アップデート情報
『CoD:WARZONE』アップデート情報(2)2021年9月16日

『CoD:WARZONE』にアップデートが適用されました。

ゲームを起動した際、自動的にソフトウェアのバージョンアップが実施される場合があります。
インターネット環境に接続のうえ、アップデートの適用を行ってください。

  • アップデートには十分なストレージ容量が必要です。本体ストレージ容量の不足を示すエラーメッセージが表示された場合は、不要なコンテンツやデータを削除するか、拡張ストレージの使用をご検討ください。
  • アップデートに失敗したり何度も再起動を求められる場合には、インストールされているデータに何らかの異常がある可能性があります。その場合はPS4®もしくはPS5®の電源を切って再起動を行い、改善されない場合はゲームの再インストールをお試しください。

原文(英語)は以下のリンクからご覧いただけます。
Call of Duty®: Warzone™ Season Five Reloaded Patch Notes
(UPDATE: SEPTEMBER 15TH)

    注意:ここから先、パッチノート内の日時表記はすべて「太平洋時間」です。


    Call of Duty®: WARZONE™「シーズン5リローデッド」パッチノートパッチノート追加版(2021年9月15日)

      全般

      • PLUNDERモードの「赤い扉」について、近接武器「CANE (BOCW)」の武器設計図「Lost Lion」のドロップ率を上げました。

      バグ修正

      • 特定のイースターエッグに付与されるコーリングカードのビジュアル上の問題を修正しました。;)
      • プレイヤーが「赤い扉」の部屋の中で絶命後、強制収容所のマッチに勝利して再配備されると、「赤い扉」の部屋が誤解を招くような形で開いているように見える問題を修正しました。
      • アクセシビリティのメニュー画面で「自動前進」が二度表示される問題を修正しました。
      • 英語以外の言語の場合、メニュー画面の要素内にテキストが正しくおさまらない問題を修正しました。
      • プレイヤーがフィールドアップグレード「デプロイカバー」を使用して「赤い扉」を開いたままにできる問題を修正しました。
      • 通常のBATTLE ROYALEで契約を完了後に報酬を受け取れないことがある問題を修正しました。
      • MOTD(=本日のメッセージ)をクリックすると、メニュー画面内の誤った箇所が表示される問題を修正しました。
      • 同じイースターエッグにアクセスすることができない問題を修正しました。
      • スナイパーライフル「Swiss K31 (BOCW)」の設計図「Roman Standard」のレティクルの中心がずれている問題を修正しました。
      • 「キツネ」のオペレーターミッション「セキュリティ専門家」目標2の進捗が正常に反映されない問題について、さらに修正を行いました。
      • PERK「テンパード」に関連するいくつかの問題を修正しました。
      • 多数の武器設計図とチャームについてレア度の分類を修正しました。

      武器

      アサルトライフル

      • AK-47 (BOCW)
        • キック(=リコイル)を調整しました。

      AK-47のキックについて再検討し、磨きをかけ、7.62口径の他の武器の挙動に近づけました。

      • FARA 83 (BOCW)
        • 最大ダメージを29から25に下げました。
        • 最小ダメージを25から23に下げました。
        • ヘッドショットのダメージ倍率を1.35から1.56に上げました。
        • 首のダメージ倍率を1から1.2に上げました。
        • 胴体上部のダメージ倍率を1から1.1に上げました。

      アサルトライフル「FARA 83 (BOCW)」は使い手を選ばない許容度の高い武器で、2種類のダメージ距離で比較的速いTTKを安定して実現することができます。それに加えてFARA 83のコントロールのしやすさが状況を悪化させていると考えられることから、FARA 83のパワーを一部、体の部位別のダメージ倍率に移すことで、同程度の腕前を要求する他の武器にTTK値を近づけました。

      • Krig 6 (BOCW)
        • リコイルをわずかに増やしました。
        • 首のダメージ倍率を1.3から1.1に下げました。

      アサルトライフル「Krig 6 (BOCW)」はここしばらくの間ずっと優位を保っており、その状況はつい先日の調整後も変わりありません。そこで少しだけお時間をいただき、Krig 6がこんなにもタフな理由をここで考えてみたいと思います。まず私たちの信念として "あらゆる腕前のプレイヤーに見合った武器が存在すべきだ" というものがあります。その観点で言えば、Krig 6は初心者用の長距離アサルトライフルであることをコンセプトにした武器で、現に今そのとおりの立ち位置を実現しているように思われます。この種の武器はとてもコントロールしやすいため、最速TTKの理論値がいとも簡単に現実のTTK値となってしまうような場合には問題児になりがちですが、実際にはそのようなことはほとんど起きません。もしそのようなことが頻繁に起きるとしたら、文句なしに最高峰の武器として挙げられるのはアサルトライフル「AK-47 (BOCW)」や「XM4 (BOCW)」になると思います。それからまたKrig 6の持つ優れた首のダメージ倍率のおかげで、これまでは短いTTKを1ショットで簡単に安定して達成することが可能でした。それらを踏まえた今回の調整後のKrig 6は "WARZONE武器マスターへの道" の最初の一歩あるいは二歩目としての役割をしっかりと果たしてくれるようになることでしょう。

      • QBZ-83 (BOCW)
        • リコイルをわずかに増やしました。
        • リコイルの減衰を有効にしました。

      コントロールが極めて簡単な長距離武器のTTKとして望ましい範囲については、私たちなりにビジョンを持っています。そして現状はまだ実現には至っていないものの、そのビジョンにかなり近づいているという認識です。今回の調整後、アサルトライフル「QBZ-83 (BOCW)」は長距離戦の主力におどり出る可能性があります。QBZ-83のパフォーマンスが私たちの期待に一致していることを確認するために、今後数日間パフォーマンスをしっかり観察していく予定です。

      サブマシンガン

      • OTs 9 (BOCW)
        • リコイルをわずかに増やしました。
        • 最大ダメージを34から31に下げました。
        • 最小ダメージを20から21に上げました。
        • ヘッドショットのダメージ倍率を1.35から1.52に上げました。
        • 首のダメージ倍率を1.35から1に下げました。

      サブマシンガン「OTs 9 (BOCW)」が強力な武器である理由のひとつは、短いTTKを簡単に達成できることにあります。共通のヘッドショットと首のダメージ倍率のおかげでヘッドショットを成功させることが通常の2倍ほど簡単になっており、並はずれたTTKを達成する可能性を秘めた武器であるがゆえに、使い手を選ばない極めて許容度の高い存在となっていました。今回の調整では最速TTKを達成する際に必要な精度を引き上げましたが、それでもなお敏捷性の面では食物連鎖の頂点に位置していることに変わりはなく、的確なショットを数発ヒットさせることさえできれば接近戦で負けるようなことはほとんどないと思います。

      • TEC-9 (BOCW)
        • 最大ダメージを26から24に下げました。
        • 最小ダメージを24から22に下げました。
        • 首のダメージ倍率を1から1.1に上げました。

      サブマシンガン「TEC-9 (BOCW)」は他の武器と同じように体の部位別のダメージ倍率が均一で、そのことが原因となりバランスが不安定になりがちでした。その結果、両極端なTTKを実現することが多く、短いTTKをいとも簡単に達成することもあれば、武器としてまったく使い物にならないこともあります。"これでは射撃の精度に見合った適切な見返りを与えることができていない" というのが私たちの判断で、各武器の立ち位置を総合的に考えてもあまり面白い状況ではありません。特にTEC-9の連射速度を考慮すると、胴体への数発のショットでTTKが540msというのはちょっと速すぎると思いました。

      ライトマシンガン

      • ライトマシンガンALPHA (BOCW/Stoner 63)
        • リコイルを調整しました。
        • キック(=リコイル)を調整しました。
        • 上昇中断時間を0.8から1秒に延ばしました。

      ライトマシンガンALPHA (BOCW/Stoner 63)は望ましい特性を多数兼ね備えた銃です。Stoner 63の持つリコイル、キック、操作性はどちらかと言うと、ライトマシンガンではなく5.56口径のアサルトライフルに期待するたぐいのものです。しかし今回の調整で追加した欠点により、ライトマシンガンでアサルトライフル戦に臨むことが妥当なのか、もう一度よく考える必要性が生じたと思います。

      タクティカルライフル

      • タクティカルライフルCHARLIE (BOCW/AUG)
        • リコイルをわずかに減らしました。

      私たちの最も大きな目標は "すべての武器に活躍の場を与えること" です。WARZONEのあらゆるモードで様々な腕前のプレイヤーを支援し、万人向けの武器とは言い難いバースト武器を含む、多様なプレイスタイルを活性化していくことが重要だと考えています。今回の調整でAUGのリコイルを減らし、またバレルの連射速度をわずかに上げたことで、このバースト武器がふたたび息を吹き返す可能性は高いと踏んでいます。

      アタッチメント

      バレル

      • タクティカルライフル
        • タクティカルライフルCHARLIE (BOCW/AUG)
          • 18"ラピッドファイア
            • 連射速度を5%から6%に上げました。
          • 17"チタン
            • 連射速度を7%から8%に上げました。
        • M16 (BOCW)
          • 16.3"ラピッドファイア
            • 連射速度を5%から6%に上げました。
          • 16.3"チタン
            • 連射速度を7%から8%に上げました。

      - Raven Software

      『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』ゲームソフト紹介

      『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』ご意見・ご要望

      資金決済法に基づく表示

      © 2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY BLACK OPS are trademarks of Activision Publishing, Inc.