CERO Z(18歳以上のみ対象)ソフトウェアについて

CERO Z(18才以上のみ対象)

この作品には、CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)のレーティングにおいて
18才以上のみを対象とする内容が含まれています。

この先のご閲覧は18才以上の方に限定させていただいております。
お客様のご年齢に応じてご選択をお願いいたします。

  • 18歳以上の方
  • 18歳未満の方

CEROレーティングマークについて

2002年12月以降、コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)によって審査が行われたソフトには、ソフトの表現内容によってふさわしい対象年齢を示すための「CEROレーティングマーク」がパッケージに表示されています(詳しくはこちら)。

コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)につきましてはこちらへ

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア [吹き替え版]

PS3

■進んだ(Advanced)時代、高度化した(Advanced)テクノロジー、強化された(Advanced)肉体……“Advanced Warfare”の幕が上がる!!

 洗練されたプレイアビリティとスクリプトによる映画的な演出、高精細なグラフィックが描く戦場の空気、そして完成度の高いマルチプレイで、FPSの代名詞ともいえる『コール オブ デューティ(CoD)』シリーズ。第2次世界大戦を描いた第1作から、現代戦を描いた『モダン・ウォーフェア』、少し先の未来を描いた『ブラックオプスII』や『ゴースト』を経て、『アドバンスド・ウォーフェア』ではいよいよSF的な未来世界が戦場となる。

●STORY

 時代は2054年。5大陸の原子炉を狙った世界同時多発テロと、そこから始まった戦乱により、世界中の生活インフラと正規軍、そして社会基盤が大規模な軍事騒乱によって崩壊した世界。そこで大きな力を持つのは、アトラス・コーポレーションに代表されるPMC(Private Military Company=民間軍事会社)だった。

 キャンペーンモードの主人公は、アトラスの隊員となった元海兵隊のミッチェル。ミッチェルは、経済と軍事力によって人間社会を再興させつつあるアトラスの一員として、世界秩序を取り戻すべく戦うのだった。そんな彼は、陰謀が渦巻く大きな戦いの中へと巻き込まれていく。果たして、強大な兵器が闊歩する戦場で生き残れるのだろうか? そして、真に世界へ平穏をもたらすものとは……?

■高精細なグラフィックはさらなる新次元へ

 本作は最新ゲームハード向けに開発されており、グラフィックのクオリティはシリーズ史上最高。また、新たなフェイシャルキャプチャ技術の採用により、キャラクターの表情からは生気さえ感じられるほどだ。アトラスの社長であるジョナサン・アイアンズは、アカデミー主演男優賞を獲得したこともあるケヴィン・スペイシー氏が熱演。本作の世界に彩りを添えてくれている。

 なお開発は、『モダン・ウォーフェア3』でInfinity Wardとの協力開発を務めたSledgehammer Gamesが担当している。

■数々の未来兵器を撃ちまくれ!

 過去シリーズ作の中でも、現代からもっとも遠い未来を描く本作には、さまざまな架空兵器が登場する。その中でも特徴的なのが、主人公たちが装備している強化外骨格“エグゾスケルトン”だ。エグゾスケルトンは兵士の身体機能を強化する機能があり、移動スピードやジャンプ力などを補助してくれる。高所へのジャンプや空中機動が可能となっており、今までの『コール オブ デューティ』以上に“高さ”の概念が重要となるダイナミックな戦いを楽しめる。

 また、エグゾスケルトンには多彩な固有機能“エグゾアビリティ”を設定できる。エグゾアビリティには光学迷彩“クローク”やスピード強化“オーバークロック”などが存在し、いずれもバッテリーがなくなるまでの一定時間だけ発動させられる。

 その他にも、ホーミングやEMCなどの特殊なグレネード、レーザーライフル、3Dプリンタで弾薬を生成する銃器など、これまでにないユニークな武器が激戦を盛り上げてくれる。浮遊式の兵員輸送ビークルや歩行戦車など、大型兵器も見どころだ。

■オンラインマルチプレイはキャラクターのカスタマイズ性がアップ

 マルチプレイのゲームモードは、おなじみのチームデスマッチはもちろん、キャプチャー・ザ・フラッグ、ハードポイント、サーチ・アンド・デストロイ、ドミネーションなど『コール オブ デューティ』おなじみの各種ルールを搭載。また、新たに追加されたチーム戦ルール“アップリンク”では、球状の“サテライトドローン”を両軍の“アップリンクステーション”に入れ合い、それで得たポイントを競うというスポーツ的な対戦が展開する。

 また、『ブラックオプスII』の“PICK10”を発展させた“PICK13”の採用によって、マルチプレイにおけるキャラクターのカスタマイズ性が大幅にアップ。新たにスコアストリークがカスタマイズできるようになった上に、スコアストリークを使用せずに装備を充実させることもできる。

 武器の入手は、戦闘後にドロップされるスタイルを採用。アイテム“サプライドロップ”から、武器やキャラクターのカスタマイズアイテムなどがランダムで手に入る。

■日本語吹き替え版・出演声優(敬称略)

ミッチェル:高橋広樹
ジョナサン・アイアンズ:大塚芳忠

【その他】
  浅川悠、岡林史泰、小西克幸、白熊寛嗣、鈴村健一、関俊彦、中村秀利、間宮康弘

■初回生産特典“Advanced Arsenal”はマルチプレイでも使用可能

 初回生産特典として、本作のテーマカラーのエグゾスケルトンとリロード不要のエナジーウェポン“EM1 QUANTUM”を含んだDLC“Advanced Arsenal”が用意されている。このエグゾスケルトンと銃は、マルチプレイでも使用可能だ。なおダウンロード版にも、同内容の特典が期間限定で付属する。

(吹き替え版)Call of Duty®: Advanced Warfare Gold Edition

【セット内容】
本編に加えて追加コンテンツのHavocとAtlas Gorgeが付属するCall of Duty®: Advanced Warfare Gold Edition登場!
新Co-OpモードExo Zombies / 4つの新マルチプレイヤーマップ / 2つのボーナス武器AE4とAE4 Widowmakerを手に入れる絶好のチャンス!

販売価格:4,104円(税込)

バトルフィールド バンドル
※ダウンロード版ご購入の際のご注意
ダウンロード版ゲームソフトは、配信時期やその他の事情により配信を中止もしくは終了している場合、さまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要ですのでご注意ください。

CERO「Z」のコンテンツ(ゲーム本編及び体験版)を“PlayStation Store”でご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。ご購入のときに、ウォレットの残高にかかわらず、コンテンツの価格と同額がクレジットカードからウォレットにチャージ(入金)され、支払われます。

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア [吹き替え版]

(株)スクウェア・エニックス

配信日 2014年12月4日
ジャンル FPS(ファースト・パーソン・シューティング)
フォーマット PS3
販売形態 ダウンロード
PSN℠ 対応
CEROレーティング
(対象年齢)
CERO Z(18歳以上対象)
  • 暴力暴力
  • 犯罪犯罪
プレイヤー 1~2人(オンライン:1~12人)
コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア [吹き替え版] ジャケット画像
ゲームタイトル(カナ)
コールオブデューティアドバンスドウォーフェアフキカエバン
発売元(カナ)
ジャンル
シューティング
特別ジャンル
FPS(ファースト・パーソン・シューティング)
公開
公開
JANコード
体験版
0
リスト用画像
http://sce.scene7.com/is/image/playstation/jp0082cusa0000961_00codaw00000000000_jacket?$pkgS$
Move
0
3D
0
互換性情報
0
ゲームアーカイブスの種類
PS Vita互換
0
PS Vita TV互換
0
PS Now対応
非対応
YZコード
1417618800000
ページID
8tnu010000b47a4r
  • PSN℠対応PSN対応
  • 追加コンテンツ対応追加コンテンツ対応
トップに戻るボタン