ICO ワンダと巨像

Play Station

Play Station3

Craeators' Voice

Stig Asmussen

Stig Asmussen Creative Director - Sony Computer Entertainment Santa Monica Studio

『ICO』そして『ワンダと巨像』は、アートとゲームデザインを完璧な調和のもとに融合させ、さらにそれを、今までのゲームでは見たことのないようなプレイ体験に織り込んでみせた手法によって、『God of War』のチームに大きなインスピレーションを与えてくれた。我々のスタジオに多大な影響を与え、『God of War』シリーズを形作る助けとなってくれたタイトルだと言わせていただきたい。HDで甦った2作を遊びたくてうずうずしています!

Ico and Shadow of the Colossus were truly inspirational games to the God of War team because of the way they blend art and design in perfect harmony and wrap them into an experience unlike anything the industry has seen. I can honestly say that these games have had an enormous amount of influence on our studio and have helped shape the God of War series. I am incredibly eager to play these games in true HD glory!

先頭へ戻る

David Braben

David Braben Chairman, Frontier Developments Ltd.

上田さんと開発チームのゲームには、夢のような美しさと強さがある。壮大な風景に囲まれた巨大なモンスターの姿はほかに類を見ない。素晴らしくクリエイティブ!

"There is a dream-like beauty and strangeness in Ueda-san and the team's games, and giant monsters set amid a huge landscape is no different. Beautifully creative!"

先頭へ戻る

David Cage Director - Quantic Dream

初めて 『ICO』 をプレイしたときには、本当に衝撃を受けた。アートディレクションの質がこれほど高いゲームを見たのも、単にプレイするだけでなく、さまざま感情を抱かせるよう明確な意図を持って作られたゲームと出会ったのも、わたしにとっては初めての経験だった。その時ちょうど、ゲームによって複雑な感情を呼び起こすというアイデアに取り組んでいたわたしにとって、『ICO』 はまるで自分のために届けられたゲームのように思えた。『ICO』 は、ゲームがプレイヤーに 『感情移入』 といった複雑な心の動きをもたらし、さらに、インタラクティビティによってその感情を強くしていくことが可能だということを、まさに証明してくれていたのだ。エピローグを迎えたあと、ラストシーンの美しさに完全に圧倒されて、鳥肌を立たせたまま、テレビの前で 10分間もぽかんと口をあけていたことを覚えている。それはとてもシンプルだが、信じられないほどの力を持った、真の語り手によって語られた物語だった。『ワンダと巨像』も、馬と世界と巨像がモチーフの、『ICO』とはまた別の素晴らしいアイディアで、テレビゲームでは珍しく大作感と詩情を合わせもった作品だ。

上田さんの仕事はほかに比べるものを持たない、完全に独創的でパーソナルなものだ。それは、さまざまな感情や、誰かとのつながりや、世界についての物語であり、人というもの、そして子供から大人への成長を描く物語だ。そして、テレビゲームというものが、われわれにとって大事なものを語るメディアになりうるということを教えてくれる。これらすべての理由から、上田さんは現在もっともクリエイティブで、もっとも重要なゲームクリエーターなのだ。

The first time I played ICO was a complete shock to me. It was the first time I was confronted with a game with that quality of art direction and this clear intention of creating emotions rather than just doing things. At the time, I was struggling myself with the idea that games could trigger complex emotions and ICO came like a delivery to me: it clearly demonstrated that a complex emotion like empathy could be felt by the player, and that interactivity could make this emotion even stronger. I also remembered staying for ten minutes with an open jaw in front of my tv after the end of the epilogue with goose bumps, completely amazed by the beauty of the last scenes of the game. It was a very simple story, incredibly powerful, told by a real author. Shadow of the Colossus was another brilliant idea, based on a horse, a world and giant colossuses, with an epic feel and a sense of poetry rarely found in video games.

Ueda-san’s work has no equivalent, it is absolutely unique and personal. It is about emotions, relationships and worlds, it is about human beings and child becoming adults. It is about showing that video games are a valid medium to tell important things about ourselves. For all these reasons, Ueda-san is one of the most creative and important game creators today.

先頭へ戻る

Guillermo del Toro Film Director

物語を語ることのできる芸術としてのメディアの未来を信じていない人たちへ: 『ICO』と『ワンダと巨像』はこれからも2本の大きな柱となる作品だ。幻想的で没入感のある圧倒的に感動的なグラフィックで、『ICO』と『ワンダと巨像』はほかのゲームに比べ抜きん出ている。

"For anyone doubting the future of the medium as narrative art: ICO & Shadow of the Colossus are the two pillars upon which it will be built. Hypnotising, immersive and incredibly moving works of art, ICO and Shadow of the Colossus tower over most other videogames."

先頭へ戻る

Alex Evans

Alex Evans Technical Director - Media Molecule

『ICO』は、美しく切ない想いや、誰かを気遣うやさしい気持ちをゲームに取り込むことに成功した初めてのゲームだと思う。ヨルダの手を取って『ICO』の世界への一歩を踏み出した瞬間から、僕は夢中になってしまった!技術的話をすると、あれだけシンプルな処理 -簡単な逆動作キネマティックスを使って、ほかのキャラクターの手をひくこと -によって、ゲームの雰囲気に深い効果を与えていることにとても驚かされた。あれからずっと、僕は上田さんと彼のゲームの大ファンで、今度はどんな方法で感情をゆさぶってくれるのだろうかと、いつも次の作品をとても楽しみにしている。

ICO is probably the only game that has ever captured a sort of beautiful melancholy and tender feeling; from the first moment I took Yorda’s hand and led her around the world of Ico, I was captivated! As a technical person, I was amazed at how such a simple technical solution – taking the hand of another character, with simple ‘inverse kinematics’ – could have such a profound effect on the game’s atmosphere. Ever since then, I’ve been a hardcore fan of Ueda-san and his games, and await each release with great excitement to see how he & his team use their unique ‘emotional touch’ in each case.’

先頭へ戻る

Hermen Hulst

Hermen Hulst Vice President - Guerrilla Games Studio

『ICO』と『ワンダと巨像』はゲームというメディアの限界を越えた、深く感動的な体験を与えてくれる。優美に作り上げられたゲームデザインの模範であり、今もなお新鮮さを持ち続けている。

ICO and Shadow of the Colossus offer deeply moving experiences that manage to transcend the medium of games. Elegantly crafted paragons of game design, they remain relevant even to this day.”

先頭へ戻る

David Jaffe

David Jaffe Co-President, Eat Sleep Play

プレイ中、畏敬の念に打たれて文字通り口をあけてしまったゲームなんて、これまでに『ワンダと巨像』だけだ。大げさに聞こえるだろうがそうではない。いまだに、あの瞬間のことは覚えている。ちょうど最初の巨像によじ登っているところだった僕は、TVの画面に反射している自分の姿に気づいた。間違いない。あの時、僕の口はぱっくりと開いていた!そして、そのあと実に5分間ものあいだ、開きっぱなしだったのだ。こんなこと、それまでに起こったことはなかったし、これ以後も経験していない。

『ICO』について・・・だって、『ICO』について何を語ればいい?『ゲームもアートになり得る』というムーブメントを作り出したタイトルとして、誰もが『ICO』を語っている。それは正しいかもしれないし、正しくないかもしれない。僕はアートは定義づけできるものではないと思っているので、そこについてはわからない。でも、『ICO』がこれまでに作られたすべてのゲームの中で5本の指に入る素晴らしいゲームであることは断言できる。『ICO』は僕にインタラクティブ・メディアの持つ力について改めて信じさせてくれたゲームだし、いまでも、僕がこれまでにプレイしたもっともエキサイティングでエモーショナルなゲームであり続けている。もしかしたら、『ICO』がエキサイティングなのは、『ICO』のキャラクターや世界観がとてもエモーショナルだからかもしれないな。僕が言えるのは、プレイするキャラクターを「人間の形をしたただの人形に移植されたゲームメカニクス」としてではなく、「人間」 として大事に思ったのは、いままでに 『ICO』 だけだということだ。うーん・・・たぶん、このウエダというヤツはタダ者ではないな!

開発チームの皆さんがこれまでにおこなってきた、ゲームメディアへの革新的な貢献にお祝いを申し上げます。そして最後に、21世紀の決定的なメディアとして、ゲームを発展させ、進化させていくチームの皆さんの御活躍をお祈りしています。

SHADOW OF THE COLOSSUS is the only game where my jaw literally hung open in awe while playing. That sounds like hyperbole, but it's not. I remember when it first happened: I was mounting the first Colossi and I saw my reflection in the TV. Sure enough: my jaw was open! And it stayed open for a good 5 minutes! That had never happened to me while playing a game before, and it has not happened since!

As for ICO・・・man, what to say about ICO? Everyone talks about ICO being seminal to the games-as-art movement. That may or may not be true. I don't really believe in classifying art, so who knows? But I can unequivocally say that ICO is fantastic and ranks as one of the five best games ever made. ICO reaffirmed my belief in the power of the interactive medium and it remains the most exciting and emotional game I've ever played. Perhaps ICO's gameplay was so exciting because ICO's characters and world were so emotional? All I know is ICO is the only game where I actually cared about my characters as people and not just game mechanics grafted onto human looking marionettes. Hmmm…maybe this Ueda guy is on to something! :)

Congratulations to all at the development team for your past groundbreaking contributions to our medium. Congratulations on the launch of this amazing and beautiful book of your artwork. And finally, congratulations and best wishes to the team as you all continue to elevate and evolve video games to their rightful place as the 21st century's defining medium.

先頭へ戻る

David Perry

David Perry CEO - Gaikai

個人的には、『ICO』 はいままで経験したゲームで最も壮大で美しく、そして革新的なゲーム。(このゲームを見た友人が、自分の犬に イコと名前を付けたくらいだ)。

求めるものを形にするのがどんなに技術的に難しくても、自分たちのクリエイティビティへの妥協を拒み続けているケンジ、フミト、そして彼らの素晴らしいチームがつくる次の作品を、ゲーム業界中が心待ちにしている。

In my opinion ICO was one of the most epic, beautiful and innovative game experiences I’ve ever had. (My friend even named her dog ICO after seeing the game.)

The entire console industry waits to see what Kenji, Fumito and their incredible team creates next, as they simply refuse to compromise on their creativity no matter how technically difficult their vision is to achieve.

先頭へ戻る

Hermen Hulst

Hermen Hulst Vice President - Guerrilla Games Studio

上田さん、海道さんとそのチームは、ゲーム史上もっとも重要な2つのゲームを生んだ。2つの作品はともに、妥協なきアクション・アドベンチャーでありながら、感情を揺さぶるほどの深みに連れて行ってくれる。『ICO』と『ワンダと巨像』は、開発チームのすばらしいクラフトマンシップを世界に知らしめただけでなく、ゲームがアート、そして意味のあるエンターテインメントになりうるメディアであることを証明してくれた。

Ueda-San, Kaido-San and his team are responsible for two of the most important games yet created. Both titles reach the player on a deep, emotional level while never compromising themselves as action adventure games. Ico and Shadow of the Colossus demonstrate not only the development team's credentials as master craftsmen in the industry, but they also validate the video game medium as a legitimate vehicle for art and meaningful entertainment.’

先頭へ戻る