2019年07月31日

計3時間に及ぶ豪華特典映像&PS4専用ダイナミックテーマ付き!
『アリータ:バトル・エンジェル』配信開始!

■世界最高のOtakuが作る、ヲタク心を擽るSFアクション大作!

この映画、まず何が面白いかというと日本の漫画がハリウッドにおいて映像化されるまでの成り立ちであり、現代ヲタク用語の基礎知識を交えて紹介したい。

1990年~95年にかけてビジネスジャンプ(集英社刊)にて連載されていた木城ゆきと氏のSFコミック『銃夢』が原作となっているのだが、当時この漫画を、本作の脚本/製作を務める鬼才ジェームズ・キャメロン氏(映画『タイタニック』/『アバター』など)に紹介したのが、超鬼才ギレルモ・デル・トロ氏(映画『パシフィック・リム』シリーズなど)であり、OtakuがOtakuに推しを紹介するという文化は世界共通であることを再認識させられる。

そして漫画を紹介されハマった末に「映像化権利を獲得する」という、普通のヲタクではできないことを平気でやってのける、さすがキャメロン氏…!そこにシビれる、あこがれるのである。

がしかし、なんと映画『アバター』製作とのダブルブッキングが発生。

要は「イベかぶり※1」である。むやみに推し増し※2しない方が良いという教訓だ。

その結果『アバター』を優先し『アリータ』計画は深く長い眠りに就くことになるのだが、『アバター』撮影中に、氏が現場で"ガリィ(原作でのアリータの名前)"のTシャツを着ているところが目撃されており『アバター』を撮影しながらも、実は心は『アリータ』にアリ…。これはヲタク現場でやると顰しゅくを買う行為であるが、両作のトップヲタ※3である氏ならば全く問題ないだろう。

そして『アバター』は、未だ破られない世界興行収入第1位を叩き出す超ウルトラ大ヒットを記録。

後にも数々の名作を生み出し、満を持して最愛の推し『アリータ』を製作、公開に至ったわけだ。

この時、既に作品に出会ってから約四半世紀の月日が流れていたが、その間一時も『アリータ』を忘れることがなかったと考えると若干想いが重いが「カタチにできた=推しに逢えた」満足感と達成感は(規模は違えど)ヲタクならば誰もが判る最高の瞬間だっただろう……キャメロン氏、マジおめ!

と、ヲタクな筆者も共感してしまったそんな氏が放つ本作は、CGと実写を融合させたことで、どこまでが実写なのか錯覚が起きるほどの造り込みで、没入感も最高なSFアクション大作である。

『ターミネーター2』のサラ・コナー、『エイリアン2』のリプリーといった「女性の強さ」を強調、且つ戦士として目覚める過程を描く作品が氏には多いが、本作『アリータ』においてもそのセオリーは変わらず。

ただアリータ自身はサイボーグ/アンドロイド故に「心」をも見つける点では、CGやアクションだけでなくヒューマンドラマにも重きを置いた新しいジェームズ・キャメロン・ワールドが体感できるだろう。

PS4ゲームで言えば『メタルギア ライジング リベンジェンス』や『Detroit: Become Human』など、サイボーグ/アンドロイドを主体とした世界観が大好物なユーザーには強くオススメしたい。また、見せ場となる「モーターボール」のスピード感あふれるアクションシーンなどもゲームユーザー必見だ。

なお、本編再生時間をも超える約3時間超大ボリューム特典映像が付属するのも、氏の意思がどこまで反映されたかは不明だが、日本におけるヲタク商法のセオリー通りであることを付記しておこう。ここに「アリータに会える!モーターボール観戦チケット優先申込券」が付属していたら完璧だったが残念。

※1:イベントかぶりの略。推しが多いとライブや握手会などの日程がかぶってしまう事象が多々発生。

※2:ある人物を推す状態を変えずに別の人も推すこと。関連語は「推し変」など。

※3:あるジャンル/人物において他の追随を許さないぶっちぎりのヲタクを指す。略語は「TO」(ティーオー)。

■ストーリー

天使が戦士に目覚める ―

天空に浮かぶユートピア都市“ザレム”と、そこから排出された廃棄物が堆積する荒廃したクズ鉄町“アイアンシティ”。

ある日、サイバー医師のイドはクズ鉄の山から少女の頭部を発見し、新しい機械の身体を与えアリータと名付ける。記憶を失ったままのアリータだったが、襲ってきた敵からイドを守るために戦った際、自分に驚異的な戦闘能力が備わっていることに気づいてしまう。

彼女は、300年前に創られた“最強戦士”だったのだ。

自分と世界の運命に立ち向かうアリータの戦いが今、始まる!

配信情報

<配信開始日>
2019年7月31日(水)
<配信内容>
タイトル 配信形式 配信価格(税込)
【映像特典付き】アリータ:バトル・エンジェル
【特典内容】
  • メイキング・オブ・アリータ
  • マンガからスクリーンへ
  • アイアンシティツアー
ほか、計3時間の映像が付属
デジタルセル版 HD画質/2,500円
SD画質/2,000円
アリータ:バトル・エンジェル レンタル版 HD画質/500円
SD画質/500円

※デジタルセル版は購入から視聴期間に制限なく、何度でも再生できます。レンタル版は購入から30日間、再生から72時間保持が可能です。

<対応機器>
PS4、ならびにAndroid™/iOSスマートフォン、タブレットのモバイル機器

■デジタルセル版にはPS4専用ダイナミックテーマ付き

デジタルセル版には、アイアンシティとそこに生きるキャラクターたちをフィーチャーしたPS4専用ダイナミックテーマが付属!

※配布期限は8月31日(土)購入分までとなります。

※本編購入後より1週間以内にシステムメッセージにて配布いたします。

引き続き、PS Videoを宜しくお願い致します。

© 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.