Bungie.net ニュース
【翻訳版】Bungie Weekly Update - 07/02/2015

!あらかじめご了承ください!
こちらの記事は、「Bungie.net」のNEWSページに公開されている記事を、
ソニー・コンピュータエンタテインメントのコミュニティチームが翻訳したものとなります。

原文は「Bungie Weekly Update 07/02/2015」をご覧ください。

Bungie週刊ニュース - 2015年7月2日 - 「箱」の中身は何?

今週のBungieニュース。
私達は「降り立ちし邪神」について、まだ明かされていない内容をリストアップしている。

大型拡張パックのリリースに伴って『Destiny』が二周年を迎えることはすでに諸君に伝えたとおりだ。
そのリリースまでの期間に、「降り立ちし邪神」が単なるDLCではない──まさに一本のゲームなのだということを証明していきたい。

週刊ニュースでは、主要な特徴やコンテンツなど諸君が気になる話題に焦点を当てながら、
今年の秋、全てのプレイヤーに向けてアップデートされる『Destiny』の情報や実態を伝えていこう。

その前に、「DLCの中身は何なの?」という基本的な質問に、もう少し詳しく答えておこう。

『Destiny 降り立ちし邪神』によって、全てのゲームプラットフォームに以下の機能が導入される。

  • 私達太陽系とオリックスの"宿られた軍勢"との攻防戦の原因となる、新しいストーリーミッションとそれにつながるサイドクエスト
  • 魅力的なキャラクターをフィーチャーした新しいムービー
  • 新たなエキゾチック武器とエキゾチック装備、そしてエキゾチッククエスト
  • 儀式や宝物などの謎を秘めた新たな目的地「ドレッドノート」
  • 新たなアビリティと武器を携えた、新たな敵種族「The Taken」
  • レベルの上限をアップさせたり、ガーディアンを強化したりする新たな方法を追加
  • ユニークかつ新たな設計を施した武器や装備、そしてこれまでの能力を追加
  • 新たなスーパーチャージとアビリティを持った新たなサブクラスを追加
  • ユニークかつ大胆な新しいボス戦闘を含む、新たな協力制プレイのストライクモード
  • Takenに支配された「Dust Palace」、「Undying Mind」、「Cerberus Vae III」での、既存の設計と理念を一新したストライク
  • すでに公開済みの「Rift and Mayhem」を含む、新たなクルーシブルモードによる新たなクルーシブルマップ
  • そしてもちろん、6人制のレイドモード

これらのコンテンツや機能は、全てのプラットフォームにおいて『Destiny 降り立ちし邪神』の根幹をなすものとなる。
これから9月15日(火)までの間、武器の再調整や経済の見直し、クエストの改良やバウンティの拡張、派閥の忠誠関係、エンドコンテンツなど様々なエリアの重要な話題を取り上げていこう。

過去10ヶ月の間、私達はこのゲームだけではなく、プレイしてくれている人々からも沢山のことを学んできた。
「地下の暗黒」と「ハウス・オブ・ウルブズ」をプレイしてきたならば、私達のクリエイティビティが常に進化する戦略に従っていることを理解してもらえると思う。
「降り立ちし邪神」は、その独自の進化を遂げる。そして、いよいよこの夏、その全貌が明らかになる。

これらの詳細については、続報を待ってほしい。


2015年7月7日は「プレイヤーの日」

今年の夏、『Destiny』の二周年を祝い、より深く『Destiny』の世界を味わってもらうために諸君に様々なチャンスを提供する予定だ。
初期のバージョンの話をするのも良いかも知れない。私達がたどってきた紆余曲折の道のり、その話もさせてほしい。

私達が『Destiny』のコミュニティの芽生えに気がついたのは、今から12ヶ月前のことだった。
アルファテストの時代、まず活躍したのは「The Vanguards」。それに続くのはベータテストの時代で活躍した面々だ。
その後も私達は、全世界的でガーディアンのキャラクターが作成されていく様子を目の当たりにしてきた。

私達の太陽系の旅にもその理由を定義したい。Bungieの「コミュニティ・デイ」は、その日にふさわしいと思わないか?
実は、これはBungieのゲームユーザーから始まったものなのだ。それが公式に定められたのは2007年7月7日のことだった。
その時から、7月7日は、素晴らしいゲーマーのコミュニティを組織する人々の集まりとして認識されることになったのだ。

是非、火曜日に、アクセスしてくれたまえ。過去一年の感謝を込めて、素晴らしい記念品やゲーム内のイベントを用意している。

また、『Destiny』の最初の1年間、とりわけ伝説的な地位に挑み続けてきた諸君にもお伝えする事がある。
これらは現在鋭意対応中だが、諸君自身が得てきた勝利が大きく関わる事は間違いない。

これらは7月7日に起きるイベントだ。カレンダーのチェックや、ブラウザのブックマークを忘れずに。

※文中に記載された日時は、全て太平洋時間となります。


専門家の意見を聞こう

「これはバグでは?」とか「この武器は弱体化されるべきだ」など、私にはダイレクトにメッセージが多数届けられる。
信じて欲しいのだが、マネージャーとして私はコミュニティと親交を深めているが、それがゲーム内の規制に影響を及ぼすことはあり得ない。
ゲームとしての堅牢性と向上のため存在するのが、『Destiny』プレイヤーサポートチームだ。
彼等は常に、#Help#Feedbackで睨みをきかせている。さぁ、彼等の話を聞こう。

DPS: 先週、私達は2015年7月1日から開催されている「Redbull」のプレイヤークエストで使用可能になる「Focused Light XP consumable」に関するサポートについてヘルプを公開しました。
期間内に「RedBull」のクエストコードを入手できた場合、Code Redemptionにアクセスして"Use Now"をクリックする必要があります。
コードの使用について問題があった場合は、Red Bull Supportにご連絡ください。

※「Redbull」とのタイアップ施策は日本国内では実施されておりません。

アイアンバナーが再開されますが、鍛え直しによって得ていたエーテルの光の効力を失ってしまう危険性があります。

アイアンバナーについてだが、これらの専門家との会話を通じて私が入手した情報を伝えよう。
サラディン卿は最近のアップデートの後にタワーに戻った時、少しつまずいたらしい。
もしかしたら、これまでの歴史が塗り替えられるかもしれない。未来に期待したい。
諸君のフィードバックに感謝する。アイアンバナーの問題が明らかになった時、サラディン卿にも以前のように寛容な態度で諸君に接して欲しいものだ。

いつも『Destiny』をプレイしてくれてありがとう。そして、問題点を報告をしてくれる諸君にも感謝だ。


ギリギリなランニング


『Destiny』コミュニティは常に想像力と情熱にあふれている。
「ガーディアン」という言葉でネット検索をかけたら、即座に joy,criticism, victory, defeat, lunacy, and sheer brillianceといったキーワードに行き当たるだろう。
私達は毎週、そのようなサイトからピックアップを行っている。
これは時々難しい作業なのだが、諸君の絶え間ないクリエイティビティによって私達も救われている。

勝者:共に歌おう

来週もこの場所で、諸君の栄誉を讃えたい。
そしてBungieのコミュニティが諸君の栄誉の対象であらんことを。

では、刺激的かつ楽しい週末を。

アイアンバナー

ファクションラリー

© 2017 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie, and the Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc.

© 2014 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie and the Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc. Published and distributed by Sony Interactive Entertainment Inc. in association with Bungie.