モード「PAYLOAD」も登場予定です!

イベント

期間限定イベント「BLUEPRINT BLITZ」

「ダブルXPウィークエンド」のようにスペシャルなグローバルイベントがWARZONEでスタートします!このイベントではプレイヤーが通常の契約を2つ完了した後、自動的に「密輸品」契約が出現。「密輸品」契約では、進行中のマッチで大量のキャッシュとともに契約の対象を戦場から引き上げることができれば、報酬として恒久的に保持できる武器設計図を獲得できます。

こちらのイベントでは、これまでのシーズンに登場した複数の武器設計図を手に入れることが可能です。これらの武器設計図がもともと入手可能だった時期にWARZONEをプレイしていなかった方や入手を逃してしまった方は「密輸品」契約を完了させて、ぜひ報酬を手に入れてくださいね。

注意:このイベントは通常のBATTLE ROYALE&PLUNDERモードでのみ開催されます。

モード

PAYLOAD

WARZONE初の目標型ゲームモード「PAYLOAD」では、時間制限のある状況で20人編成の2チームが戦いを繰り広げます。プレイヤーたちは降下後、2台のキャラバンをエスコートして複数のチェックポイントを通過させたり、そのミッションを妨害したり。障壁の建設や破壊、建物の購入などを通じて自分のチームを支援しつつ、ヴェルダンスク各地で契約を集めてミッションの成功を支援していきましょう。攻撃チームは全車両のエスコートに取り組み、制限時間内に全チェックポイントを通過させることができれば、マッチの勝者となります。防衛チームはペイロード(=積載物)を積んだ乗物から攻撃者たちを排除して移動を遅らせるだけでなく、障害物を購入したり建設したりして乗物の足止めを行うことも可能です。その間もオペレーターたちは各自のカスタムロードアウトを持参のうえ、コンスタントに降下を継続。ヴェルダンスクの各地では、ペイロードのエスコートや停止を支援するのに役立つ、キャッシュやキルストリークといったアイテム探しをしておくのがオススメです。

今後「シーズン4リローデッド」中に注目プレイリストとして登場する「PAYLOAD」どうぞお楽しみに。

マップ

  • 赤い扉
    • さらなるインテルによると、複数の「赤い扉」は《機密削除》のように思われ、オペレーターを《機密削除》へ連れて行く。

全般

  • 新プレステージアイテムを追加しました。
    • コーリングカード
    • エンブレム
  • PERK「キルチェーン」によって、戦利品からWARZONEの全キルストリークを入手できる確率が高くなりました。

ゲームプレイ

  • ヴェルダンスク各地に出現する戦利品について、以下の調整を行いました。
    • 強制収容所のロードアウトが新しくなりました。
    • 「赤い扉」の「Control Room」で、キルストリーク「セントリーガン」が発見できるようになりました。
    • 通常のBATTLE ROYALEモードで、これまでよりも「スペシャリストトークン」がありふれたものになりました。
  • キルストリーク「コンバットボウ」のダメージを増やし、直撃した敵はダウンするようになりました。
  • ロードアウトドロップを習得する際に、プレイヤーが現在の装備を背後にドロップするようになりました。
  • 下り坂でスライディングした時に、垂直方向のカメラの動きがロックされないようになりました。
  • 乗物「ダートバイク」についてアップデートを行いました。
    • ウイリー!
      • 後傾(のけぞり)姿勢になって乗物「ダートバイク」を持ち上げ、ウイリーしてみよう。
      • 前傾姿勢になるとステアリングの感度が向上し、鋭いターンが可能になります。
      • 乗物「ダートバイク」は空中での前傾&後傾姿勢にも対応しています。完璧な着地をきめるために、あらかじめ体勢を整えておいてください。
  • スクアッドとして立体的な交戦に素早く対応できるようにするため、複数のプレイヤーが屋外昇降機を同時使用できるようになりました。(7/16追加)

ここで嬉しいお知らせです!今後WARZONEでは、2つのWARZONE専用PERKのデビューを予定しています。またPERK「ハイアラート」についてもアップデートを行い、フィールドアップグレード「デッドサイレンス」の足音を聞こえるようにする予定です。

さらにそれまでの間に、待望の武器のヴェルダンスクデビューも目撃できるかもしれませんね ;)

バグ修正

  • HDRが有効になっていても、PS5®の120HZモードを有効にできない問題を修正しました。
  • 「Dev Error 5573」が原因でクラッシュが発生する複数の問題を修正しました。
  • ヴェルダンスク各地で、プレイヤーがエクスプロイト/のぞき見/射撃するために使用することができる多数のマップ構成要素に関して、衝突判定の問題の追加修正を行いました。
  • アーマープレートを装備している最中の場合、近接攻撃で他のプレイヤーを一撃で倒せる問題を修正しました。
  • 「ショットガンBRAVO (BOCW/Gallo SA12)」のカスタムMODをセーブできない問題を修正しました。
  • 「タクティカルライフルCHARLIE (BOCW/AUG)」のカスタムMODをセーブできない問題を修正しました。
  • 閉じているはずのリバースクレートが、開いているように表示される問題を修正しました。
  • サイトアタッチメント「3倍アクシアルアームズ」 を装着した武器設計図「Ice Drake」のバレルが、エイム中にプレイヤーの視界をさえぎる問題を修正しました。
  • ガスマスクのアニメーションがアクティブな状態で、ダウン後も一時的にプレイヤーが武器を使用できる問題を修正しました。
  • デス後も契約「バウンティ」のターゲットが追跡される問題を修正しました。
  • 「Downtown Tower」内の指定エリア外に、プレイヤーが立ち入ることができる問題を修正しました。
  • ロケットランチャーでダウンさせられた後もプレイヤーが射撃できる問題を修正しました。
  • 「タクティカルライフルCHARLIE (BOCW/AUG)」の最大予備弾数が210ではなく150になっている問題を修正しました。
  • サイトアタッチメント「2倍ビジョンテック」の装着時に、「ライトマシンガンALPHA (BOCW/Stoner 63)」の腰撃ちレティクルが表示されない問題を修正しました。
  • 矢印キーを押すと、バトルパスの購入ボタンを操作できなくなる問題を修正しました。
  • WARZONEにおけるジェスチャー「Celebratory Smoke」の視覚エフェクトが、BLACK OPS COLD WARのものと一致しない問題を修正しました。
  • WARZONEの多数の武器設計図がBLACK OPS COLD WARのものと一致しない問題を修正しました。
  • ゲーム内のUI上で、多数の武器の動的アイコンがずれて表示される問題を修正しました。
  • 戦術マップ上で、乗物「ダートバイク」のアイコンが他の乗物よりも大きく表示される問題を修正しました。
  • バトルパスを購入しようとした時に、購入画面/アニメーションでかたまってしまう問題を修正しました。
  • オペレーター「ベック」のスキン「スプレーペイント」の帽子が半透明で表示される問題を修正しました。
  • 三人称視点で、近接武器「BALLISTIC KNIFE」がずれて表示される問題を修正しました。
  • キルストリーク「エアストライク」(A-10サンダーボルトII)が、マッチの終了時まで空に残ってしまう問題を修正しました。
  • 多数の武器設計図に対するマスター迷彩の適用が一貫していない問題を修正しました。
  • しゃがんだ姿勢で近接攻撃を行うと、誤ったアニメーションが表示される問題を修正しました。
  • 出撃アイコンが誤った乗物の種類になっている問題を修正しました。
  • メイン武器スロットでの装備時に、サブマシンガン「Bullfrog (BOCW)」の外形がずれて表示される問題を修正しました。

乗物「ダートバイク」

  • ダートバイクが動かなくなった時に、プレイヤーがバイクから降りられなくなる問題を修正しました。
  • 助手席のプレイヤーが、他のプレイヤーに近接攻撃を加えることができない問題を修正しました。
  • 倒れているダートバイクを拾う時に、拾うアニメーションが表示されない問題を修正しました。
  • ダートバイク乗車時にリーサル「C4」を爆発させると、チームメンバーをキルすることがある問題を修正しました。
  • ドアの開閉をさまたげる位置に、ダートバイクを配置することができる問題を修正しました。
  • ヘリコプターのブレードによって、ダートバイクに乗っているプレイヤーがキルされない問題を修正しました。
  • バイクの下側に負荷がかかるように操縦すると、ダートバイクが動けなくなることがある問題を修正しました。
  • ダートバイクのキルフィードアイコンがATVになっている問題を修正しました。
  • ダートバイクのミニマップアイコンが、他の乗物アイコンよりも大きい問題を修正しました。
  • PLUNDERで、キャッシュの入った袋がプレイヤーの視界の一部をさえぎる問題を修正しました。

UI・UXなど

  • 「ソーシャル」画面のタブに「最近のスクアッド」と「最近プレイしたロビー」を追加しました。
    • 「ソーシャル」画面に2つの新しいタブを追加し、直近ともにプレイしたチームメンバーやロビーメンバーが表示されるようにしました。これにより、今までよりも簡単にフレンドを探したり、これらのメンバーと一緒にプレイしたりすることが可能です。
    • マッチ中にプレイヤーが交流した他のプレイヤーは自動的に「最近プレイしたロビー」のリストのトップに表示されます。これにより、マッチ終了後でもチートや悪影響を与える行動などを報告しやすくなりました。

アクセシビリティ

次の新機能は、アクセシビリティの3つの主要な領域である視覚聴覚身体機能に焦点を当てています。

  • テキストチャットの挙動(画面表示時間):受信メッセージの表示時間を変更するための新しいアクセシビリティオプションが追加されました。プレイヤーは、新しいメッセージを受信したときにテキストチャットウィジェットが画面に表示される時間を調整することができます。この機能は、聴覚アシストおよび操作アシストを目的としています。
    • プレイヤーは、次のオプションから希望のテキストチャットの挙動を選択することができます。
      • オフ:新しいメッセージを受信しても、テキストチャットがHUDに表示されることはありません。
      • デフォルト:新しいメッセージを受信すると、テキストチャットは3秒間画面に表示されたままになります。 これは「Warzone」で使用されてきた古い挙動です。
      • :新しいメッセージを受信すると、テキストチャットは15秒間画面に表示されたままになります。
      • :新しいメッセージを受信すると、テキストチャットは30秒間画面に表示されたままになります。
      • 延長:新しいメッセージを受信すると、テキストチャットは60秒間画面に表示されたままになります。
    • この設定は、オプションで[アクセシビリティ]メニューを開き、[ビジュアル]タブで[Text Chat Behavior (Time On Screen)]を選択することで確認できます。
    • もしくは、[オプション]メニューを開き、[全般]タブで[Text Chat Behavior (Time On Screen)]を選択すると、この設定を確認できます。

非言語コミュニケーションは、「Warzone」のゲームプレイの基本であり、我々は、テキストチャット機能の改善点を探るため、アクセシビリティ志向のテストプレイと「WarzoneアクセシビリティFAQフィードバックフォーム」で、テコ入れを行っています。 新しいメッセージを受信したときにテキストチャットが画面に表示される時間をカスタマイズできるようになることで、プレイヤーがヘッドフォンなどの外部ハードウェアを当てにすることなく、自チームと戦略的に意思疎通できるよう、サポートされることを願っています。ただし、戦闘の最中に追加のHUDメッセージでプレイヤーにスパムを送信することになるのは避けたいため、この機能の高度なバージョンを追加して、プレイヤーが画面上の表示時間を長くするか短くするかを選択できるようにしました。 事実上、プレイヤーは、システムメッセージなどを気にせず、チームからのメッセージを画面上に長く表示することを選択できます。あるいは、操作アシストを必要とするプレイヤーの場合、「テキストチャットの挙動(画面表示時間)」機能を使用すると、プレイヤーはHUD上でゲーム内のテキストチャット通知を完全にオフにできるため、ゲームプレイの中断や妨害を引き起こすことなくメッセージを受信できます。

  • 高度なテキストチャットの挙動(画面表示時間):アクセシビリティオプションのテキストチャットの挙動(画面表示時間)の高度なバージョンを使用すると、プレイヤーはメッセージの種類に応じて、受信メッセージの表示時間をカスタマイズできます。つまり、プレイヤーは、システムメッセージと比較すると、プレイヤーメッセージに対しては、異なる表示時間を選択できます。さらに、プレイヤーは[Always On Screen]を選択することで、テキストチャットの内容がHUDから消えるのを防ぐことができます。
    • ここにアクセスするには、[Text Chat Behavior (Time On Screen)]項目に移動し、下にある[詳細]ボタンを選択します。
    • プレイヤーは、[Player Messages Behavior]設定のオン/オフで、受信プレイヤーメッセージ(のみ)のテキストチャットの表示期間を選択できます。
    • プレイヤーは、[System Messages Behavior]設定のオン/オフで、受信したシステムメッセージ(のみ)について、テキストチャットの表示期間を選択できます。
    • これらの設定は両方とも、次のオプションから選択できます。
      • オフ:新しいメッセージを受信しても、テキストチャットがHUDに表示されることはありません。
      • デフォルト:新しいメッセージを受信すると、テキストチャットは3秒間画面に表示されたままになります。これは「Warzone」で使用されてきた古い挙動です。
      • :新しいメッセージを受信すると、テキストチャットは15秒間画面に表示されたままになります。
      • :新しいメッセージを受信すると、テキストチャットは30秒間画面に表示されたままになります。
      • 延長:新しいメッセージを受信すると、テキストチャットは60秒間画面に表示されたままになります。
    • [Always On Screen]:この設定には、オプション[Text Chat Behavior (Time On Screen) ]からアクセスします。 有効にすると、テキストチャットウィジェットがゲーム内の画面上で、永続的に表示されたままになります。この設定は、時間に追われる中で、一時的なHUD要素の迅速な周辺視覚のローカリゼーションと言語処理の必要性を排除することにより、操作アシストおよび視覚アシストをすることを目的としています。
  • 新しいメッセージの音声通知:新しいメッセージを受信したときに音声通知を有効にする新しいアクセシビリティオプションが追加されました。この機能は、情報通信用の2番目のチャネルを提供することにより、視覚アシストすることを目的としています。音声通知を追加すると、プレイヤーは視覚的な合図だけでなく、新しいメッセージの音声による合図を得ることができます。この設定は、ゲーム内だけでなくフロントエンドにも適用されます。
    • プレイヤーは、次の選択オプションからメッセージ受信時のオーディオ通知をカスタマイズできます。
      • 無効:(デフォルト)新しいメッセージ受信時、オーディオ通知は再生されません。
      • プレイヤーメッセージのみ:他プレイヤーから新しいメッセージを受信すると、音声キューが再生されます。
      • システムメッセージのみ:新しいシステムメッセージを受信すると、音声キューが再生されます。
      • 両方:パーティチャットやシステムメッセージなど、新しいメッセージを受信すると、音声キューが再生されます。
    • これは、オプションで[アクセシビリティ]メニューを開き、[ビジュアル]タブに移動し、[新メッセージ通知]を選択すると表示されます。あるいは、[オプション]メニューを開き、[全般]タブに移動して、[新メッセージ通知]からでも確認できます。

このテキストチャット機能の改善は、社内のアクセシビリティ志向のテストプレイとオンラインの「Warzone Accessibility FAQ feedback form」に触発されました。音声を使用し視覚をサポートする2番目のチャネルを提供することで、このオプションが視覚サポートを必要とするプレイヤー間の意思疎通をより適切にサポートすることを願っています。音声通知を追加すると、テキストチャットの内容が表示される画面について、視覚情報の必要性が軽減されます。さらに、この機能により、すべてのプレイヤーは、能力/障害に関係なく、ゲームのセットアップから離れているとき、画面を見ないとき、ウィンドウの外でAltキーを押したときなど、新しいメッセージがいつ受信されたかを示すことができます!

武器

新武器(BOCW)

  • サブマシンガン「OTs 9」(リローデッド開始時に登場)
    • フルオートのサブマシンガン。至近距離で高い威力を発揮し、射撃時もクリアな視界を維持。反動抑制に優れるが、装弾数は少なめ。
    • ストアバンドルまたは以下のゲーム内チャレンジ達成でアンロック可能です。(7/16追加)
      • 「サブマシンガンを使用して素早く2人以上キル」を異なる15マッチで達成(途中退出無効)
  • 近接武器「MACE」(今後シーズン中に登場)
    • 暴力的なこの近接武器は今後シーズン中に追加予定です。ゲーム内チャレンジ達成またはストアバンドルでアンロックできるようになります。

今回の調整はWARZONEの平均Time-to-Killを向上させることを狙いとして踏み出した、初めての大きな一歩です。一点ご注意いただきたいのは、この武器調整がそれぞれ単独的に行われたものではないということです。個々の調整を見たときに "あまりにも変化が激しすぎる" と思われるものもあるかもしれませんが、今回の調整はあくまで俯瞰的な視点から行ったものであり、複数の武器カテゴリーで足並みをそろえて平均TTKを向上できるように実施したものです。そのなかでも、胴体の倍率はひときわ重要な要素となっており、どのくらいコンスタントに胴体へのヒットがあるかという頻度を考慮して、実質倍率なしのダメージとして胴体の倍率が機能する場面を増やしています。この倍率の引き下げは精度がより重視されることにつながり、このゲームにとって非常に健全なことだと思っています。

統計上は、いつでも必ず "最高の武器" というものが存在します。これは対戦型ゲームの宿命です。それというのも、プレイヤーというものはそれがどんなに些細なことであれ、ありとあらゆる優位性を求めて探究を続けるものだからです。そこで私たちは "最高の武器" があまりにも長期間にわたって "最高の武器" であり続けないように、それからまた使用者のスキルに応じた効果を発揮するように、細心の注意を払うようにしています。それとは逆に "選択肢はたくさんあったほうがいい" というプレイヤーがたくさんいることも理解しています。私たちの目標はまさに、そのような幅広い選択肢を提供することです。そのため今後もそれぞれの武器がそこそこに活躍できるようになるまで、パフォーマンスの上下のはずれ値を抑えるという作業を続けていきます。みんなが "最高の武器" だと考えている武器を使用していないというだけの理由で "自分は明らかに不利な立場にある" と皆さんに感じてはほしくないのです。

WARZONE史上最大の今回のバランス調整後も、ゲーム内で健全なバランスが保たれているか、武器のパフォーマンスについてしっかり観察を続けていく所存です。

アサルトライフル

  • AK-47 (BOCW)
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.5に下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.2から1に下げました。
  • AK-47 (MW)
    • 胴体上部の倍率を1.2から1.1に下げました。
  • C58 (BOCW)
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.58に下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.2から1に下げました。
    • 胴体下部の倍率を1.1から1に下げました。
    • 最長ダメージ距離を8%伸ばしました。
    • リコイルを増加しました。
  • CR-56 AMAX (MW)
    • ヘッドショットの倍率を1.5から1.55に上げました。
    • 胴体上部の倍率を1.1から1に下げました。
  • アサルトライフルBRAVO (MW/FAL)
    • ヘッドショットの倍率を2.05から1.62に下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.2から1.1に下げました。
  • FARA 83 (BOCW)
    • 最大ダメージを31から29に下げました。
    • リコイルを増加しました。
  • FFAR 1 (BOCW)
    • ヘッドショットの倍率を1.5から1.4に下げました。
    • 最大ダメージを27から25に下げました。
    • 最小ダメージを25から23に下げました。
    • 最長ダメージ距離を20%短縮しました。
    • 首の倍率を1から1.2に上げました。
  • アサルトライフルGOLF (MW/FN SCAR 17)
    • 胴体上部の倍率を1.2から1.1に下げました。
  • Grau 5.56 (MW)
    • 最小ダメージを22から24に上げました。
  • Groza (BOCW)
    • 最大ダメージを28から27に下げました。
    • 最長ダメージ距離を4.5%上げました。
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.5に下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.2から1.12に下げました。
    • 胴体下部の倍率を1.1から1に下げました。
    • リコイルパターンをおだやかにしました。
  • Krig 6 (BOCW)
    • 最小ダメージを25から26に上げました。
  • M13 (MW)
    • 最小ダメージを19から20に上げました。
  • アサルトライフルCHARLIE (MW/M4A1)
    • 最大ダメージを28から27に下げました。
    • 最小ダメージを22から23に上げました。
  • Oden (MW)
    • 胴体上部の倍率を1.3から1.2に下げました。
  • QBZ-83 (BOCW)
    • 最小ダメージを22から24に上げました。
    • 基本移動速度を3%下げました。
    • エイム中の基本移動速度を5%下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.1から1.2に上げました。
    • 胴体下部の倍率を1から1.1に上げました。
  • RAM-7 (MW)
    • 最大ダメージを28から26に下げました。
  • XM4 (BOCW)
    • 最大ダメージを32から30に下げました。
    • 最小ダメージを28から27に下げました。
    • エイム速度をわずかに下げました。
    • リコイルをわずかに増加しました。

ライトマシンガン

  • M60 (BOCW)
    • 最大ダメージを36から37に上げました。
    • ヘッドショットの倍率を1.5から1.6に上げました。
  • MG 34 (MW)
    • 最大ダメージを31から29に下げました。
    • 最小ダメージを28から27に下げました。
    • ヘッドショットの倍率を1.5から1.4に下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.1から1に下げました。
  • MG 82 (BOCW)
    • エイム速度をわずかに下げました。
  • ライトマシンガンALPHA (MW/PKM)
    • 最大ダメージを31から32に上げました。
    • 最長ダメージ距離を7%下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.1から1に下げました。
  • SA87 (MW)
    • 胴体上部の倍率を1.2から1.1に下げました。
  • ライトマシンガンALPHA (BOCW/Stoner 63)
    • 最大ダメージを34から33に下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.1から1に下げました。

スナイパーライフル

  • Swiss K31 (BOCW)
    • エイムアニメーションをアップデートしました。
    • スナイパーライフル「ZRG 20mm」とベースのレティクルを共有するようになりました。

サブマシンガン

  • AK-74u (BOCW)
    • 最大ダメージを35から31に下げました。
    • 最小ダメージを25から26に上げました。
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.6に下げました。
    • 胴体上部の倍率を1から1.1に上げました。
    • 弾速を5%上げました。
  • サブマシンガンALPHA (MW/AUG)
    • 最小ダメージを25から26に上げました。
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.47に下げました。
  • Bullfrog (BOCW)
    • 最大ダメージを32から31に下げました。
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.5に下げました。
    • 左腕上部の倍率を.9から1に上げました。
    • 右腕上部の倍率を.9から1に上げました。
    • 左足上部の倍率を.9から1に上げました。
    • 右足上部の倍率を.9から1に上げました。
  • KSP-45 (BOCW)
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.57に下げました。
  • LC10 (BOCW)
    • 最大ダメージを30から27に下げました。
    • 最小ダメージを25から24に下げました。
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.55に下げました。
  • Mac-10 (BOCW)
    • 最大ダメージを24から23に下げました。
    • 最小ダメージを20から19に下げました。
  • Milano 821 (BOCW)
    • リコイルをわずかに増加しました。
    • 最長ダメージ距離を12%短縮しました。
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.38に下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.2から1.1に下げました。
    • 胴体下部の倍率を1.1から1に下げました。
  • サブマシンガンALPHA (BOCW/MP5)
    • 最大ダメージを33から31に下げました。
    • 最小ダメージを25から24に下げました。
  • Nail Gun (BOCW)
    • 最大ダメージを50から46に下げました。
    • ヘッドショットの倍率を1.62から1.45に下げました。
    • 胴体上部の倍率を1.28から1に下げました。
  • サブマシンガンECHO (MW/PP19 Bizon)
    • 最大ダメージを35から34に下げました。
    • 最小ダメージを25から26に上げました。
  • PPSh-41 (BOCW)
    • 最大ダメージを28から26に下げました。
  • ISO (MW)
    • 最小ダメージを20から21に上げました。
  • サブマシンガンDELTA (MW/Uzi)
    • 最小ダメージを25から26に上げました。
  • Fennec (MW)
    • 最大ダメージを25から24に下げました。
    • 最小ダメージを20から19に下げました。

タクティカルライフル

  • タクティカルライフルCHARLIE (BOCW/AUG)
    • ヘッドショットの倍率を1.8から1.7に下げました。
  • CARV.2 (BOCW)
    • ヘッドショットの倍率を1.7から1.6に下げました。
  • M16 (BOCW)
    • ヘッドショットの倍率を1.8から1.6に下げました。

アタッチメント

  • 4倍かそれ以上倍率のあるスナイパースコープ(BOCW)は、スコープが反射するようになりました。

オペレーター

新しいオペレーター

  • ウィーバー:NATO(今後シーズン中に登場)
    • 追跡者パックの一種類として「Warzone」で入手可能:ウィーバーオペレーターバンドル、シーズン4リローデッドの後半にストアで入手可能。
      • このバンドルには、3つの「武器設計図(レジェンダリー)」と新しい「とどめの一撃」に加えて、初期のBlack Opsを具現化したオペレータースキン「クレムリンの目」が含まれています。

ストア

  • Special Ops:Pro Pack(今後シーズン中に登場)- Pro Packが本作に戻ってきました。
    • この6アイテム入りのバンドルには、ポルトノバ(Portnova)の新しいスキン(レジェンダリー)と2つのレジェンダリー武器設計図(1つはアサルトライフル「FARA 83」をベースに、もう1つはサブマシンガン「AK-74u」をベースに設計されています)に加えて、コーリングカードとエンブレムが含まれています。

- Raven Software

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』ゲームソフト紹介

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』ご意見・ご要望

資金決済法に基づく表示

© 2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY BLACK OPS are trademarks of Activision Publishing, Inc.