PlayStation™Networkにサインイン

利用規約に同意してサインインするとトロフィーやフレンドの情報を見たり、PS.Blog にコメント投稿することができます。

俺の屍を越えてゆけ2

NEW

  • プレイヤー同士での交流
  • 「披露ボタン」と「QRコード」

新たな楽しみ

プレイヤー同士での交流

『俺屍2』では「遠征」を行うことで、他の一族と交流することができる。

「遠征」は、ゲーム内に複数用意されている国へ訪れることができるが、ネットワークに接続することで他のプレイヤーの国がゲーム内に出現し、その国に遠征することができる。自分とは全く異なった形で発展させている他のプレイヤーの国に訪れることで、自分の一族のさらなる強化につながり、プレイヤー同士が「親戚付き合い」をするような感覚で、お互いのプレイ状況を確認して違いを楽しむことができるのだ。

「遠征」でできることはこちら

自己紹介文

遠征先がどのような国なのか判断する目安になるのが、自己紹介文。
プレイヤーがどのように国を発展させているのか、訪れる前に確認してみよう。
また、自国の特徴を紹介文に設定することで、他のプレイヤーが自国へ訪れるきっかけとなる。

足あと帖

自国を訪れた他のプレイヤーが一覧で確認できる。
一覧に載っている他の一族を選択すると、その一族が自国の屋敷や街でとった行動が確認できる。
訪れたプレイヤーのオンラインIDも確認できる為、遠征画面でオンラインIDを検索し、その国に遠征しにいくなどの活用もできる。

慶弔報告

他の一族との親戚付き合いのような交流を図る手助けをしてくれるのが慶弔(けいちょう)報告。
例えば自国から他国に養子に行ったキャラクターが死んでしまった場合や、そのキャラが子を成した場合などに、他国から慶弔報告が届く。その際に「花」を贈り、お悔やみしたり、お祝いすることができる等、現実世界のお付き合いに近い交流が可能だ。

「披露ボタン」と「QRコード」

子供が生まれた時、鬼を倒した決定的瞬間などの場面は自動で写真に残せ(手動で撮影する場面のカスタマイズも可能)、ゲーム内からSNSに投稿することができる。一族の歴史をオンライン上に披露することで、他のプレイヤーとの交流にもつながる。

一族のキャラクターや「特注装備」はQRコードに記録することができる。
他のプレイヤーの一族や「特注装備」のQRコードをPS Vitaのカメラで取り込むことで、自分のゲームデータに反映させることができる。丹精込めて育て上げたキャラクターや、お気に入りの装備が作成できたら、他のプレイヤーに自慢し使ってもらおう。

もちろん、一族のキャラクターや「特注装備」のQRコードも、即座にSNSに投稿することができる。オンライン上に残すことで、現在プレイしているユーザーへ、はたまた時を越えて未来にプレイするユーザーまでにも、一族のキャラクターや「特注装備」を託すことができる。

トップに戻るボタン