|シャア専用ザクII|高機動型ザクII旧型ザク

 

ジオン公国軍 MS-06R ザクI(シャア専用ザクII)
パイロット:シャア・アズナブル

シャア・アズナブルがルウム戦役時に搭乗していたMS-06F ザクⅡの改良型。
機体はシャアのパーソナルカラーの「赤」に塗装され、頭部に角飾りを
設置した指揮官機。シャア自身の指示によりリスクが高いもののリミッターが
解除され、推力機能を限界まで使用することが可能になっている。

その結果、高推力を駆使した一撃離脱の戦闘方法と戦場で印象に
残る機体色から、「赤い彗星」と呼ばれるようになる。


 

.........................................................................................................
ビデオストア 店長:       好きな作品は「機動戦士ガンダム MS IGLOO」。MSはヅダ。以下、
ビデオストア アニメ担当: 好きな作品は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」。MSはグフ。以下、
.........................................................................................................

  • :いよいよ明日2月28日(土)から先行配信スタートということで、この「漢のザク祭」も今回でラストとなりますが、最後を飾るのはもう言うまでもありません。
    真っ赤に燃えるザビ家への復讐心を仮面に隠し、動乱の時代と宙域を駆ける「赤い彗星」!
    キャルバル・レム・ダイクンこと、シャア・アズナブルでございます!

  • :この企画「ザク祭」だけど改めて語るまでもなく、もうみんな「シャア専用ザクII」のことはよく知ってるでしょ?
    とりあえず、赤くて、ツノがあって、速い。 以上!!

  • :なんというざっくり感・・・。
    ちなみに私2月15日(日)に日比谷公会堂で行われた「プレミア上映会」へ赴かせていただきまして、シャア・アズナブル役の池田秀一さんのご登壇などもあり、ガンダムファンの皆様の熱気を目の当たりにしてきました。

    いやはや、この作品への期待度の大きさを改めて実感しましたね。
    また、安彦良和監督も「この作品が、新たなガンダムのスタンダードになれば」ともおっしゃっており、製作陣の意気込みも垣間見ることができました。

  • :PVにもあるルウム戦役の場面描写では、シャアザクのスピード感が上手く表現されているよね。赤子もジイサンも、あれを見れば「こりゃ赤い彗星だの、3倍だ3倍だのと言われるわけだわ!」と思ったよ。

  • :「シャアザク3倍説」は諸説いろいろありつつも、私の中ではパイロットの力量で性能を最大限に引き出してあの結果という説を推します。また本機体は、 TVシリーズでは第2話で初登場し、 第10話以降は他機体(ズゴックやゲルググ)に乗り換えたこともあり、以降の消息が語られていないのです。


  • :ガンダム系のゲームで遊んでりゃ、もっと出番は多いものなぁ・・・。
    わずかTVシリーズで10話分も出てないって、時間にして5時間もないんだよ?学生の頃にパン工場で夜勤のバイトしたけど、ライン張り付きでトイレも行けず、日々10時間も働かされたんだぜ?おかげですぐにベテランよ。その時間のたった半分、もう馴染む前に手放すとかまったく贅沢な話だよ。

  • :パン工場て、ガンダムも国民的アニメですが、別の何かが思い浮かぶので不意にぶっこまないでください。しかしながら、THE ORIGINの原作コミックではシャアザクの行く末まで描かれていますので、本シリーズでも映像化に期待したいです。

  • :あぁ、そうか、TVシリーズ第10話ってガルマ・ザビの・・・・
    このあたりから本作のキャッチコピーでもある「赤い復讐」が明るみになるよね。
    「赤いシリーズ※」といえばシャアか山口百恵かって話だよ。と、宇津井健も忘れちゃいけないぜ?

    ※赤いシリーズ:1974年10月からのTVドラマシリーズで当時、人気絶頂にあったアイドル歌手山口百恵が出演。「赤い迷路」「赤い疑惑」「赤い運命」「赤い衝撃」など計10作品が大ヒット。
    なお、PSビデオストアでは当然の如く未配信。


  • :・・・・話を戻しまして、策士シャア・アズナブルからは数々の名言が生まれています。
    ガルマで言えば「君の生まれの不幸を呪うがいい」とか、普通言えません。
    ちなみに店長はシャアの名言で何が好きです?


  • :そうだなぁ・・・シャアはTHE ORIGINもTVシリーズでも、悲劇を背負ったニヒルな若者のイメージだけれども、「逆襲のシャア」ではもっと悪役感が強いセリフ回しだったんだよね。
    「だから私が粛正する!」とかさ。派手、そして過激。敵役はこうでなくちゃ、という名言ですわ。


  • :「逆襲のシャア」は、その強さの反面、弱さも見せつつ葛藤する樣が良かったです。


  • :今回はシャアでなくてキャスバル兄さんだけど、その「強さ」の片鱗が見え隠れするんだろう・・・

    でもさ、あぁいうセリフ聞いてから池田秀一さんをお見かけすると、ステージ上からオレたちのことを「地球のノミめ」って思ってるかもしれんなぁ、って考えたらちょっとゾクゾクするね。



  • :そして、キャスバル兄さんといえばセイラさんですけど「兄さん・・・!」って言うじゃないですか。
    わたくし次男末っ子なので、こんな妹がいたらなと・・・


  • :オレたちゃもうオッサンなんだから「ちょっとぉ、そこのお兄さん」って語りかけるのは、どこのオb・・・・ゲフンゲフン、マダムかって話だよ。あんな風に可愛かったり可憐だったりはしないんだよ!!


  • 認めたくないものだな・・・
    と、そんな2人が対峙することになるザビ家ですが、父とその子どもたちがそれぞれにクセがあって観るものを飽きさせないですよね。











  • :えーっと、ギレンはTVシリーズでは設定上は35歳・・・・35歳っ!?


  • :もう年齢の話は懲りたのでやめてもらえますか。


  • :既にTVシリーズなどではギレンの最後は語られているけど、シャアの「赤い復讐」と併せて、ギレンがジオン公国総帥にまで至る経緯も今後確認できる作品になりそうだね。もうカリスマのガチ対決だわ。


  • :ギレンも相当な名言を残していますが、やはりあの「演説」ですよ。TVシリーズでは第12話です。
    「敢えて言おう! カスであると!!」とか。カスて、口悪すぎです。


  • :その演説からのぉ~~~~、
    シャア伝説の名言「坊やだからさ…」だな。


  • :けど、いつか言ってやりたい言葉の1つじゃないですか。
    例えば・・・店長、ちょっとコレ言ってもらえます?


  • :えっと・・・
    「今月の売上目標が達成できなかったのはなぜだ!?」


  • 坊やだからさ・・・。


  • それはキミがだろ。


  • 私もよくよく運の無い男だな・・・。


  • :ならば、私からキミに最後に敢えて言おう。
    ・・・この企画で勝てなければ、貴様は無能だ!!


  • :店長、戦いとは、常に二手三手先を読んで行うものだよ?


  • :というわけで、ここで告知だ!!
    2015年2月28日~3月31日の期間中、PS4にて本作HD版をご購入いただいたお客様へ、
    PSStore限定のPS4専用テーマ(壁紙)プレゼントキャンペーンを実施いたします。


  • :この壁紙は「漢のザク祭」の名に相応しいものをご提供したいですね。


  • :ここでくるのか・・・オレのヅダが。


  • :来ませんし、呼んでもいません。


  • :PlayStation©Storeにて機動戦士ガンダム THE ORIGIN I
    是非ご覧いただければと思いますので、皆様宜しくお願いいたします!!

 

|シャア専用ザクII|高機動型ザクII旧型ザク

 

©創通・サンライズ
トップに戻るボタン