プレイガイド
【翻訳記事】WARZONEモード「OPERATION: FLASHBACK」解説

広大な大地「ヴェルダンスク」での長きにわたる戦いがもうすぐ幕を閉じます・・・その前にもう少し、思い出を作っておきませんか?

現在WARZONEに登場しているプレイリスト「OPERATION: FLASHBACK」に関する情報がActivisionより公開されましたので、その翻訳をこちらのページに掲載します。プレイの参考にお役立ていただければ幸いです!

原文(英語)はこちらからご覧いただけます。
CALL OF DUTY®: WARZONE™ MODE INTEL -- OPERATION: FLASHBACK LTM


CALL OF DUTY®: WARZONE™ モードインテル - 期間限定「フラッシュバック作戦」

作戦が始まった。・・・ヴェルダンスクで "最高の瞬間" をもう一度体験しよう。この一年半、たくさんの思い出を作ってくれた1億人以上のプレイヤーに捧げる「QUADS BATTLE ROYALE期間限定イベント」がスタート。

「フラッシュバック作戦」開始

2020年3月10日、カストビア国内にある、それまでまったく無名の地だった「ヴェルダンスク」がWARZONEの本拠地として迎え入れられました。

それ以来、1億人を超えるプレイヤーがこの地に降り立ち、ライバルたちと度重なる戦いを繰り広げ、大量の強奪品(=plunder)を入手し、ゾンビ発生や反乱を生き延び、バンカーや金庫から貴重なインテルや兵器を見つけ出し、ついには核爆発そして1984年へのタイムスリップを体験しました。

このような数々の思い出の瞬間を記念して、Raven Softwareは今回、QUADS BATTLE ROYALE期間限定イベント「OPERATION: FLASHBACK」をご用意しました。これまでのイベントの数々が、今この瞬間に再び息を吹き返します。

多数のイベントが詰まったこのモードでは、ヴェルダンスクの歴史や新要素をあらためて楽しめるような形で、各サークルが始まるようになっています。ヴェルダンスクの過去を追体験してくれたプレイヤーには参加証の限定エンブレムを、そして見事マッチを制した勝者には今後のWARZONEの世界で実力を証明するのに最適なアニメーションコーリングカードをプレゼント。

この1年半の間にWARZONEをプレイしたことのある方なら、この「フラッシュバック作戦」のどこかしらにきっと懐かしさを感じてもらえるはずです・・・なぜならこのBATTLE ROYALEモードは、BLACK OPS COLD WARとMODERN WARFAREを合わせた計10シーズン以上の間に登場してきたコンテンツやイベントを、コンセプトの中心に据えて作り上げたものだからです。

それでは早速、勝利の証のコーリングカードを目指して、このモードのルールから戦略までじっくり解説していきたいと思います。これが「フラッシュバック作戦」の全容です。

交戦の掟:ゲーム内イベントを通して吹き込む過去からの強烈な風

"これまでにヴェルダンスク内で起きたこと" が再び発生します。直近と同じように、オペレーターたちは亀裂のできた1984年バージョンのヴェルダンスクの市街に降下することになりますが、出撃中を含む各サークル崩壊のスタート時には、過去にあったゲーム内パブリックイベントが今現在の戦闘に影響を及ぼします。そのイベントというのは、WARZONEのリリース以降、つまりMODERN WARFAREシーズン2以降に登場した主役級イベントの数々です。

  • ファイヤーセール:すべての購入ステーションで、多くのアイテムが大幅ディスカウントされます。
  • 脱獄:排除されていたプレイヤー全員がマッチに復帰します。
  • 補給ヘリ:通常のイベントに比べ、大幅に体力の低くなった補給ヘリがマップ内を飛びまわります。このヘリからはゲームの流れを変える可能性を秘めた補給クレートを入手可能です。
  • キャッシュドロップ:PLUNDERのキャッシュドロップが、マップ各地で利用できるようになります。
  • ロードアウトドロップ:無料のロードアウトドロップは、ヴェルダンスク、特にIRON TRIALSで戦ってきた猛者にとっては恵みの存在と言えるでしょう。でも今回は、少しひねりが加わっている点に注意してください。ロードアウトドロップマーカーは、このロードアウトドロップのパブリックイベントの発生時だけ、購入ステーションで購入可能になります。ぜひ活用してみてくださいね。

上記のイベントに加えて、各サークル崩壊のスタート時には以下のイベントが発生することもあります。

  • GROUND FALL(BLACK OPS COLD WARシーズン4):衛星が地上に墜落し、衛星のキャッシュを自由に利用することができます・・・もし手に入れることができれば、の話ですが。
  • HOSTILE FIRE(BLACK OPS COLD WARシーズン3):「DOWNTOWN TOWER」の屋上で「C4」を使って迫りくる戦闘ヘリを回避しながら、金庫のキーカードを手に入れましょう。それと同時に、契約「Unfinished Business」も堂々の復活。さぁ、金庫目指して競争開始だ!
  • RESTOCK(BLACK OPS COLD WARシーズン1/リバース島):マップ内の全サプライボックスが閉じられ、中身の戦利品が一新されます。強制収容所から帰還したばかりのオペレーターにとっては、ありがたいことこの上なし。
  • RESURGENCE(BLACK OPS COLD WARシーズン1/リバース島): チームメンバーが1人でも生き残っていれば、全メンバーが復活可能です。「REBIRTH ISLAND: RESURGENCE」の戦闘経験者は、このイベントルールや「RESTOCK」のことも、よくご存知ですよね。
  • JUGGERNAUT ROYALE(MODERN WARFAREシーズン4):複数のジャガーノートクレートが戦場に配備されます。1部隊あたり1人が装備可能です。戦術マップでドロップ地点を確認して、交戦に備えておいてください。
  • 《機密削除》武器ドロップ:「フラッシュバック作戦」のために用意された新イベントで、ある戦利品を含む重火器クレートがドロップされることになっています。最も大胆に行動できるスクアッドにとっては《機密削除》武器を含む圧倒的な火力を手にできるチャンスです。

このモードのサークル崩壊は通常よりも速いペースで発生し、発生回数も8回から9回へと増加しています。また通常のBATTLE ROYALEに比べ、サークルの半径がわずかに大きくなっています。

交戦の掟:アイテムセットにこめられた18ヶ月分のメタと熱狂

イベントのほかにも「フラッシュバック作戦」では、WARZONE開始以来、多くのベテランが "メタを決定づけてきた" と認識している様々な武器を含む、特別なアイテムセットをご用意しました。

このモードではぜひ、ダブルバレルショットガン「Dragon's Breath」やセミオート万能マークスマンライフル、デュアル武器など、懐かしい武器の数々を思い出してみてください。(どれも他のWARZONEモードには登場しないものばかりです。)

レアアイテム(梅)

  • 自己蘇生キット(MODERN WARFAREシーズン2):マッチ中にダウン後、自分や味方に対して蘇生を行うことができる医療キットです。
  • エアストライク(MODERN WARFAREシーズン2):双眼鏡をのぞきこみ、2つのジェットエンジンを搭載した精密爆撃機を視線の先に誘導しましょう。
  • クラスターストライク(MODERN WARFAREシーズン2):手動のレーザーを視界内の任意の位置に向け、迫撃砲を撃ちこむことができます。
  • PERK「オーバードライブ」(BLACK OPS COLD WARシーズン5):一時的なスピードアップ効果を得られます。
  • ガスマスク(MODERN WARFAREシーズン2):崩壊サークルの中で10秒間ダメージを受けないようになれる使い捨てアイテムです。

レアアイテム(竹)

  • 高耐久ガスマスク(MODERN WARFAREシーズン5・シークレットアイテム):崩壊サークルの中で30秒間ダメージを受けないようになれる使い捨てアイテムです。
  • アドバンスUAV(MODERN WARFAREシーズン2・シークレットアイテム):ヴェルダンスク内の全オペレーターの位置や方向を明らかにします。PERK「ゴースト」を装備しているオペレーターについては、250メートルより遠くにいるとレーダー上に表示されますが、アドバンスUAVを使用しているスクアッドがその範囲内に入ると表示が消えます。
  • PERK「2X」(BLACK OPS COLD WARシーズン5):発動中、ポイント、XP、キャッシュが2倍になります。
  • 金庫のキーカード#1, #3(BLACK OPS COLD WARシーズン3・シークレットアイテム):「DOWNTOWN TOWER」のパブリックイベントの金庫のキーカード#2とともに《機密》をアンロックするために使用可能です。(イベント「'80s Action Heroes」のヒーローたちはすでにご存知のことと思いますが・・・)

レアアイテム(松)

  • ハンタービジョン(BLACK OPS COLD WARシーズン5): 付近にいるすべての敵を時々ヒートサインで表示し、遮蔽物の向こうにいる敵であっても目視確認することができるようになります。
  • スペシャリストトークン(BLACK OPS COLD WARシーズン3・シークレットアイテム):このトークンを入手したプレイヤーには全PERKが付与されます。喉から手が出るほど欲しい一品です。

これらのアイテムに加えて、契約「スカベンジャー」「リーコン」の完了時には新しい報酬を得ることができます。また「スカベンジャー」を完了させるとクラスターストライクまたはエアストライク、「リーコン」の場合はUAVを受け取ることができます。

交戦の掟:購入ステーション閉店セール "完全売り尽くし"

新マップ「カルデラ(CALDERA)」とヴェルダンスクは遠く離れているため「フラッシュバック作戦」の購入ステーションでは、これまでの期間限定モードを含むWARZONEの世界で販売されてきたアイテムの売り尽くしセールを実施します。

オペレーターの皆さんがカルデラへ出発する前に売り切らなければいけないため・・・ありとあらゆる商品を在庫一掃します。そのため購入ステーションのメインメニューをご覧になればわかるとおり、通常提供品が下記のものに入れ替わっています。

  • 自己蘇生キット
  • アーマープレートバンドル
  • アーマーボックス
  • リーコンドローン
  • ミューニションボックス
  • セントリーガン
  • ロードアウトドロップマーカー
  • ボンバードメント
  • アーマートラック

「フラッシュバック作戦」に向けた5つの指南

  1. 大胆に・・・ 各サークル崩壊のスタート時のイベントで、強力な武器やアイテムを求め、我先にと戦いに繰り出したくなるのが人情というもの。チーム一丸となり、積極かつ攻撃的なプレイで、アイテム獲得のために戦闘に身を投じましょう。その見返りは十分に大きなものになるはずです。特に複数のイベントをやり遂げ、購入ステーションで最も高価なアイテムを手にした時の感動はひとしお!
  2. ・・・けれども賢く。 そうは言っても、地面から拾える優れた戦利品や完了させておきたい契約は、他にもたくさんあります。もしイベントがあまりにも激しく危険な状況であれば、戦利品の収集を続け、次の交戦の準備をしておくほうが賢明です。他のスクアッドに対してワナを仕掛けたり、甘美な戦利品に酔いしれている瞬間に四方八方から襲撃するのも良いアイディアです。
  3. チームでまとまって行動、通信も活用しよう。 「フラッシュバック作戦」では、破壊力抜群のアイテムや武器を手に入れるチャンスがたくさんあります。強力な装備を持った敵部隊に対して、1人で立ち向かうようなことはくれぐれも避けてください。スクアッドでまとまって行動し、できるかぎり常に360度見通しのきく状態を維持し、チームで団結して、敵の排除や敵への反撃、あるいは必要に応じて退却を行うようにしましょう。
  4. WARZONEは新兵も歓迎です。 「フラッシュバック作戦」は白髪まじりのベテラン軍人だけのものではありません。WARZONEの戦場に新しく足を踏み入れた皆さん、本作戦はBATTLE ROYALEやこれまでにあったイベントの種類に慣れ親しむのに最適なモードになっています。さらに、ここで獲得したコンテンツは『CALL OF DUTY: WARZONE PACIFIC』へ持ち越すことが可能です。ためらうことなく今すぐスタートを切りましょう。
  5. 友達と一緒にプレイしよう。 フレンドを招待して、ヴェルダンスクの残りわずかの日々を一緒に過ごしてみませんか?もちろん「フラッシュバック作戦」ですべてが終わってしまうわけではないですけどね。また、近々登場するチャレンジ「太平洋の秘密」の中では「CALDERA」に関するインテルを入手することができるようになります。それからヴェルダンスクとのお別れについても続報をどうぞお待ちください。

それでは実際に「OPERATION: FLASHBACK」をプレイして、万全の態勢で「VANGUARD/WARZONE PACIFICシーズン1」に突入しましょう!VANGUARDプレイヤーの皆さんには、もれなく全員に新マップ「CALDERA」の24時間先行アクセスもご用意していますので、こちらもどうぞお楽しみに。

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』ゲームソフト紹介

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』ご意見・ご要望

資金決済法に基づく表示

© 2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY BLACK OPS are trademarks of Activision Publishing, Inc.