俺の屍を越えてゆけ 続編への道 「俺の屍を越えてゆけ」続編の進捗状況について、随時お伝えして参ります!

ホーム  >  制作日誌

制作日誌6: モザイクやら太ももやらで恐縮です

2013.4.25

SCE『俺屍』制作チームです。冒頭の写真は、休み時間中にアルファ・システムさんのベランダでタバコを吸う桝田さんです。
たしか銘柄は「わかば」です。あまり見かけないタバコですが、何かこだわりがあるのでしょうか?

さてさて、気温が上がったり下がったり不安定ですが、季節はもう春!
…ということで、春になって今年も新卒のスタッフが制作セクションに入ってきました。

でも『俺屍』チームには誰も入ってきませんでした…。

世代交代RPGを作りながら、僕らチームは世代交代に失敗している感が否めませんが、
きっと一族の安定期なんですよ! たぶん!

とはいえいつか、イツ花のような、ちゃきちゃき働く元気な女性が入社することを夢見て、今週も制作進捗のご報告です。

前回の日誌で「PS Vitaで動いてるんですよーーー!」と書いたら、
社内でも「ホント? ちょっと見せてよ!」と多くの反響がありました。

ファンに向けた日誌だと思っていたものの、意外と社内の人も読んでくれてるんですね。ほんのり嬉しかったです。

(そもそも『俺屍』の復活自体が社内でもレアケースですし、
改めて色んな意味で注目されているんだなとプレッシャーを感じました…。)

よーし! 社内の人なら特別ですよ、ここまでの成果を見せましょう!

と、PS Vitaを起動! ほら、ちゃんと戦闘も遊べるようになっているでしょう?!

↑…社内外の事情もあり、お見せできずに本当に申し訳ありません。
ですが、『俺屍』の続編はPS Vitaの中でたしかに産声を上げています。

↑こちらはマップの移動シーンです…。もはやモザイクが恐縮なので、
撮影に協力してくれたUちゃん(別の制作チーム)の太ももを勢いで撮影したのは内緒です。

ファンの方々には生殺しのような日誌で申し訳ありませんが、
本当のゲーム画面は、メディアで華々しくデビューする時までお待ちください…。

ただ、この表現に行き着くまでは、かなり試行錯誤を繰り返しました。
独自の手法を採用し、和のテイストにものすごくこだわりました。

前回の日誌でも「拡散・共有・参加」という続編のキーワードを挙げましたが、
デザインに関しては、まったく別のテーマをもって制作しています。
社内でも「見た目も新しいけど『俺屍』らしいね!」という感想が多いです。

続編の動画を公開できるのは、今年のTGSですかね。
当たり前ですけど、初代に比べると相当派手です。

なんと言いますか、血湧き肉躍る感じなんです!
きっと「おおっ?!」と喜んでいただけると思いますよ。

最後に、ファンの方々だけにしか分からない小ネタをひとつ。

↑セーブデータのスロット数が!?

続編は、これまでにご要望の多かった点をいくつも取り込んでいます。
皆さんに喜んでもらえるよう、まだまだ頑張ります!

なお今回PS Vitaで動かしているROMは、制品版の一部分を切り出したように制作したものです。
いわゆる、バーティカルスライスってやつです。
(これまた必殺技の名前のようです。気に入って使っているのは僕らだけかもしれませんが…)

さぁ、いよいよ次回はこのROM をもって社内審議に入ります。
当初の予定より少し遅れてしまいましたが、チームの中では決戦ムードが漂ってきました。
ついでに少し胃もキリキリしています。

皆さんもプロジェクトが前に進むように、品川方向に向かって熱い想いをお届けください!

  • 次の日誌へ
  • ホームへ
  • 前の日誌へ
トップに戻るボタン