本文の開始

PlayStationRVita TV のFAQ

FAQ(よくある質問と回答)

Q. PS Vita TV と PS Vita を比較して機能に差はありますか? なにが違うのですか?

主な違いは下記の通りです。

●搭載アプリケーションについて
PS Vita TV は PS Vita が搭載していた一部のアプリケーション(以下)が搭載されていません。
 ・「near」
 ・「マップ」
 ・「ウェルカムパーク」
 ・「リモートプレイ」 (PS3®用)

※搭載されているアプリケーションの機能的な違い
 ・「フォト」での撮影機能はご利用いただけません。(PS Vita TV はカメラ非搭載のため)
 ・「パーティー」でのボイスチャットご利用の際は、別売りの Bluetooth®ヘッドセットをご利用いただく必要があります。(PS Vita TV はマイク非搭載のため)

●ネットワーク接続について
PS Vita TV は Wi-Fi に加えて、LAN 端子を搭載しています。有線でのネットワーク接続が可能です。

●映像/音声出力について PS Vita TV は HDMI®ケーブルでテレビと接続して映像、音声を出力します。

●操作について
PS Vita TV は ワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK®3) で操作します。PS Vita のタッチ操作に関しては、ワイヤレスコントローラ上では操作方法が異なります。

●対応タイトルについて
対応タイトルが PS Vita と一部異なります。 対応ソフト一覧

Q. PS Vita TV を購入するだけですぐに遊ぶことができますか?

PS Vita TV を遊ぶためには、HDMI®入力端子搭載のテレビもしくはモニターと、PS Vita TV を操作するためのワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK®3) が必要です。
ワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK®3) をすでにお持ちの方は、“PS Vita TV(VTE-1000 AB01)”をご購入いただければ、同梱の HDMI®ケーブルでテレビと接続して、すぐに遊ぶことができます。お持ちでないお客さまには、ワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK®3) が同梱されたお得な“PS Vita TV Value Pack (VTE-1000 AA01)”をご用意しております。

商品ラインナップ(発売時)
● PS Vita TV(VTE-1000 AB01)
● PS Vita TV Value Pack (VTE-1000 AA01)
商品情報

Q. ワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK®3) 以外でも操作できますか?

以下の機器で操作することができます。ただし、一部のタイトルは操作できない場合があります。

●別売りの BDリモートコントローラ( CECH-ZRC1J )
※はじめてご利用いただく際はワイヤレスコントローラを操作して PS Vita TV の設定を行う必要があります。

●「ブラビアリンク」をはじめとした HDMI 機器制御に対応したテレビのリモコン
※ソニーの「ブラビアリンク」、HDMI 機器制御は、HDMI で規格化されている CEC (Consumer Electronics Control) を使った機器間相互制御の機能であり、ソニーの HDMI 機器制御機能対応の機器間でのみ操作が可能です。CEC 機能に対応した他社製品との間では操作が出来る場合もありますが、その動作についての保証はいたしかねます。

Q. メモリーカードがなくても遊べますか?

新型 PS Vita(Wi-Fi モデル PCH-2000 シリーズ)と同様に、1GB のメモリーカードを内蔵しているので別売りのメモリーカードがなくても遊ぶことができます。 ただし、大容量のコンテンツをダウンロードし、保存していただくには、メモリーカードを別途購入していただくことをお勧めします。

Q. ネットワーク環境がなくても遊べますか?

パッケージタイトルなどは、PS Vita のゲームカードを PS Vita TV 本体に挿入していただくことでお楽しみいただけます。
特定のゲームタイトルをダウンロードしたり遊んだりするためには、ネットワーク接続やネットワーク経由のタイトルアップデートが必要の場合があります。また、ビデオや SNS サービスなど、インターネットを介したサービスのご利用にはネットワーク接続が必要です。 ネットワーク接続環境を整えていただくことで、PS Vita のお届けする幅広いエンタテインメント体験をフルでお楽しみいただくことができます。

Q. PS Vita で使用している PS Vita カードやメモリーカードはそのまま PS Vita TV でも使えますか?

PS Vita カード (ゲームカード) については、そのままお使いいただくことができます。 PS Vita カードの挿入口は、本体側面にある PS Vita カードスロットより挿入いただけます。
以下のことにご注意ください。

■ PS Vita カードにセーブデータを保存するゲームをお楽しみいただく場合
トロフィーを獲得するには PS Vita と同じ SEN アカウントを PS Vita TV に登録いただく必要があります。
PS Vita と PS Vita TV を他のアカウントでご利用になる場合、トロフィーの獲得をするためには PS Vita カードのフォーマットが必要です。
PS Vita カードに保存されているセーブデータは、メンバーシップサービス PlayStation®Plus のセーブデータお預かりサービスでバックアップすることができます。

■メモリーカードにセーブデータを保存するゲームをお楽しみいただく場合 トロフィーを獲得するために、ゲームカードをフォーマットする必要はありません。

メモリーカードについても、そのままお使いいただくことができます。
ただし、お持ちの PS Vita と PS Vita TV の両方をお楽しみいただく場合は、PS Vitaと同じ SEN アカウントを PS Vita TV に登録いただく必要があります。

Q. 今までの PS Vita で遊んでいたセーブデータはそのまま PS Vita TV でも使えますか?

お持ちの PS Vita と同じ SEN アカウントを登録いただくことでセーブデータのご利用が可能になります。

Q. セーブデータのバックアップ方法は?

セーブデータのバックアップには2つの方法があります。
●「コンテンツ管理」を使って「nasne (ナスネ)™」や PC にアプリケーションデータやセーブデータをコピーする。
●オンラインストレージ上にセーブデータをコピーする。 (※ PlayStation®Plus にご加入いただく必要があります。)

セーブデータのバックアップの操作方法について 詳しくはこちら

Q. PS Vita では画面上での操作「タッチ」「フリック」などがありましたが、ワイヤレスコントローラではどのように操作するのですか?

PS Vita TV は、システムのサポート機能として「タッチポインター」があります。
PS ボタン長押し > メニュー >「タッチポインターの利用」から設定することができます。
設定後は、ワイヤレスコントローラの L3 または R3 ボタンを押すことで、指の形をしたポインターが表示され。それを動かし操作することができます。
※この機能は「タッチポインター」を必要とする、一部のゲーム起動時のみご利用いただけます。

Q. PS Vita TV に対応する周辺機器はありますか?

PS Vita TV 発売当初は、主に以下の周辺機器に対応しています。
・ PS Vita 専用メモリーカード
・ ワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK®3) (CECH-ZC2J)
・ ワイヤレスコントローラ (SIXAXIS®) (CECH-ZC1J)
・ BDリモートコントローラ (CECH-ZRC1J)

その他、ヘッドセット、スピーカー、キーボード等の Bluetooth®機器の接続が可能です。ただし、すべての機器との接続、動作について保障するものではございません。

Q. ビデオサービスを利用するためには Sony Entertainment Network (SEN) アカウントが必要ですか?

ビデオサービスのアプリケーションは、PlayStation®Store よりダウンロードいただく必要があります。
PlayStation®Store へのアクセスには SEN アカウントが必要です。また、Video Store を利用する際にも、SEN アカウントが必要になります。

SEN アカウント作成方法はこちら

PlayStation®Vita TV でできること

  • ビデオであそぶ 見たい物が見つかる充実のビデオサービス
  • ゲームであそぶ あそべるタイトル 1,300以上

『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』©1997 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN/TETSUYA NOMURA /
『モンスターハンターポータブル 3rd』©CAPCOM CO., LTD. 2010 ALL RIGHTS RESERVED. /
『GOD EATER 2(ゴッドイーター2)』©2013 NAMCO BANDAI Games Inc.

※ 掲載内容は2013年9月9日時点のものです。

ページの先頭へ戻る

トップに戻るボタン