• INTRODUCTION
  • CHARACTER
  • SINGLEPLAY

  • MULTIPLAY
  • GALLERY
  • TOPICS
PS3

STORY SINGLEPLAY

古の神タイタン族やオリュンポスの神々が生まれる以前、大きな戦いがあった。

大地を創造した原初神の怒りは、
時間という概念を超えて未来永劫に続いた。

そして、この原初神の怒りと戦争の狂気から、
復讐の女神たちが生まれた。

タイタン族ではなく、神でもない、
人間でも亡霊でもない復讐の女神たちに束縛はない。

彼女らは、名誉を守る番人、神罰の執行者、
裏切り者を破滅へと導く。

そしてクレイトスもまた…。

詳しく見る

超絶アクションの更なる進化

POINT1

ブレイズ・オブ・カオス

クレイトスが戦神アレスと“誓約”を交わしたときに授かった武器が 
「ブレイズ・オブ・カオス」である。「ブレイズ・オブ・カオス」は双剣の 
柄の部分に鎖がついた武器で、鎖を伸ばして遠くの敵に投げつけたり、
剣を突き刺してクレイトスのもとに引き寄せたりすることができる。
なお、敵を倒して入手できるレッドオーブを集めて強化することで、
新しい技が使えるようになる。

POINT2

サブウェポン

『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズの代名詞とも言える
超絶アクションは、最新作にて最強の進化を遂げる。
両手に携えた「ブレイズ・オブ・カオス」と組み合わせた多彩な
コンボ攻撃に加え、フィールド上に落ちている武器や、
敵から奪った武器をサブウェポンとして使用できる。
各武器に用意されたスペシャルアタックを繰り出すことによって、
クレイトスの攻撃は更に多彩で鮮烈なものとなった。

POINT3

Life Cycle(ライフサイクル)

ゲーム中、クレイトスは新たなる能力「Life Cycle」を得る。
この能力によってクレイトスは時間を操作し、崩壊した足場の時間を 
巻き戻して修復したり、吹き飛ばした敵の時間を遅くし 
空中に留めコンボを決めることが可能となる。
『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズでお馴染みのパズル要素や 
攻撃アクションの多様性を、「Life Cycle」が更に広げていく。

POINT4

CSアタック

シリーズ一作目より搭載されている、『ゴッド・オブ・ウォー』の
最重要アクションが「CS アタック」だ。
戦闘中に「CS アタック」が発動すると、画面はイベントシーンの様な
流れとなり、その最中に画面中に表示されるコマンドを入力すること
によって、凄まじい程の演出を伴って攻撃を行う。
強大なボスだけでなく、他の敵キャラとの戦いまでも映画の様に描き出し、
プレイヤーに没入感と恍惚感を与えてくれる。

神々との誓約によって与えられる超絶魔法

POINT3

アレスの炎

戦神アレスとの誓約によって与えられし炎の魔法。
ブレイズ・オブ・カオスに炎を纏わせて攻撃できることは
もちろん、敵の体に炎を打ち込み爆発させる
「レイジ・オブ・アレス」という技や、周辺の敵をまとめて
焼き尽くす「デストラクション・オブ・カオス」という
魔法を放つことが可能だ。戦神アレスの名の通り、
圧倒的な火力を持った魔法となる。

POINT4

ゼウスの雷

神々の王であるゼウスとの誓約によって与えられし雷の魔法。
ブレイズ・オブ・カオスに雷を纏わせて攻撃できることはもちろん、
敵を感電状態にさせることができる。
そして感電中の敵は一定時間無防備な状態になる為、
更なる追い討ちが可能だ。
また、コンボを繋げて攻撃を叩き込むと、上空から雷が飛来。
周辺の敵に追加ダメージを与えつつ感電状態にできる。

©2013 Sony Computer Entertainment America LLC.