俺の屍を越えてゆけ2

NEW

  • ゲームの流れ

討伐

いざ戦闘開始!

迷宮内を動き回っている敵シンボルに接触すると戦闘に移る。
ここでは戦闘の流れを(1)~(4)の順に押さえてほしい。

(1) 敵シンボルとの接触で戦闘画面へ

敵シンボルとの接触により戦闘が開始されるが、敵の背後から接触すれば戦闘が有利になり、敵に背後を取られたら不利になる。
敵シンボルをうまく避けて通れば、戦闘を回避することも可能だ。
積極的に戦闘を行い戦勝点などを稼ぐか、極力戦闘を避けて進むかはプレイヤー次第だ。

(2) 戦利品スロットによる取得アイテムの決定

戦闘開始時には「戦利品スロット」が現れ、その戦闘で手に入る戦利品は、揃った目で決定する。未入手の戦利品は黄色で表示され、またスロットで同じ目が三つ揃うと、獲得できる戦勝点の倍率が上がる。

(3) 戦闘開始!部隊の指揮を執れ

戦闘時、一族の出撃隊長はコマンドを入力し戦うが、出撃隊長以外は個性に応じた行動を「進言」してくれる。
「進言」を採用せずに行動を指示することも可能だ。

(4) 敵大将の撃破か、全滅か?

鬼は、敵の大将が率いた群れで一族に襲いかかってくる。
敵の大将を倒すか、大将が逃げるか、もしくは敵を全滅させることで、プレイヤーの勝利となる。
逆に、プレイヤー側は出撃隊長が討ち取られると戦闘敗退となり、拠点へ戻されてしまう。

「戦勝点」と、交神を執り行うために必要な「奉納点」は、敵を倒した分だけ得られる。
戦闘に勝利した場合は、「戦勝点」と「奉納点」に加え、戦利品を得られる。
しかし、敵の大将が逃亡する際は全ての戦利品を持っていってしまう。
多くの「戦勝点」を稼ぐため敵を全滅させるか、戦利品を必ず獲得するために、敵の大将に攻撃を集中させるか、プレイヤーの判断が問われる。

迷宮探索から戦闘まで、

屋敷内では、出撃隊の編成提案や道具の整理などのアドバイス、一族の記録閲覧など、さまざまな形で主人公一族をサポートしてくれる“コーちん”。
“コーちん”は、屋敷内だけでなく、迷宮探索や戦闘においてもサポート。
迷宮内では、イタチに姿を変え一族と共に行動し、一族の体力や健康状態、周辺の敵の強さなどに応じたアドバイスをくれる。
また、戦闘時には攻撃や術など、直接的なサポートを行ってくれる。
サポートしてくれるのは嬉しい限りだが、時に攻撃しようとして転んでしまったりと、ドジな一面もある。

トップに戻るボタン